CoinPostで今最も読まれています

デフォルト懸念後退でビットコイン反発、潮目が変わる3つの背景

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末26日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比328ドル(1.0%)高、ナスダック指数は277ポイント(2.1%)高で取引を終えた。

債務上限問題を巡る不透明感を受け5日続落していたが、バイデン米大統領がマッカシー下院議長との協議で原則合意に達し、債務上限引き上げ法案を連邦議会に提出する方針を示したことでリスクオンムードが広がった。

ただし、両党全体のコンセンサスを得たわけではなく、議会で法案が無事可決されるかどうかの不確定要素もある。

関連:AI・半導体関連銘柄高騰、NYダウ5日続落|26日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比3.78%高の28,129ドルと反発した。

BTC/USD日足

株式市場同様、重石となっていた米国のデフォルト(債務不履行)懸念が大きく後退し、悪化していた市場心理が急改善した。リスクヘッジのポジション調整も相当数入っていたことから、ショートカバーが相場を押し上げたものと見られる。

先物市場では、24時間でBTCのショートポジション約4400万ドル(50億円相当)のロスカット(強制清算)が確認された。

coinglass

テクニカル的にも重要な節目にあり、前強気相場の底値圏でレジスタンスライン(上値抵抗線)として機能する1BTC=32,000ドルをブレイクできれば、2024年の半減期を見据えた強気トレンドへの転換も現実味を帯びてくる。

関連:1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

6月以降は、3つの理由で暗号資産(仮想通貨)市場の潮目が変わる可能性がある。1つ目は、先述した債務上限問題だ。法案成立前の暫定的な取り決めで基本合意に達したことが好感された。

2つ目が、FRB(米連邦準備制度)の金融政策である。

FRBはインフレ抑制のため、過去1年間で歴史上でも前例のないペースで“金融引き締め”に踏み切ってきたが、副作用として金融不安(信用リスク)を引き起こし、銀行破綻が相次ぐなど問題も顕在化した。

利上げフェーズも最終段階にあり、早ければ6月米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ停止に。今後米国経済がリセッション(景気後退)に陥れば、来年以降再び“金融緩和”へとピボット(政策転換)する可能性が見込まれる。

ただし、欧米諸国のインフレ(物価高)はピーク時より下がったものの依然として高止まりしている事実は否めず、クールダウン効果は遅効性であるため現時点では十分に認められない。金融当局関係者からは楽観傾向にある株式市場とのギャップを戒める声もあり、市場予想に反して6月も利上げ継続となれば、ネガティブサプライズ化するおそれも考えられる。

3つ目が、暗号資産(仮想通貨)業界における中華圏の情勢の変化である。

中国のハイテク産業の成長と競争力の向上に寄与する中国版シリコンバレー「中関村」を擁する北京市科学技術委員会の当局は先週末、web3ホワイトペーパーを発表した。

中国は2021年5月、伝統金融システムやデジタル人民元への影響を懸念して暗号資産(仮想通貨)の全面禁止令を発動。それまで世界一のシェアを誇っていたマイニング(採掘)産業界をも締め出した結果、ビットコインの市場価格やグローバル・ハッシュレート(採掘速度)の急落を招いた経緯がある。

しかし2022年のテラ(LUNA)崩壊や大手取引所FTXの破綻などを契機に、米SEC(証券取引委員会)が暗号資産(仮想通貨)規制を一段と強め始めると、一転して態度を軟化。

特別行政自治区と位置付ける「香港」が個人投資家の取引再開を示唆したほか、暗号資産業界の国際的な中心地を目指すと発表。web3企業の誘致などを推進し始めた。

関連:香港財務長官、Web3と仮想通貨の育成方針示す

このような動向を2017年の仮想通貨バブルの原動力の一つとなったチャイナマネー流入を想起させる強気シグナルと見る向きもあり、最大手暗号資産取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)も昂りを隠せない。

一方、中国情勢に詳しいWu Blockchainは、イーサリアム共同創設者のギャビン・ウッド氏がWeb3およびブロックチェーンの提案に携わったとしながらも、「ホワイトペーパーは暗号資産そのものではなくAI(人工知能)やメタバース(仮想空間)が主題であり、ブロックチェーンについてはNFT(非代替性トークン)のみ言及されている。海外メディアの報じ方は拡大解釈や誇張されている節も見受けられる」などと指摘。冷静な見立てを示した。

関連:中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画 

関連:横ばいで推移のビットコイン、上値余地は限定的か|bitbankアナリスト寄稿

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア