CoinPostで今最も読まれています

暗号資産決済で日本円即時変換、「Slash Payment with JPYC Pay」の展望とは?【独自取材】 店舗でQRコード決済も可能

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産決済の日本円転換をスムーズに

暗号資産(仮想通貨)の決済プラットフォーム「Slash Payments」とプリペイド型日本円ステーブルコイン「JPYC」のサービスを提供する「JPYC Pay」との連携サービス、「Slash Payment with JPYC Pay」に関する詳細が公開された。

本告知を受けて、CoinPostはSlash Fintech Limited 佐藤伸介代表取締役(通称「SHIN」)に対して独自取材を行った。

出典:JPYC株式会社

「Slash Payment with JPYC Pay」の主な特長は、Slash Paymentを通じて行われる暗号資産決済を、JPYC Payシステムを用いて直接日本円として振込み、売上を日本円で計上できる点にある。また、店舗ではQRコードを利用した決済も可能だ。

Slash Paymentのシステムは、異なるブロックチェーンの1000種類を超える暗号資産をサポートし、売上を指定したステーブルコインで記録できる仕組み。

一方、JPYCは日本円に連動するステーブルコインで、EthereumやPolygonをはじめとした複数のパブリックブロックチェーン上での流通する。JPYCを発行しているJPYC株式会社は今年3月に、第三者型前払支払手段発行者として登録され、加盟店舗の店頭などでの利用が可能になった。

関連:日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応

また、JPYCの取引をスムーズに行うため、同社は「JPYC Pay」というサービスを7月から事前登録募集を開始。このサービスはJPYC決済を瞬時に日本円に変換し、銀行口座に振り込む機能を持つ(手数料は1%)。

今回の「Slash Payment with JPYC Pay」は、JPYC社とSlash Fintech Limitedが9月末に業務提携を発表したことを受けてのもの。サービスの正式なリリース日や開始時期に関する詳細は、近日中に別途アナウンスされる予定だ。

関連:国内ステーブルコイン解禁の影響は?|WebXレポート&インタビュー

第三者型前払支払手段発行者とは

自社以外の第三者の店舗(加盟店、フランチャイズ店等)においても使用 可能な前払式支払手段の発行者のこと。前払式支払手段は、商品券・ギフト券、旅行券、プリペイドカード・ギフトカード、電子マネーなど、利用者から前払いされた対価をもとに発行される有価証券のこと。

▶️仮想通貨用語集

Slash Fintech Limited SHIN氏インタビュー

-Slash PaymentがJPYC統合に至った背景

JPYCの岡部さん*と私はお互いがそれぞれ世の中にジレンマを感じ、自分のフィールド・立ち位置で常にお互い意識をしながら、日本における2022-2023年のステーブル・決済分野を牽引してきたと自負がある。業務提携についてはついに機は熟したというところ。*岡部典孝 JPYC代表取締役。両者は10月3日にステーブルコイン決済と会計/税金に関するイベントを開催した。

-JPYCとして売上計上する利点は?

JPYCはJPY(日本円)と連動しているので、実質JPYで売上計上する事と同義だ。そのため、加盟店は様々な暗号資産で売上を受け取りつつ、それを意識する事なくJPYで売上を計上する事ができる。

-加盟店側の税務処理について

加盟店側は全く意識する必要はない。決済を行うユーザーについては、どのような暗号資産の運用を行なっているか次第ですのでケースバイケースだ。

-今後の展望

ブロックチェーンの思想を元に、自由で開かれた決済スペースでの影響力を(JPYCと)お互いに伸ばしていきたいと考えている。

SHIN氏はまた、Xアカウントを通じて、「スラッシュの使命は、暗号資産の価値の移動をスムーズにすること」、「Web3・暗号資産の分野だけでなく、Eコマース、実店舗、オンラインサービス、Web2ゲームのようなサービスでも普及を促進することを目指す。」と述べている。

関連:仮想通貨決済サービスSlash、ソフトバンク子会社やZaifと提携

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア