CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムをステーキングしながら運用可能にする「LSD(リキッドステーキングデリバティブ)」を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

上海アップグレード

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)は、次期アップグレード「Shanghai(上海)」の実施を23年3月〜4月に控えている。上海の主な目的はバリデーター(ネットワーク上の取引検証者)の出金機能のロックを解除することだ。

イーサリアムの場合、バリデーターはそれぞれ32 ETHずつをステーキングしており、報酬として年利4%〜6%が付与される。しかし、上海アップグレードが完了すると、これらのステーキングETHと報酬が初めて出金可能になる。

公式ウェブサイトによると、3月9日時点にイーサリアムには54.3万のバリデーターが存在し、ETH供給量の14.63%に当たる1,738万 ETH(約3.66兆円相当)が、ステーキングコントラクトにロックされている。バリデーター報酬としては約103万 ETHが蓄積されている。

上海アップグレードにより、短期的には一定の売り圧力が引き起こされたとしても、中・長期的には需要増加につながると、複数のアナリストは見ている。流動性リスクと不確実性を懸念してきた投資家が、新たにETHのステーキングを開始する可能性があるからだ。

Binance Researchによれば、イーサリアム(ETH)の供給量に占めるステーキング分の割合は14%と他のレイヤー1ブロックチェーンの中で最も低い。平均値は58%、BNBにおいては90%強に及ぶことから、拡大余地はまだあると見られている。

出典:Binance Research

目次
  1. ステーキングサービス
  2. LSD(Liquid Staking Derivative)とは
  3. ETH-LSD市場の外観
  4. Lido
  5. Rocket pool
  6. Stader
  7. StakeWise
  8. Frax Ethereum

ステーキングサービス

ステーキング・プラットフォームには大きく、米仮想通貨取引所CoinbaseやKrakenなどの中央集権型取引所(CEX)、LidoやRocket Poolなどの分散型プラットフォームに大別できる。

手数料と引き換えにステーキング用のインフラ運用を委託し、32 ETHの要件に拘らず任意の数量から利用できるため、多くのユーザーがステーキングサービスを利用してきた。

しかし、元大手仮想通貨取引所FTXの破綻を中心に中央管理型サービスのカウンターパーティリスクが露呈。さらには、米証券取引委員会(SEC)がKrakenを取り締まり規制上のリスクも浮上しており、CEXのリスクが見直されている。

Krakenは適切なリスク開示なしにステーキングサービスを提供したとして3,000万ドルの罰金を科せられた。Etherscanによると、Krakenはイーサリアムのステーキング数量で約7.5%の市場シェアを有し、LidoとCoinbaseに次いで第3位であった。

こうした状況下で分散型のステーキングプラットフォームへの関心が高まり、特にリキッドステーキングデリバティブ(LSD)のニーズが急上昇している。

LSD(Liquid Staking Derivative)とは

リキッドステーキングとは、仮想通貨のステーキング報酬を受け取りながら、スマートコントラクトを通じて1:1で発行されたデリバティブトークン(LSD)を受け取り、DeFi(分散型金融)で運用できるメカニズム。

通常、ステーキングは流動性がロックされ、DeFiでの利回りを得る機会を損なうデメリットがある。リキッドステーキングを利用することで、資本効率を向上でき、ひいてはDeFiエコシステム全体の流動性を高める利点がある。

リキッドステーキングはPoS(プルーフオブステーク)を採用するブロックチェーンで採用されているが、主にイーサリアム(ETH)で発展している。

ETHの主要なリキッドステーキングプロバイダーにはLidoやRocket Pool等があり、ユーザーは預け入れたイーサリアムと引き換えにLSD(stETH、rETH等)を受け取る。これらのLSDはDeFiで広く統合されており、AaveなどDeFiで借り入れの担保としたり、DEX(分散型取引所)でのマーケットメイク等で追加収益を得られる。

“上海”実装後は、LSDをバーンして原資を償還する際にステーキング報酬を獲得できるようになるが、実装前であってもLSDを市場で売却することで即座にポジションを閉じることができる。

ETH-LSD市場の外観

全体として、リキッドステーキングデリバティブ(LSD)は今年DeFi市場で最も注目度の高いカテゴリーである。DeFiプロトコルへの預入総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は年初来で60%拡大。TVLトップカテゴリーである「DEX」に次いで2位にあり、「分散型レンディング」の規模を上回っている。

LSDでシェアトップのLidoにおいては、ステーブルコイン「Makerプロトコル」やレンディングプロトコルAaveを抑えて、TVLの点でDeFi市場の単独トップに躍り出ている。LidoのガバナンストークンLDOは23年に220%上昇し、Lidoの競合に当たるガバナンストークンも急騰した。

統計サイトDUNEによると、イーサリアムのステーキング総量の33.32%(7,827,960 ETH)がLidoを中心とするリキッドステーキングプロトコルにロックされている。

ETHのリキッドステーキングにおいて、トップシェアを占めるLidoは567万5,000ETHを保有しており、イーサリアム全体でも32.59%を占める。一時はLidoの独壇場となり、集権化リスクが危惧されたが、米仮想通貨取引所Coinbaseが22年8月にLSDサービス「Coinbase Wrapped Staked ETH (cbETH)」をローンチするなど、新規プロバイダーが参入。

現在、LSDサービスプロバイダーとして、Coinbase(イーサリアムのステーキングシェア:6.58%)、Rocketpool(同2.3%)、Ftax(0.6%)、Stakewise(0.43%)が徐々に市場に浸透しつつあり、ステーキング市場でLidoの独走を防いでいる。

特にRocket Pool、StakeWiseなどの分散型サービスは、米証券取引委員会(SEC)によるステーキング・サービスへの取り締まりの不確実性が高まる中で存在感を示す。2月にSECは無登録証券を提供したとしてKrakenを起訴、Coinbaseの株価が14%下落するなど市場を揺るがした。

Lido

Lido Finance(LDO)は「リキッドステーキング」の最大手サービスプロバイダー。LSDプラットフォームの預入資産(TVL)の総額7,607,536ETH($12.44B)のうち77.5%(83 億 2000 万ドル)を占める。

統計サイトDeFillamaによると、ETHの年間利回り(APY)は4.60%で、手数料は10%。ETHを預け入れて発行するデリバティブトークン「stETH」はDeFiエコシステムで最も普及しており、AaveやEulerで別途追加の利回りを稼ぐことができる。

Lidoはもともと業界の大手ステーキングプロバイダーの協力の下で発足され、プロトコルのノードオペレーター数は、22年第3四半期末時点で27(ETH Lidoの場合)となっている。その追加と除外はガバナンストークンLDO保有者の投票で決まるため、カルテル化の恐れがあるとの指摘もある。

一方、“上海”実装後に予定される次期アップグレード「Lido V2」で、独立したノードオペレーターが新たにLidoプロトコルに参画しやすくなる機能が盛り込まれる予定だ。

関連:ETHステーキング大手Lido、V2で出金機能など実装へ

Rocket pool

Rocket Poolは2016年設立された老舗プロジェクト。イーサリアムのリキッドステーキングとしてTVLが3番目に大きいプロトコルとなっている。そのTVLは23年に入って倍増しており、約1,000億円(8億ドル)、422,528 ETHに上る。デリバティブトークンとして「rETH」を発行する。

誰でもノードオペレーターになれる点で、Lidoよりも分散型なスキームを採用している。Rocket Poolで約2100ノードが稼働。これらのノードはステーキングユーザーの手数料(ETH報酬の5~20%)を全て受け取り、別途報酬としてRocket PoolのガバナンストークンRPLも獲得する。

ノードオペレーターとなるには16 ETHが必要で、別のノードとミニプールを構成することでイーサリアム・バリデーターとして機能する。また、別途1.6 ETH分のRPL担保を要求しており、ノードが停止した際にイーサリアムで発生するペナルティ(スラッシュ)を補填する。

 

現在、新規のミニプールは手数料を15%に設定しているためエンドユーザーにかかるコストがLidoよりも高く、APYも4.32%とLidoを下回る(執筆時点、DeFillama調べ)。またRPLの高いインフレ率などが課題となる。

23年1月にはCoinbase VenturesがRocket Poolの運営にかかわるDAO(分散型自律組織)に参加することが明らかになった。

関連:米コインベース、リキッドステーキングRocket Poolと提携か

Stader

StaderはETHのリキッドステーキングとしては後発で、DeFillamaのデータによると22年9月に開始された模様。

もともとは破綻した旧テラ(LUNA)エコシステムで発展しており、開発企業Stader Labsは、22年1月にThree Arrows Capitalが主導する資金調達ラウンドで1250万ドルを調達、評価額を4億5000万ドルとした。

現在、ポリゴン(MATIC)、ファントム(FTM)、BNB、ニア(NEAR)、ヘデラハッシュグラフ(HBAR)、Terra 2.0、イーサリアムの6チェーンで稼動。Staderのチェーン全体のTVLは160億円(1億2,000万ドル)のうちイーサリアムは5割を占める。

StaderのLSDは、DeFiエコシステムで統合しやすい「cToken」となっており、AAVE v3 (ポリゴン)、Balancer、Beefy、Quickswap、Apeswap、BeethovenXなど40以上のプロトコルで統合されている。

Staderはノード運用をより民主化するために綿密に設計された「マルチプール型リキッドステーキングプロトコル」を掲げる。提携ノードによるパーミッションドプール、一般ノードが参加できるパーミッションレスプールで構成される。将来的にはバリデーターの役割を単一マシンではなく複数のノードに分散するDVT(分散型バリデーター技術)ベースのバリデーターも参加可能になる。

2月27日にリリースされたライトペーパーによると、パーミッションレスプールでは最低4ETH+0.4ETH分のSD(Staderのガバナンストークン)を提供すれば、誰でもバリデーターとして参加可能。一方、パーミッションプールでは、コミュニティで評価されたバリデーター群が4ETHのロックアップなしでプロトコルに貢献可能。

イーサリアムにおけるStaderのLSD(リキッドステーキングトークン)はETHx。イーサリアムの合意形成レイヤーで発生するステーキング報酬は自動で再ステーキングを行う複利運用が可能。さらには実行レイヤーで発生する「MEV(最大抽出価値)」、「チップ(優先手数料)」も反映されるなど、高利回りが期待される設計だ。

エンドユーザーはステーキング報酬に対して10%の手数料を支払い、バリデーター運営者とStaderの間で均等に分配される。

SDは、RocketPoolと同様にスラッシング発生時の補填として機能する。ETHxの運用初年度にはノードオペレータ向けのインセンティブプログラムを実施する予定だ。

StakeWise

StakeWise(SWISE)は、2021年3月にイーサリアムでメインネットローンチしたリキッドステーキングであり、参加者がデポジットするプールに32 ETHが集まる毎にバリデーターを作成するソリューション。

執筆時点のTVLは1.23億ドル。プールで獲得した報酬に対して10%の定額手数料を徴収し、プロジェクトの開発費用に充てている。ネイティブトークンSWISEのユーティリティは、StakeWiseのインセンティブプログラムでの使用や、DAOガバナンスに限定されているようだ。

StakeWiseのLSDは、ベースとなる「sETH2」と報酬を表す「rETH2」を使用しており、どちらもETHと1対1で交換可能。DeFillamaでsETH2のAPYは5.01%とされている。

3月1日にローンチした「StakeWise V3」では構造が分散化されており、バリデーターを実行できる人なら誰でも一般ユーザーから委託を受けて、ステーキングサービスの提供を可能にする。

出典:StakeWise Medium

エンドユーザーは、「Vaults」マーケットプレイスのさまざまなオペレーターから選択する。v3では、sETH2とrETH2トークンはVaultトークン (VLT) に置き換えられる。LSDとして使用するにはVLTをステーキングして「osETH」を発行する必要がある。

仮に、Vaultで100 ETH 相当のVLTをステーキングすると、ユーザーは95 ETH相当のosETHを発行してLSDとして運用可能。5 ETH相当のVLTは損害保険として機能する。

V3はまだノード環境が管理されたテストネット版ではあるが、個人やDAOベースのバリデーターが関心を示している。

Frax Ethereum

Frax Ethereum (frxETH) は22年10月にローンチしたばかりのイーサリアムのリキッドステーキングデリバティブ。frxETHの総発行量は約5か月間で11万 ETHを突破し、TVLは1億5,900万ドルとなっている。

出典:dune.com/struct3r/frax-frxeth

frxETHが指示されている理由は、ETHに対して6.68%という比較的高いAPYを実現している点にある(執筆時点)。手数料は10%だ。

発行体であるFrax Financeはもともと、米ドルの価値に固定されたステーブルコイン「FRAX」を発行するDeFiプロトコル。

Fraxはステーブルコインの主要なDEXであるCurveや、Curveの金利獲得に最適化されたConvexのネイティブトークン「CRVとCVX」の保有量が突出しており、2つのプロダクトで得た金利をfrxETHの報酬として上乗せしている形だ。

まとめ

イーサリアム以外にも、BNB、アバランチ(AVAX)、ソラナ(SOL)、コスモス(ATOM)ブロックチェーンなど、プルーフオブステーク(PoS)を採用するブロックチェーンには、LSD(リキッドステーキングデリバティブ)がある。LSDがあることでステーキングコストが下がり、より多くのトークンがステーキングされ、LSDの流動性が高まるというサイクルが生まれている。

LidoのstETHがイーサリアムレイヤー2への展開(ブリッジ)を始めるなど、LSDの相互運用性も発展している。一方、Lidoの開発パートナーMixBytesが2023年8月1日をもってポルカドットでのリキッドステーキングサービス「Lido on Polkadot」のサポートを停止する方針を明かすなど、開発戦略の最適化も進行している。

関連:リキッドステーキング大手Lido、ポルカドット(DOT)のサポート停止を検討

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア