仮想通貨リップル(XRP)、週足のMACDが2月以来初めて「ゴールデンクロス」を記録

XRPに重要な動き
昨日の暴騰で一段上げ、さらに今日の明朝に一時前日比50%を超える驚異の暴騰を見せた仮想通貨XRP。週足でのMACDを見ると、ゴールデンクロスが完成、これは2月中旬以来の変化となり、XRPチャートにおいて重要な動きが観測された。

仮想通貨XRP50%以上の暴騰

昨日の暴騰で一段上げ、さらに今日の明朝に一時50%を超える驚異の暴騰を見せた仮想通貨XRP。

複数の時間足チャートで見て行きます。

日足チャート(Bitbank参照)

日足でチャートを確認すると、18日から大きく価格上昇を見せ、現在は第2の抵抗線である54円前後の抵抗線で一旦止まっている形になっている。

このラインを破ることが次点での重要注目点と考えられるが、急騰後の値動きの強さから期待する声も大きいだろう。

週足チャート(Bitbank参照)

週足でのMACDを見ると、ゴールデンクロスが完成、これは2月中旬以来の変化となり、XRPチャートにおいて重要な動きであるといえる。

4時間足チャート(Bitbank参照)

しかし、現状では、価格が一気に上がりすぎており、短期的な下落は起こる可能性が十分に考えられるため、相場を見て参入するべきと思えます。

4時間足のチャートでのすでにRSIは、89%近くを推移しており、買われ過ぎの指標「RSI70%」を大きく上回っているため、下落への警戒感が高まっていると言えるだろう。

RSIとは

投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。このRSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎと言われている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

時価総額にも注目

さらに、ここ数日XRP価格が大きな上昇を見せているため、時価総額ランキングの順位変動が起こる可能性がある。

昨年末2位の座を争っていた様に、2位イーサリアム(ETH)の時価総額に並ぶ日も、現実的な数字になってきている。

期待材料は?

今後控えている最も大きな材料は、10月1日〜2日にかけて2日間開催されるリップル社主催の国際カンファレンス「SWELL」と、CNBCのインタビューで明らかになったxRapidの商業使用開始が1ヶ月ほどで行われることの詳細告知となるだろう。

詳しくは以下の記事にてご参照ください。

CoinPostの関連記事

リップル最重要カンファレンス『SWELL 2018』特集|仮想通貨XRP価格への影響は
仮想通貨リップル(XRP)をテーマにした世界最大級のカンファレンス「SWELL 2018」。元米大統領のビルクリントン氏や、サウジアラビアやブラジルの中央銀行責任者が登壇することで、ビットコイン市場や株式市場からも高い関心を集めている。
ついに仮想通貨XRPの本格始動か?約1ヶ月でのxRapidの商業普及化をリップル社Sarbhai氏が示唆
9月17日にリップル社でアジア太平洋地域規制対応責任者を務めるSarbhai氏がCNBCのインタビューに応じ、今後xRapidの商業普及を示唆した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加