CoinPostで今最も読まれています

中国中央銀行、ビットコイン懐疑派の潘副総裁が総裁就任予定か 次期総裁の有力候補との見方も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

共産党の人事

中国共産党は1日、中国人民銀行(中銀)の党委員会書記に潘功勝副総裁を任命した。

現地メディアのサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)の報道によると、通常、共産党のポストは政府のポストより優先されるため、潘氏が次の人民銀総裁に就任する可能性が高いという。また、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルも同様の見方を示した。

2018年から現職にある易綱総裁は3月の全国人民代表大会(国会に相当)で留任が決まり、当面は総裁職にとどまるが、SCMPは共産党中央委員会の声明を引用し、同氏が退任予定であると報じた。

今回の人事では、人民銀行の党委員会書記の郭樹清氏と副書紀(易綱総裁が兼務)が退任するため、潘氏の起用は、中国の金融政策の継続性を維持するのに役立つとみられているという。また、これまで中銀総裁と党委員会書記でトップが分離される双頭体制だったが、潘氏が総裁に起用された場合、トップが単独となり指揮権が強化されることになる。

潘副総裁は国有大手銀行の勤務を経て、2012年に人民銀行副総裁に就任。16年からは、外貨の管理運用を行う国家外貨管理局(SAFE)の局長も兼任している。現在59歳の潘氏は、中国の金融分野で豊富な経験を持つとともに、英ケンブリッジ大学並びに米ハーバード大学で研究をおこなっていた経歴の持ち主だ。

国際通貨基金(IMF)の元中国部長で、現コーネル大学経済学教授のエスワール・プラサド氏は、「潘氏は経済成長への支援、金融セクターにおける市場志向の改革の推進、銀行システムにおけるリスク管理など、困難な局面で人民銀行の舵取りを行う技術的能力を持っている」と評価している。

ビットコイン批判

次期総裁との呼び声も高い潘氏だが、ビットコインに批判的な見解を示したことでも知られている。

2017年には、「川辺に座って見ていれば、いつかビットコインの死体が目の前に浮かんでくる」と発言したと現地メディアによって報道された。また、中国の暗号資産(仮想通貨)に対する規制措置を擁護し、仮想通貨に対する抑制がなされなかった場合を想定すると「少し怖い」との心境を吐露していた。

19年にはフィンテックは効率化をもたらすが、そのリスクは注意深く規制されなければならないと警告。同氏はインターネット金融リスク改善グループのトップを務めており、仮想通貨使用への取り締まりを始め、国内のフィンテック企業の規制などを担当している。

香港とは一線を画すのか

香港政府は昨年、仮想通貨業界を支援する方向に大きく舵を切った。今年6月1日から新たな仮想通貨取引所規制を施行。6月30日には、Web3開発推進タスクフォースの設立を発表している。

関連:香港、政府高官ら参加の「Web3開発推進タスクフォース」設置へ

一方、中国本土の動きとしては、中国の国営中央テレビ(CCTV)が5月に、香港の仮想通貨規制に関するニュースを報じ、バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOが、注目すべきことだとコメントした。

また、中国の国営企業Greenland(グリーンランド)が、香港で仮想通貨取引事業のライセンスを申請する計画であることが報じられた。

関連:中国の国営テレビ、香港の仮想通貨ニュースを報道 バイナンスCZ氏がコメント

さらに先月、中国銀行の投資部門が、中国の金融機関として初めて、香港で2億人民元(約40億円)のトークン化された証券として、デジタル仕組み債を発行した。

関連:中国銀行投資部門、香港で40億円相当のトークン化証券発行

このような一連の動きから、仮想通貨業界では、中国が仮想通貨規制を見直すことにつながるのではという期待感も散見された。

しかし、ブルームバーグの中国経済学者であるデビッド・クー氏は、中国本土は通常、香港を海外市場として見ているため、香港で何が起こるかは重要ではないとの考えを示した。また、「自分が知る限り中国人民銀行総裁が、ビットコインを支持することはないだろう」と付け加えた。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧