CoinPostで今最も読まれています

FTX、仮想通貨取引所再開を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

約9,700億円の資産を保有

破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの弁護士は12日、米デラウェア州破産裁判所で開催された公聴会で証言を行った。現在、FTXが約9,700億円(73億ドル)の資産を保有していること、取引所の再開を検討していることを報告している。

FTXの弁護士Andy Dietderich氏によると、最近の仮想通貨価格上昇を受けて、FTXが取り戻した資産は約8,200億円(62億ドル)相当と評価される。現金と流動性のある仮想通貨を合わせて、総資産は73億ドル以上あり、1月以降で約1,100億円(8億ドル)以上増加したと説明した。

また、将来的に仮想通貨取引所を再開するという選択肢について関係者と交渉しており、今四半期(4~6月)中にそれに関する決定を行う可能性があるとしている。

ただ、再開にあたって、FTXに凍結されているFTXの顧客資産がどのように扱われるのかについては詳細を説明していない。

FTXは、取引所の再開可能性について、無担保債権者の公式委員会と話し合っているところだ。

Dietderich氏は、取引所の再開に必要な資金は、第三者からの投資により調達するか、あるいはFTXがこれまでに回収した73億ドル相当の現金、仮想通貨などの資産の一部を使うことも考えられると述べた。

FTXの資金は、FTXが債権者への払い戻しについて裁判所から最終的な承認を得るまで動かすことはできない。Dietderich氏は、2023年中に裁判所の承認がおりる可能性は低いとしている。

Dietderich氏によると、現在のところFTXグループ全体で、日本のFTXの顧客のみが資金を引き出すことができる状態だ。日本における仮想通貨規制が堅牢なためであるという。

FTXの日本法人「FTX Japan 株式会社」は、2月21日から法定通貨(日本円)の出金と仮想通貨の出庫サービスが再開しているところだ。

関連「顧客資産の返還について」FTX JapanのCOO セス・メラメド氏インタビュー

FTXによると、スイスの裁判所は11日、欧州事業であるFTX Europeが米国破産裁判所の承認した入札手続きに従って事業売却する可能性などを検討することを認めている

FTXとは

2019年の創設後、急速に頭角を表し、業界最大手バイナンスに次ぐ大手取引所へと成長していた。その後に経営破綻し、11月に米国で破産申請を行なっている。

▶️仮想通貨用語集

弁護団の中間レポート

FTXの弁護団は、9日に中間レポートを発表している。改めて、同取引所の経営体制の杜撰さを浮き彫りにするものだった。

レポートによると、FTXグループは、適切な財務、会計、人事、情報セキュリティ、サイバーセキュリティの担当者やリーダーを持たず、内部監査もまったく機能していなかった。取締役会も事実上、監督されていなかった。

さらに、事実上すべての仮想通貨をホットウォレットで保管していたが、ある社員は、外部から質問された際には「ホットウォレットに10%、コールドウォレットに90%」と回答するよう指示されていたと証言したという。

また、マルチシグを使用せず多くの従業員がアクセスできるなど、秘密鍵の管理も不適切であったという。

マルチシグとは

複数の「秘密鍵」で署名を行わないと取引が実行されない仕組みや技術を指す。「複数」を表す「multi」と「署名」を表す「signature」を組み合わせた「multi-signature(マルチ・シグネチャ)」の略。秘密鍵が1つ漏洩した場合でも、別の秘密鍵がないと取引ができないため、セキュリティを向上させることができる。必要な署名の数は「2 of 3」や「2/3」のように表され、この場合「3つの秘密鍵の内、2つの鍵で署名が必要」という意味になる。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:18
AI開発と著作権問題、基準を明示した文科大臣答弁が話題に
生成AIの開発段階で用いられるデータ利用について、著作権を問わず利用が可能だとの判断が、日本の行政トップから示されたことが、日本がAIの著作権問題で先鞭をつけたとして海外でも注目を集めている。
12:33
SECのバイナンス提訴で仮想通貨全面安、ビットコイン25000ドル台に急落
米SEC(証券取引委員会)が業界最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの提訴に踏み切りビットコインが急落。新たに12銘柄の有価証券性を指摘されたアルト市場では大規模なロスカットが発生した。
11:55
JPモルガン、インドで6つの銀行とブロックチェーンベースの取引を試験
米JPモルガンは、インドでブロックチェーンベースの米ドル建て取引の試験運用を開始した。取引プラットフォーム「Onyx」を利用するもので、金融センター「GIFTシティ」の5行が参加する。
11:02
ドリコム、Web3ゲーム『Eternal Crypt -Wizardry BC-』開発へ
ドリコムが保有する「Wizardry」の知的財産権を活用し、チューリンガムと共同で開発を進めているブロックチェーンゲームの新タイトルが『Eternal Crypt -Wizardry BC-』に決定した。
10:15
米テザー社、エルサルバドルのビットコイン採掘企業に350億円出資
米テザー社は、エルサルバドルで仮想通貨ビットコインのマイニングファーム建設を目指すスタートアップ「ボルケーノエナジー」に出資したと発表した。専門知識なども提供する。
09:30
イーサリアム共同創設者Wilcke氏、取引所へETHを大量送金か
仮想通貨イーサリアムの共同創設者Jeffrey Wilcke氏のものとみられるウォレットから、55億円相当のETHが取引所に送金されたことがわかった。同氏のウォレットでは、15万ETH超がまだ保有されている。
08:15
米SEC、バイナンスとCZ氏を提訴
米SECは、仮想通貨取引所バイナンスと同社CEOのCZ氏を提訴。ソラナなどの銘柄を未登録有価証券と主張するなどして、合計13の容疑で訴訟を行なった。
08:05
仮想通貨関連株全面安、アップルはMRヘッドセットを発表
本日のNYダウは−199.9ドルと反落。ナスダックも−11.3ドル安で取引を終えた。市場は来週の米CPIとFOMCに向けて様子見の雰囲気を強めているようだ。
06/05 月曜日
14:40
バイナンスのWeb3起業家コンテスト、「zkPass」が優勝
大手仮想通貨取引所バイナンスは、メタバースで開催したWeb3起業家コンテスト「Build The Block」の優勝者を発表。ゼロ知識証明を開発する「zkPass」が助成金を勝ち取った。
12:39
露大手銀行ロスバンク、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済サービスの提供開始=報道
ロシアの大手銀行ロスバンクは、同国の主要銀行として初めて、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済システムの運用を開始した。同行はすでに企業及び個人の顧客との取引を試験的に行なっているという。ロシアのビジネス紙「Vedomosti」が報道した。
12:01
三菱UFJ信託銀行ら3社、ステーブルコインのクロスチェーン基盤構築へ
三菱UFJ信託銀行は2日、DatachainおよびTOKIと提携して、ステーブルコインのクロスチェーンインフラを構築していくと発表した。「Progmat Coin」を利用するトークンを対象とする。
11:58
ビットコインのボラティリティ、30日間変動率が過去最低水準に
米債務上限問題をめぐるデフォルト回避や利上げ停止観測で米株指数や日経平均株価が上昇する中、ビットコイン価格は今ひとつ冴えない。ボラティリティの30日間変動率は過去最低水準まで低下した。
06/04 日曜日
11:30
センチメント悪化でビットコイン下落、米ファンダ背景とした下げ止まりに期待|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、センチメント悪化で370万円付近まで下落した今週のビットコイン相場を解説。米ファンダメンタルズ好転で来週シナリオに楽観的な見方も。ビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|JPモルガンのBTC価格分析に注目集まる
今週は、JPモルガンのアナリストによるビットコイン価格分析について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、国内仮想通貨取引所のトラベルルール対応など、一週間分の情報をお届けする。
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/06/15 ~ 2023/07/15
その他 未定
2023/06/16 09:30 ~ 20:00
東京 東京ミッドタウン八重洲
2023/06/18 10:00 ~ 19:00
Non Fungible Tokyo 2023 associated with Japan Blockchain Week
東京 東京国際フォーラム
重要指標
一覧
新着指標
一覧