CoinPostで今最も読まれています

米コインベース、イーサリアムのステーキング報酬の支払いを一時停止 「SECとは無関係」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ステーキング規制とは無関係

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは16日、イーサリアム(ETH)のステーキング報酬の支払いを停止することを発表した。

停止の理由は、「小さな技術的な問題」が発生したためと説明。現在、48時間から72時間で問題を解決できるように取り組んでいると述べている。

また、ステーキングされているイーサリアムは安全であり、支払い停止期間も報酬の獲得は継続されると説明。あくまで報酬の支払いを停止するだけだとした。

今回の発表を受け、報酬の支払い停止には米国の規制が関係しているのではないかとの憶測もあったが、コインベースの担当者は、仮想通貨メディア「Decrypt」に対し以下のように説明している。

今回の停止は、規制や訴訟とは全く関係ない。問題が解決したら即座に発表する。

ステーキングとは

仮想通貨を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組みやサービスのこと。仮想通貨を預け入れることでブロックチェーンネットワークの運営に貢献し、対価として報酬を得られる。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

ステーキングに対する規制

米国では、国家レベルの仮想通貨規制の整備が進められる中、米証券取引委員会(SEC)が規制の執行措置を加速。SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は以前、ステーキングを行うプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を基盤とする仮想通貨は、全て有価証券に該当する可能性が高いとの考えを示したことがある。

関連米SECゲンスラー委員長「PoS系仮想通貨が証券該当の可能性」

実際にコインベースは、SECから「ウェルズ通知(Wells Notice)」を受領。ウェルズ通知とは、企業や個人に対し、SECが法的措置を講じる予定であることを正式に伝える公文書で、SECの調査対象には、同社のステーキングサービス「Coinbase Earn」も含まれていた。

まだ実際に訴訟に発展したわけではないが、今回の憶測には、このような背景がある。コインベースは有価証券の提供に該当するサービスは行っていないと主張しており、必要であれば裁判で争う意向を示している。

関連米控訴裁判所、コインベースの請願に回答するようSECに命令

ステーキングの訴訟事例

各社によってサービスに細かい違いはあるが、今年2月にSECは、クラーケンが提供していたステーキングサービスを証券法違反であるとし、起訴したと発表。事前にSECに事業登録する必要があったなどと主張した。

関連米SEC「クラーケンの仮想通貨ステーキングサービスは証券法違反」

クラーケンの発表後、ゲンスラー委員長は、SECはステーキングなどの技術には中立であると説明。クラーケンの問題は、投資家にリスクなどの情報開示を行うという証券法のルールに従っていなかったことだと指摘し、他のプラットフォームもSECに登録を行って、適切な情報開示をしてから米国でサービスを提供すべきだと述べた。

SECの訴訟を受け、クラーケンは米国でステーキングサービスの提供を終了している。

関連米SEC委員長「我々はステーキングなどの技術には中立」

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する
14:00
Uniswapの手数料分配案、合意に至らず
分散型取引所(DEX)Uniswapで、一定以上の取引量を処理する流動性プールに対し、手数料収益の分配先を変更し、コミュニティ全体に還元するという提案についての投票が終了した。
13:00
米Marathon、採掘ビットコイン量が前月比77%増加
ナスダック上場の米仮想通貨マイニング企業マラソン・デジタル・ホールディングスは最新の事業報告を発表。5月のビットコイン生産量はOrdinalsの台頭も背景に増加した。
12:00
米下院議員ら、仮想通貨規制を明確化する法案を発表
米下院の共和党幹部らは、ビットコインなど仮想通貨の規制に関する法律草案を発表した。証券とコモディティの区別など、仮想通貨規制の明確化を図る法案となる。
10:50
米コインベースデリバティブ、機関投資家向けにビットコイン等の先物取引を提供
米国のコインベースデリバティブエクスチェンジは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの先物取引を機関投資家向けに提供する計画を発表した。CMEによれば、22年は仮想通貨の先物・オプション取引の約33%が米国外で行われていたが、2023年には35%に上昇する傾向にある。
10:05
イーサリアム仮想マシン「Kakarot」、資金調達を完了
仮想通貨イーサリアムの仮想マシンKakarotを開発するプロジェクトは、プレシードラウンドの資金調達を完了。ヴィタリック・ブテリン氏や、L2プロジェクトStarkWareらが出資した。
08:40
米債務上限停止法案が大統領署名へ 米国株続伸
本日のNYダウは+701ドルと大幅に続伸。ナスダックも+139.7高で取引を終えた。米債務上限問題は法案が上院で可決されたことや強い雇用統計が好感された模様だ。
06/02 金曜日
15:59
札幌開催のWeb3カンファレンス「B Dash Crypto」、ピッチコンテストの結果は
Web3特化型カンファレンス「B Dash Crypto」が札幌で開催された。ピッチイベント「Crypto Arena」で優勝に輝いたのは、高速ブロックチェーンAptosとSuiで分散型取引所(DEX)アグリケーターとして機能する「Umi Protocol」だ。
13:13
オリーブオイル生産業者、DeFiプラットフォームでステーブルコイン建債券を発行
オリーブオイル生産業者ラマ・オリーブオイルは、分散型金融プラットフォーム「Obligate」を利用して、オンチェーン債券を発行した。この社債は、ユーロ連動のステーブルコイン「 EUROe」建で発行された。
13:02
米Circle社、USDCのアービトラムサポートを発表
ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米Circle社は、アービトラムのサポートを開始することを発表した。アービトラム上でUSDCが直接発行されることにより、裏付け資産の確保が約束され、いつでも1対1で米ドルと交換可能になる。
12:25
メイカーダオ、米国債への追加投資を検討
分散型金融プロジェクトの「MakerDAO」は、米国債への投資として新たに1,780億円の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる目論みである。
11:45
Sui、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」と提携
Sui Networkは、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」の公式ブロックチェーンパートナーとして複数年契約を締結した。ファンとチームを結び付ける体験を支援していく。
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧