CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン大幅高で3万ドルの節目に到達

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

10日の米NY株式市場では、ダウは前日比101ドル(0.3%)高、ナスダックは0.03%安で取引を終えた。

前週末に発表された米雇用統計の無風通過を受けて買い戻しが先行した一方、景気後退懸念は根強く上値は重い。

暗号資産(仮想通貨)取引所への圧力を強める米SEC(証券取引委員会)の警告書(ウェルズ通知)発行で暴落したコインベース株が前日比7.6%高と反発したほか、マラソンデジタルやライオットブロックチェーンなどのマイニング企業が軒並み高騰した。

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

東京株式市場では、10年ぶりの日銀総裁交代で就任した上田新総裁が、従来の「マイナス金利政策」とイールドカーブコントロールを継続する意向を示したこと、米投資会社バークシャー・ハザウェイを率いるウォーレン・バフェット氏がインタビューで「日本株の追加投資」に言及したことも買いの支援材料となった。

同氏は日本の5大商社株の保有比率を7.4%まで増やしたことを明かした。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比6.49%高の30,148ドル。

BTC/USD週足

BTCは年初の16,000ドル台から大きく上昇して心理的節目の30,000ドルへと到達した。強いレジスタンスライン(上値抵抗線)でもあるため相応の売りをこなす必要はありそうだが、この先は本格的なトレンド転換も視野に入る。

先物市場ではFundingRate(資金調達率)に過熱感も見られず、Total Liquidationsで大きなロスカットも観測されていないことから、現物主導の買いが主体である可能性は高そうだ。

coinglass

12日にCPI(米消費者物価指数)発表を控える中、今年5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を最後に過去類を見ないペースの利上げ局面が終焉に向かうとの観測は強まりつつある。

CME FedWatch Toolによれば、先物金利市場では0.25bpsの利上げを74.3%が予想する。実際に利上げ停止となれば、今後のピボット(金融政策転換)および金融緩和局面を見越して、株やビットコインなどのリスク性資産が買われやすくなるだろう。

昨年の世界的ドル高に伴う各国通貨安から一転し、ドル安が進んでいることもビットコインには追い風だ。

DXY週足

世界的なインフレ(物価高)や大手銀行の破綻など金融・経済の不確実性が強まるにつれ、発行上限のある金(ゴールド)やビットコインに資金が向いているものとみられる。

Santimentの分析によれば、過去2ヶ月間における長期保有者の増加率は、2021年の強気相場と同様の傾向がうかがえる。

アルトコイン

ビットコイン上昇に牽引されるようにして、アルトコイン相場も軒並み上昇した。

上海アップグレードでは、これまで約2年間に渡ってロックされてきたビーコンチェーンのステーキング報酬が解除されるため相応の売り圧力が想定される。

この点について、仏デジタル資産企業FlowdeskのCEOは「1日単位の出金リクエスト数には限りがあり、Lidoやコインベースのプールだとさらに数週間〜数ヶ月の処理時間を要する可能性がある。したがって、直ちに売り圧力が急上昇することは考えにくい」との見解を示した。

イーサリアムのコントラクトにロックされている量は1800万ETHに及び、バリデーター報酬として100万ETH以上が蓄積されているが、次のビットコイン半減期サイクルを見越した値上がり期待やさらなる高利回りを求めて再投資に回るとの予測も少なくない。

2023年4月10日時点

流動性ステーキングトークン(LST)プロトコルの競争は、Automated Market Maker(AMM)の違いや流動性プールへのインセンティブ最大化に伴い激化しつつある。

DeFiLlamaのデータによれば、23年4月時点でリキッドステーキングトークンの「Total Value Locked(TVL)」は140億ドル以上に急増した。TVLは、DeFiプロトコルへの預け入れ総額を示すもの。

ETH LSDsでは、Lidoが74.1%と大半を占めている。

DeFiLlama

関連:イーサリアムをステーキングしながら運用可能にする「LSD(リキッドステーキングデリバティブ)」を解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
11:59
仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
10:45
「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
10:20
Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。
12:48
オーストラリア退職金ファンド(年金基金)、仮想通貨の保有額増加で900億円規模に
オーストラリア税務局は、退職年金を積立型SMSF(年金基金)の資産運用統計を発表。2019年以降の4年間で仮想通貨への投資額が大幅増加していることがわかった。
12:18
中国外相、ブロックチェーンやAI(人工知能)領域で日中韓協力を呼びかけ
中国の王毅外相は、日中韓外相会議で、ブロックチェーンや人工知能(AI)など最先端テクノロジー分野での三国の協力を呼びかけた。
11:41
ビットコイン1年半ぶり4万ドル水準へ、株式市場では「仮想通貨関連銘柄」が全面高に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインETF(上場投資信託)の上場承認期待やFRBの利上げ終了観測が強まったことで、BTCは4万ドルの節目を1年半ぶりに上回った。米国株ではコインベース株が大幅上昇しているほか、マネックスやセレス株など関連銘柄に資金が集まった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア