CoinPostで今最も読まれています

中国上海市、ブロックチェーンを多分野で導入する計画発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2025年までにブロックチェーン基盤を完成へ

中国の上海市は7月31日、ブロックチェーンデジタル基盤システムの建設を体系的に推進するための計画を発表した。実体経済、公共サービス、都市ガバナンスなどの分野でブロックチェーンの導入を進め、都市のデジタル変革を行っていく。

2025年までを目途に、主に次のような目標を掲げている。

  • 浦江ブロックチェーンのインフラシステムを完成させ、迅速なチェーン展開を実現し、市の政務、公共サービス、産業への応用を後押ししていく。
  • ブロックチェーンのコア技術の研究と標準システムの構築で突破口を開き、イノベーティブな産業エコシステムを形成。業界をリードする企業や革新的な企業を育成する。
  • 長江デルタ地域においてブロックチェーンリソースで相乗効果を生み出し、国際的なブロックチェーン交流ハブを構築する。

「浦江」は上海の一部で、経済・金融の中心となっている地域だ。浦江ブロックチェーンには、データ識別やデジタル決済、監督機能が含まれる計画である。上海市のデータインフラのセキュリティを確保し、ブロックチェーンの応用事例を広く促進していくことを目指す。

ブロックチェーンとは

ネットワーク上にある複数の端末同士を直接接続して、分散的に情報を記録・管理するデータベース(台帳)またはその技術を指す。ネットワーク参加者がデータを共有し、相互にやりとりを監視することで、透明性と信頼性が担保される。暗号技術を活用するため、データの改ざんが事実上不可能であるという特徴を持つ。また、銀行などの中央管理者が不要であるため、単一障害点がなく、システムがダウンが起こりにくい。汎用性が高いため、仮想通貨業界以外での応用も進んでいる。

▶️仮想通貨用語集

具体的な導入シナリオ

上海市は具体的な導入分野として、以下のように様々なものを挙げている。

  • 政府事務・公共サービス
  • データ流通
  • 海運物流
  • 貿易
  • 産業インターネット
  • サプライチェーンファイナンス
  • 信用システム
  • 省エネ・二酸化炭素削減

例えば「政府事務・公共サービス」の分野では、長江デルタの統合を促進し、特別資金の監督や知的財産権の保護、農産物のトレーサビリティなどのシナリオで活用していくとした。

なお長江デルタ地域とは、上海を中心として長江下流に広がり上海、江蘇省、浙江省を指している。商工業が発達しており、2018年には中国のGDPの20%を占めていた。

「海運物流」では、通関申告や出港照会サービス、関連データの記録や、海運保険の価格設定、保険金請求の決済などの用途を挙げている。

その他にも「サプライチェーンファイナンス」分野で銀行業界のリスクコントロールと監督、「信用システム」分野で企業信用評価や業界の相互信用評価を、「省エネ・二酸化炭素削減」分野で、市の炭素排出量の管理・監督・評価メカニズムの構築を挙げるなど、多様な事例を盛り込んだ。

ブロックチェーン計画を進めていく上では、香港、シンガポールなどの地域との協力を模索することや、人材の育成と誘致、セキュリティシステム整備やコンプライアンスの監督なども行っていくとしている。

Web3やCBDC進める中国

中国は、ビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)の売買やマイニングは厳しく取り締まっているところだが、中央銀行デジタル通貨(CBDC)やWeb3産業については積極的に取り組んでいるところだ。

5月には中国北京市の科学技術委員会が、「北京におけるWeb3イノベーションと開発」と題したホワイトペーパーを発表。北京市は、国際的なWeb3イノベーションの中心地となるよう、技術プラットフォームや導入シナリオ、監督体制などの立ち上げを進めていると述べた。

関連中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画

また、中国政府はデジタル人民元の実証実験を2020年後半より中国各地で大規模に行っており、今夏には香港でも、中華人民共和国の商業銀行「中国銀行」が、デジタル人民元によるショッピングフェスティバルを開催している。

関連香港で中国デジタル人民元のショッピング実験開催

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を終わらせ、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア