CoinPostで今最も読まれています

「スポーツブランドとファンエコシステムの変革へ」チリーズCEOが講演|WebX

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ファンとの関係を変革

2023年7月に開催されたWeb3国際カンファレンス「WebX」に、ファントークンの開発・提供などを行うChiliz(チリーズ)のアレクサンドル・ドレイファスCEOが登壇した。

ドレイファス氏は「チリーズが変革させるスポーツブランドとファンエコシステム」をテーマに講演を行った。同氏は、暗号資産(仮想通貨)「チリーズ(CHZ)」を活用するファン向けアプリ「Socios.com」のCEOでもある。

仮想通貨のCHZは日本でも複数の取引所に上場している銘柄。チリーズには日本の投資家も高い関心を持っている。

関連FCバルセロナやユベントスとも提携—ファンとアスリートを繋ぐ仮想通貨「チリーズ(CHZ)」とは

企業の概要

ドレイファス氏は、最初に企業としてのチリーズについて説明。同社の創設は5年前(2018年設立)で、マルタを拠点にする企業であると話した。そして、従業員は合計で約300人いるとし、従業員の数でみれば、ブロックチェーン業界で最大規模であると述べている。従業員は30カ国に点在し、メインのオフィスは世界に8箇所あると語った。

講演のスライドによれば、マルタ以外にメインのオフィスがあるのは、スペイン、スイス、トルコ、ブラジル、英国、米国、フランス、韓国の8カ国。スペインにも本部機能があるようだ。

これまでの取り組みについては、著名サッカー選手のリオネル・メッシ氏をSocios.comのアンバサダーに任命したことを報告。また、現在まで80以上のファントークンを発行してきたとも話している。

公式ウェブサイトによれば、本記事執筆時点で発行したファントークンは82種類。スポーツのパートナーは世界に150以上おり、エコシステムには200万超のユーザーがいる。

ファントークン

ファントークンについては、各チームが発行するもので、NFT(非代替性トークン)とは違い代替可能であると説明。ロイヤルティプログラムのように機能するとし、各チームは自国以外にファンを作ることができると語った。これは、チームの地域以外で、収益化することができることも意味する。

一方で、トークン所有者にとっては、チームの運営に参加したり、特典を受けたりすることが可能になるメリットがあると説明。そして、ファントークンのエコシステムは自律分散型組織(DAO)に似ていると述べた。

ドレイファス氏によれば、ファントークンの取引高はNFTの10倍。同氏は、スポーツ業界の受動的なファンを、能動的なファンに変えたいと語っている。

能動的なファンとは、好きな選手らをX(旧ツイッター)で追いかけ、フォローするというような一方的な関係を構築するのではなく、自身も恩恵を受けたり、チームの運営に関わったりするような人のことだいう。

ファンのエコシステム

実際にファンがチームの運営に関与した事例としてドレイファス氏は、スイスのサッカーチームを紹介。「BSC YOUNG BOYS」というチームは2022年1月、ユニフォームのデザインを4つの中から、ファントークン所有者に投票で決めたもらった。

ほかにも、イタリアの著名なサッカーチーム「ユベントス」が、ゴールが決まった時の音楽をファントークン所有者に投票で選んでもらった事例を紹介。ユベントスは、過去にファンが音楽を決めたことはなかったという。

また、ファントークン所有者への報酬プログラムの事例もあると説明。サイン入りのユニフォームやグッズ、試合のチケットをもらうなどの報酬をトークン所有者に提供するという活用方法もあると話した。

日本について

ドレイファス氏は今回、日本やアジアについても語った。日本を含むアジアは、世界のブロックチェーン開発の中心になりつつあるとの見解を示している。

講演のスライドでは、アジア太平洋地域の国々は技術インフラに大きな投資を行い、ブロックチェーンの開発・普及のための強い基盤を構築していると指摘。そして、この地域には、政府がブロックチェーンの可能性を認め、肯定的な規制を作っている国があると述べた。

関連岸田文雄内閣総理大臣がビデオ登壇|WebXカンファレンス

ドレイファス氏は、チリーズには東京を拠点にする日本チームがあると説明。そして、CHZだけでなくファントークンもローンチできるように取り組んでいるとし、規制整備にも協力していくと話した。

また、日本にはサッカーファンが多く、好きなチームと関係を深めたいと思っている人が多いと指摘。この点からもチリーズにとって日本は重要であると語った。

同社は欧州でライセンスを取得しているとも述べ、日本にも投資していくと説明。そして、日本コミュニティのサポートに感謝しているとも話している。

関連チリーズ(Chiliz)、楽天ヨーロッパと提携

日本における取り組みの事例としては、仮想通貨取引所コインチェックが2021年、NFTマーケットプレイス事業においてチリーズと連携を開始したことを発表した。

関連コインチェック、NFTマーケットプレイス事業で名門サッカークラブ提携のChilizと連携開始

ドレイファス氏について

ドレイファス氏は、デジタル業界で27年以上の経歴を持つ連続起業家。1990年後半にWebcity、その後もMediarex Sports & Entertainmentなどの企業を創設している。

チリーズは、ブロックチェーン業界でスポーツとエンターテインメントの世界的なリーダーになることをミッションに創設。同年にプロジェクトの取り組みの1つとしてSocios.comをローンチした。

創設後は、有名スポーツ組織らと提携。パリ・サンジェルマンやユベントスらのサッカーチーム、バスケットボールチーム、アメフトチーム、またゲームのチームらともパートナーシップを締結してきた。

チリーズは、イーサリアム(ETH)の仮想マシン(EVM)と互換性のあるL1ブロックチェーン「Chiliz Chain」をローンチ済み。Chiliz Chainをスポーツやチーム、ファン、開発者のインフラにして、ファンとブランドをつなぐ体験やプロダクトを提供しようとしている。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア