CoinPostで今最も読まれています

三菱UFJとNTTデータ、デジタル社債(STO)促進に向けて連携 標準インフラを導入へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル社債向け“標準化インフラ”

三菱UFJ信託銀行とNTTデータは10日、デジタル社債の発行と管理を効率化するためのブロックチェーン技術を活用した新インフラの構築を発表した。さらに、この取り組みに三菱UFJ銀行も参加し、デジタル社債の発行を後押しする計画だ。

三菱UFJ信託銀行によれば、現在、日本のデジタル証券(セキュリティトークン、ST)市場の総額は956億円。三菱UFJ信託銀行が開発したデジタルアセット発行・管理プラットフォーム「Progmat」は、これまで13件の取引で807億円を扱い、市場シェア84%を獲得している。

しかし、デジタル社債の発行はまだ実験段階で、実績の多くは不動産などの資産裏付型デジタル証券だ。

NTTデータグループは伝統的な社債の受託金融機関向けシステムでシェア95%を有しており、三菱UFJ銀行も振替債の受託において多数の実績を持つ。この強力な連携により、金融機関や事業会社のデジタル社債市場への参入が促進され、さらなる活性化が期待される。

今後、NTTデータグループは「Progmat」と連携可能なデジタル社債管理用基盤「DBM(仮)」の商用版を実装し、振替債向けシステムを導入している受託金融機関20行(間接利用先を含めると180行)のうち利用希望先へ提供する方針。三菱UFJ銀行は2023年度中に新しいインフラを利用して顧客のデジタル社債を発行する計画だ。

新しいインフラの導入により、関係者間の情報共有と管理が一元化されるため、社債の発行や取引がより効率的になる見込みだ。これにより、発行や管理のコスト削減が期待され、従来の大口取引が主流だった社債の取引が、1万円からという小口取引にも対応可能となる。

関連:デジタルアセットの共創インフラを創出、 Progmatインタビュー記事|SBI R3 Japan寄稿

STO市場拡大へ

また、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ銀行、NTTデータはデジタル社債市場の“業界標準”の確立に向けて努力しており、商品モデルや業務プロセスの策定を進めている。概念実証(PoC)を通じて、Progmatで既に実現しているユーティリティトークン(UT)連携や今後予定されているステーブルコイン(SC)連携の可能性についても模索された。

出典:MUFG

近年、デジタル特典付きの社債を利用したカスタマーエンゲージメントの取り組みが増加している。例として、カゴメは2023年1月に「カゴメ 日本の野菜で健康応援債」というデジタル特典付き社債を発行している。

この種のSTOは、発行体にとって現金としての利回りを抑制しながらも新たな魅力を生み出す利点がある。カゴメのようなSTOの事例が増えることで、個人投資家も社債や不動産証券を身近に感じるようになるだろう。

Progmatは私設取引システムを運営する大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)とも連携を進めており、ODXは2023年11月に証券化トークンのセカンダリー市場を開設する計画を明らかにしている。STOの発行市場(プライマリー取引)と車両の両輪関係にあるともいえる流通市場(セカンダリー取引)の整備により、STOの流通市場がさらに活性化することが期待される。

関連:『デジタル証券(STO)市場の発展はWeb3普及に欠かせない』|WebXレポート

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。
13:57
米フォーブス誌、最も信頼できる世界の仮想通貨取引所トップ20を発表
米フォーブズ誌は、独自の基準で評価した「世界で最も信頼できる仮想通貨取引所とマーケットプレイス」の結果を発表。対象となった646社の中から最終的に20社が選ばれたが、日本の取引所4社もランクインした。
12:45
ザ・サンドボックス、DAOを立ち上げ メタバース運営を分散化へ
メタバースゲームThe Sandboxは自律分散型組織の立ち上げを発表した。今後は段階的にコミュニティによるDAOが運営していくことになる。
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア