CoinPostで今最も読まれています

ビットコインは12日から三連騰の逆転劇、9月FOMCの注意点は|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週9/9(土)〜9/15(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

9/9(土)〜9/15(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は確り。

一時は下値を試す危うい展開となるも、12日から三連騰の逆転劇を繰り広げ、15日正午時点では392万円周辺で推移している。

米デラウェア州破産裁判所によるFTXの資産売却許可の判断を13日に控え、週明けのBTC相場は380万円周辺から下げ足を速め、一時は366万円周辺まで下落した。

一方、ドル建てで節目の25,000ドル周辺となる同水準で相場は下げ止まると、翌12日には押し目買いが入り、ショートのロスカットを伴い前日の下げ幅を奪回。そのまま380万円に乗せると、フランクリン・テンプルトンの現物ビットコイン上場投資信託(ETF)申請を追い風に390万円を窺った。

その後は、デラウェア州破産裁判所がFTXに資産売却許可を下し、BTC相場は一時上値を重くするも、380万円台後半で底堅く推移した。

14日には、まちまちだった8月の米消費者物価指数を消化し上値を試すと、欧州中央銀行(ECB)による今後の利上げ停止の可能性示唆と強めに出た一連の米経済指標を受けて上下に振れる展開となったが、英アームが米国で上場直後に急伸し、BTCも連れ高で390万円に乗せている。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

今週は米国の8月CPIと卸売物価指数(PPI)が前月比と前年同月比で7月から伸びが加速するというサプライズがあったが、市場の米金利動向に対する見方に変化はなかった。

これは、今週のメディア・ブラックアウト期間が始まる直前に複数の米連邦準備理事会(FRB)高官が追加利上げに対する積極姿勢を軟化させたことで、市場が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが見送られると楽観している現れか。

今週は確かに、米国のインフレも消費のデータも強めに出たものの、食品とエネルギー価格を除いたコアCPI前年同月比で伸びが鈍化し、コアPPIは7月から変わらず、前月比のコア小売売上高は7月の1%から0.1%に減速している。

8月の雇用統計で失業率が上昇したことや、月間雇用者数の伸びが減速したことも鑑みれば、FRBが利上げを急ぐ強い根拠はあまりないと言えよう。

とは言え、直近の指標の強さや原油価格の高騰も踏まえ、パウエルFRB議長が利上げサイクルの終了を仄めかすこともないだろう。

加えて、9月のFOMCでは金利見通しを含む経済見通しの発表もあり、前回6月分で示された2024年の100ベーシスポイント(bp)の利下げ見通しに上方修正があるかや、中立金利についての発言にも注意する必要がある。

米国におけるインフレ沈静化の確証が掴めない中、パウエル議長はタカ派よりの中立スタンスを示すことが想定され、BTCにとっては明確な支援材料は期待できないか。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコインは390万円窺う展開、ただ相場上昇が続く余地は少ないか

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧