CoinPostで今最も読まれています

JPモルガン、ビットコインの推定生産コスト引き下げ 半減期にも見解

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CBECI改訂受けて、生産コストを再検討

JPモルガンは暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の生産コスト見積もり額を1BTCあたり約309万円(2万1,000ドル)から約265万円(1万8,000ドル)に引き下げた。その上で、半減期についての見方を示している。

これは、英ケンブリッジ大学のオルタナティブ金融センター(CCAF)が、ビットコイン(BTC)のマイニングに関わる電力消費について、より正確に評価するため分析指標の改訂を行ったことを受けたものだ。

JPモルガンのアナリストらは、改訂後の指標を使って次のように分析している。

私たちは以前、電力コストがkWh(キロワット時)あたり約1.5円(1セント)変化するごとに、ビットコインの生産コストに約63万円(4,300ドル)の変化を引き起こすと計算していた。

改訂された指数をあてはめると、この感度は低下すると分析できる。ただし、約56万円(約3,800ドル)程度に下がるに過ぎない。

このため、2024年のビットコイン半減期がビットコインマイニング事業者に影響を与えることは変わらないだろうという趣旨で説明した格好だ。

JPモルガンは、ビットコインの生産コストは依然として電力コストに左右される割合が大きいために、半減期イベントはビットコインマイニング事業者にとってストレステストとなる可能性があると改めて述べている。

ビットコイン半減期ではマイナー(採掘者)が受け取る報酬が半分に減るため、電気料金の変動が全体の出費に与える影響も大きくなる。マイナーにとってはコスト管理がさらに重要になる局面だ。

半減期とは

ビットコインなど仮想通貨のマイニング報酬(=新規発行量)が半分に減るタイミングを指す。仮想通貨にはインフレを防ぐために「発行上限」が定められているものが多く、一定周期で訪れる半減期の度に、新規発行量が半分に減る仕組みになっている。供給量が減ることで希少価値が大幅に上昇し、価格が高騰しやすくなるため、仮想通貨特有の注目イベントでもある。

▶️仮想通貨用語集

ビットコイン電力消費指数(CBECI)改訂

英ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センター(CCAF)は特に、電力効率の高い、新しい世代のマイニングマシンが採掘に使われる割合が多くなっているとして、ビットコインの消費する電力を見積もる「ビットコイン電力消費指数(CBECI)」を見直している。

改訂後の指数により概算を行うと、以前考えられていたよりも消費電力は大幅に低くなると説明した形だ。例えば、以前のモデルでは2021年のビットコインマイニング電力消費量を104テラワット時(TWh)と推定していたが、改訂モデルで計算し直すと89テラワット時になるとした。

なお、テラワット時(TWh)は、1時間に1兆ワットを出力することに相当するエネルギーの単位だ。

関連英ケンブリッジ大学、仮想通貨ビットコインの電力消費を分析する指数見直し

業界大手の見解

仮想通貨マイニング機器大手ビットメイン(Bitmain)のXmei Lin営業部長は、CoinPostの独占インタビューで半減期についても考えを示している。

基本的にはマイニング業界では、長期的に見ればビットコイン価格は上昇していくという見方を前提としていると話した。

また、半減期はマイナーにとって大きなリスクだが、マイニングの最も重要な要素は「効率性」でもあり、効率の良い最新鋭のマイニング機器であれば、操業停止のリスクが下がるとも述べている。

関連Bitmain営業部長が語る、浮き沈みの激しいマイニング業界をリードし続ける秘訣|WebXインタビュー

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア