CoinPostで今最も読まれています

米リップル社、メタバース企業「Futureverse」に出資 仮想通貨XRPも活用へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨XRPも活用へ

ブロックチェーンやAI(人工知能)を活用するメタバース企業「Futureverse」は18日、シリーズAラウンドで約75億円(5,400万ドル)の資金を調達したことを発表した。

今回の資金調達は10T Holdingsが主導し、米リップル社らが参加。調達した資金はAIとメタバース、ブロックチェーンの技術開発などに使用する。

Futureverseは、オープンメタバースの可能性を信じ、「Futureverse Platform」を開発。Futureverse Platformは、ゲームなどのアプリや体験の提供を可能にする。

オープンメタバースとは

複数のプロジェクトやサービスが相互運用されているメタバースのこと。1つの企業が運用するプラットフォームは「クローズドメタバース」と呼ばれる。

▶️仮想通貨用語集

また、このプラットフォームに加え、パブリックブロックチェーン「The Root Network」も開発。The Root Networkもメタバースのアプリやゲーム、体験の基盤になれるように最適化してある。

The Root Networkはイーサリアム(ETH)の仮想マシン(EVM)と互換性があるブロックチェーン。また、以前に発表している通り、リップル社とのパートナーシップによってXRPレジャー(XRPL)にも対応し、その際、XRPLのNFT(非代替性トークン)規格「XLS-20」とともに、ガス代の支払いに暗号資産(仮想通貨)XRPを利用すると述べている。

関連リップル社がFLUFWorldと提携、XRPL基盤のメタバースを構築へ

関係者のコメント

今回の発表で、Futureverseの共同創設者は以下のようにコメントした。

メタバースは、ゲームや決済、資産管理などのデジタル体験の質を向上させることができ、人間が他者と関わったり、協力したりする方法を変革する可能性を持っている。

この可能性を実現するには、オープンで拡張性が高く、相互運用性のあるインフラが必要。10T Holdingsやリップル社にサポートしてもらって、メタバースの提供を実現させたい。

また、リップル社のプレジデントMonica Long氏のコメントは以下の通り。

メタバースのような大きなコンセプトに取り組むFutureverseのプロジェクトはまだ初期段階だが、基盤となるインフラの開発に貢献していきたい。

リップル社は、オープンメタバースのエンドユーザーに真の有用性を提供していく。

なお、他の投資家も出資したようだが今回の発表には記載しておらず、評価額も明かしていない。

Futureverseは昨年、グローバルに戦略的パートナーシップを拡大。マスターカードや国際サッカー連盟(FIFA)、ウィンブルドン、キアヌ・リーブス氏、Death Row Records、スヌープ・ドッグ氏らと提携している。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。
14:20
IEO後に高騰したアイドルトークン「NIDT」の裏側|関係者インタビューvol.1
関係者インタビュー NIDT(Nippon Idol Token)は、web3時代の女性アイドルを創造する「IDOL3.0 PROJECT」の独自暗号資産(仮想通貨)です。 I…
13:55
コインチェックがアバランチの取扱いを開始 
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックがアバランチ取り扱い開始。AVAXの取扱いを皮切りに、クリプト技術を活用し社会や経済に実際の利益をもたらすプロジェクトを支援していく方針を示す。
13:30
サザビーズ、ビットコイン版NFT「Ordinals」のオークション初開催
サザビーズはビットコイン版NFTプロジェクト「オーディナル」作品で初めてのオークションを開催。「BitcoinShrooms」の入札を行う。
12:27
ビットコイン、時価総額で世界9位の資産に 
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが時価総額8,500億ドルを超え世界第9位に。ウォーレン・バフェット率いるバークシャーを上回り、エヌビディアを追う勢い。首位の金(ゴールド)市場の1/16ほどの規模となった。
12:00
カシオからNFT「VIRTUAL G-SHOCK」限定販売
カシオ計算機が「VIRTUAL G-SHOCK NFT」のセールを行う。耐衝撃性を誇るG-SHOCKの未来モデルをバーチャルに再現。限定2000個のユニークなデザインが0.1ETHで登場。ユーザー参加型のオンラインコミュニティが生んだ、先進的なデジタルコレクション。
10:30
米地裁、バイナンスCZ前CEOの有罪答弁を受理
米国地方裁判所の判事は、仮想通貨取引所バイナンスの前CEOであるCZ氏の有罪答弁を受領した。今後、量刑が行われることになる。
10:02
JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」
JPモルガンのCEOは、米公聴会で仮想通貨を強く批判した。ビットコインなどの仮想通貨に強く反対しているとし、もし自身が政府にいれば、仮想通貨を禁止すると主張している。
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。
07:20
仮想通貨Worldcoin、分散化目標と助成金プログラムを初公開
OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が他のメンバーとともに立ち上げたAI・仮想通貨プロジェクトWorldcoinは、初の助成金プログラムを公開した。開発者の参入を促す狙いだ。
06:30
アマゾン、プライムゲーミングでGods Unchainedのカード配布実施へ
米アマゾンはAmazon Prime Gamingを通じてWeb3カードゲーム「Gods Unchained」と提携し、ゲーム内カードを無料で入手できるキャンペーンを開始した。
06:02
コインベース、Jitoのガバナンストークン「JTO」新規上場予定
エアドロ前に上場発表 仮想通貨取引所コインベースは、ソラナ(SOL)の大手ステーキングプールJitoのガバナンストークン「JTO」の新規上場予定を発表した。JTOはまだ流通して…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧