中国版GoogleのBaidu:独自ブロックチェーンである”スーパーチェーン”のホワイトペーパーを公開

中国最大の検索エンジン・ウェブサービスを提供するBaiduが、独自のブロックチェーンのホワイトペーパーを26日水曜日に公開した。

ホワイトペーパーは Baidu Blockchain White Paper V1.0 というタイトルで、”スーパーチェーン(Super Chain)”ネットワークシステムについて記述されている。

スーパーチェーンに基づく6つのアプリケーション、Totem、Degree Universe、Baidu Association、Treasure Chest、Encyclopedia Online、and Hubertに続き、Baiduのクラウド型ブロックチェーンのサービスが紹介された。

スーパーチェーンは、pluggable consensus mechanismというアルゴリズムで稼働し、並行するチェーンがそれぞれ独自のアルゴリズムを採用できるようになっているとのことだ。

Baiduは、食品の安全管理、製品の品質管理、ニューリテール、新たな製造業、サプライチェーンファイナンス、知的財産と取引、旅行、観光、ソーシャルネットワークにこの技術を適用すると述べている。

参考記事:Chinese Tech Giant Baidu Releases ‘Super Chain’ White Paper

CoinPostの関連記事

【速報】中国仮想通貨禁止政策に、国内最大手検索エンジン「バイドゥ」も協力|フォーラム内での仮想通貨に関連する投稿を禁止へ
中国の最大手検索エンジン、バイドゥが仮想通貨、ブロックチェーンや電子資産などのフォーラムを一切禁止する事を発表した。中国では他にもWechatやAlibabaが仮想通貨に対する対応を厳しくしている傾向が見受けられる。
米著名投資家Tim Draper氏の曲げない価格予想|ビットコインは2020年までに2,800万円に
9月5日から7日にかけて開催されたCrypto Finance Conference 2018にて、SkypeやTeslaなどへの投資を成功させ、Draper Universityなどの創業者であるDraper氏は、2020年までにビットコイン価格が2,800万円に到達するという予想を持ち続けていることを明らかにした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します