CoinPostで今最も読まれています

アジアの機関投資家、サードパーティの仮想通貨カストディサービスに注目=PwCレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

カストディ・ソリューションへの需要高まる

世界4大会計・コンサルティング会社の一つ、プライス・ウォーターハウス・クーパース(PwC)とデジタル資産管理会社アスペン・デジタル(Aspen Digital)は11日、デジタル資産のカストディに関する共同レポートを発表。アジアで、機関投資家グレードのデジタル資産カストディ・ソリューションに対する需要が、ファミリーオフィス、富裕層、資産管理会社の間で高まっていることが示された。

ファミリーオフィス

ファミリーオフィスは、資産家一族の資産管理などを請け負う運営企業。アセットマネージャーや弁護士、会計士、税理士などで構成されるチームが組織され、資産運用だけでなく事業承継などの財務関わる管理から子どもの教育に至るまで、幅広いサービスを提供する。

▶️仮想通貨用語集

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)やデジタル資産が、代替資産クラスとして機関投資家による採用が進む中、さまざまな課題にも直面しているとレポートは指摘する。例えば、運用の複雑さ、セキュリティや風評リスク、保険が適用できるかなど、デジタル資産の取引や保護の面で、解決しなければならない問題は多い。

そのため、より多くの機関投資家が、ポートフォリオの継続的な取引や運用のニーズに対して、自身で秘密鍵を管理するセルフカストディ・ソリューションには限界があることを実感しているという。アジアの機関投資家は、現在保有しているデジタル資産と新たな投資対象を保護するため、信頼性の高い機関グレードのカストディ・サービスを求めていると、多くの市場関係者が指摘している。

関連:大手金融企業CACEIS、仮想通貨のカストディサービスをフランスで提供へ

カストディ市場の現状

仮想通貨市場は、2021年11月に418兆円(3兆ドル)のピークに達した後、現在も167兆円(1.2兆ドル)の市場規模を誇る。仮想通貨市場の拡大とともに、カストディのニーズも高まってきた。

カストディ・ソリューションは、まずハードウェアウォレットなどのセルフカストディ・ソリューションから始まり、コールドストーレージを提供する機関投資家向けのサードパーティ・プロバイダーが登場。そして、Web3エコシステムを含むソリューションを提供するプロバイダーにまで進化してきた。

レポートでは、2023年4月時点で120社のカストディ・プロバイダーがあると報告。その中にはシティ・グループやドイツ銀行などの伝統的金融機関も参入している。2022年のカストディ市場の時価総額は、約62.5兆円(4,479億ドル)と評価されている。

レポートはカストディ市場をセルフカストディ・ソリューションとサードパーティのサービスプロバイダーの二つに大別。サードパーティには、仮想通貨取引所のウォレットとカストディ企業があり、両者ともユーザーの秘密鍵を管理するが、取引所でインターネットに接続されたホットウォレットで管理されていた場合には、ハッキングや盗難などのリスクがある。

カストディ企業間でも、規制に準拠しライセンスを取得済みの企業から、個別の技術開発サービスのみを提供する企業など、その形態はさまざまだ。

セルフカストディの例としては、ハードウェアウォレットやソフトウェアウォレットが挙げられるが、秘密鍵の管理は全てユーザーに委ねられる。

多様化するカストディのニーズ

レポートでは仮想通貨産業が発達するにつれ、カストディのニーズも多様化している現状を報告している。

一つには、イーサリアムのステーキングに対する機関投資家の関心の高まりが指摘された。イーサリアムは昨年9月、大型アップグレード「The Merge(マージ)」実装により、PoS(プルーフオブステーク)のコンセンサス(合意形成)アルゴリズムに移行。ネットワークへのETHの預け入れ総額は、当時の1,370万ETHから現在2,390万ETHと大幅に増加している。

また、機関投資家は、NFT(非代替性トークン)やメタバースへの投資への参入も検討する段階に入っているという。

そのため、デジタル資産カストディ企業は、仮想通貨の管理だけでなく、分散型金融(DeFi)やNFT、メタバースといった新たなビジネスチャンスや資産クラスに対して、顧客の理解を促し、参加を支援するサービス提供へと、その役割を拡大し、進化しているとレポートは説明した。

アジアの機関投資家にとって、あらゆる種類のデジタル資産の安全に保有し、アクセスする能力が、デジタル資産戦略の中核となる要素だという。

カストディの課題

レポートでは、デジタル資産の管理にあたり、課題となる点として以下の三つを挙げている。

  • セキュリティ:仮想通貨取引所ではなく、セルフカストディもしくは信頼性の高いカストディ企業を選択。セルフカストディの限界も指摘。
  • 規制環境:世界レベルで規制が統一されていないため、規制に準拠したカストディ企業を選ぶのが困難
  • 保険契約:契約内容がサービスプロバイダー選定の際の重要な要素
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧