CoinPostで今最も読まれています

中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Web3は不可避のトレンド」

中国北京市の科学技術委員会は、「北京におけるWeb3イノベーションと開発」と題したホワイトペーパーを発表。Web3は、インターネットの将来において避けられないトレンドであると述べている。

また、北京の朝陽区はWeb3産業発展のために、毎年約20億円(1億元)以上を投資する計画だ。地元メディアが27日に報じた。

北京市科学技術委員会は、北京の中関村サイエンスパーク管理委員会としても知られている。中関村にはIT企業が集結しており、深センと共に、中国のシリコンバレーとしても知られる地区だ。

同委員会は、世界各国でWeb3産業が開発されているところだと指摘。中国では北京がWeb3産業発展について、政策面での取り組み、革新的な企業、科学研究基盤の面で中国をリードする立場にあるとしている。

北京市は、国際的にも影響力を持つようなWeb3イノベーションの中心地となるよう、技術プラットフォームや導入シナリオ、監督体制などについて、一連の取り組みを計画し、立ち上げているところだと続けた。

一方で、課題も指摘。北京におけるWeb3産業の発展は、技術や人材の支援、産業チェーンの統合、法的規制の面でまだ課題を抱えているとしている。

次のステップとしては、北京市はWeb3に対する政策支援などを強化し、技術研究と共通プラットフォームの構築、Web3採用シナリオの開発、リスク管理などを進めて、Web3の発展にとってより良いエコシステムを築いていくと述べた。

朝陽区は毎年20億円以上を投資へ

また、この白書が発表されたWeb3関連のフォーラムでは、中関村朝陽パーク管理委員会の主任が、北京の朝陽区はWeb3産業エコシステムの発展のために、今年から毎年約20億円(1億元以上)の特別資金を投資することを明かした。

2025年までに、朝陽区をWeb3産業をリードする地域にすることを目指している。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨は除外か

大手仮想通貨取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOも、この白書について、香港で仮想通貨規制が新たに施行されるのと同じタイミングで出されたことは興味深いとコメントした。

白書にはNFT(非代替性トークン)、VR、AI、メタバースなどの言葉が並んでいることについても指摘している。

先日、中国の国営中央テレビ(CCTV)が、香港にあるビットコイン(BTC) ATMに関するニュースを報じたこともあり、白書については中国政府の方針転換(規制緩和)を示唆するものではないかとすると期待する向きもある。

関連中国の国営テレビ、香港の仮想通貨ニュースを報道 バイナンスCZ氏がコメント

しかし、仮想通貨メディアWuBlockchainは、このような憶測については慎重な見方を示した。

Web3産業の支援は行われるものの、白書ではAI(人工知能)やメタバースがメインのトピックであり、ブロックチェーンの章ではNFTにしか言及されていないと指摘。中国における暗号資産(仮想通貨)の売買解禁を示唆するようなものではないとの見解を述べた。

関連:デフォルト懸念後退でビットコイン反発、潮目が変わる3つの背景

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア