CoinPostで今最も読まれています

活性化するビットコインL2開発、エコシステムの急成長につながるか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTC L2開発が隆盛

BitVMコミュニティによると、ビットコインL2の開発が活発化しており、現在30を超えるプロジェクトが市場で公開されているという。プロジェクトの分野は、サイドチェーン、オフチェーン演算、ロールアップ、データ可用性、統合AI、分散型インデックスなど多岐にわたる。

このようなL2チェーンは、ベースレイヤーであるビットコイン・ブロックチェーンの有用性を高め、ビットコインの新たな需要を生み出し、資産価値を高める可能性があると見られている。

レイヤー2(L2)

レイヤー2とは、「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

その中でも注目されているBitVMは、ビットコイン上のスマートコントラクトの実用性を強化する拡張機能プロトコル。イーサリアムのL2スケーリングソリューションである「Optimistic Rollup」と“似た”アプローチを採っており、オフチェーンで計算処理と検証のシステムを設け、結果のデータをオンチェーンで保存する。

昨年10月にビットコイン関連の開発組織ZeroSyncの貢献者ロビン・ナーリス氏が論文を公開。一切のネットワーク変更なしに、ビットコイン上の契約をチューリング完全とするもので、ビットコイン機能の大幅な拡張が可能となる。

関連:ビットコインのスマートコントラクトを強化する提案「BitVM」とは?

様々なL2プロジェクト

Web3調査投資会社のTrustlessLabsは、新たな主要L2プロジェクトを以下の分野に分類した。

サイドチェーン

  • BEVM
  • Map Protocol
  • Merlin Chain
  • ckBTC

データ可用性

  • Nubit
  • Veda
  • Babylon

ロールアップ

  • BitVM
  • Bison Network
  • B² Network
  • SatoshiVM
  • Chainway
  • QED Protocol

分散型インデックス

  • UniSat
  • Rooch Network

TrustlessLabsは、暗号資産(仮想通貨)業界は急速に変化しており、新たなビットコインL2が「毎秒誕生している」と、その勢いを形容。ビットコイン・エコシステムが、レイヤー2の構築によって、今後大きく発展していくと示唆した。

イーサリアムの成長に追随するか

「Punk3700」と名乗るビットコイン仮想マシン(BVM)の開発者は、仮想通貨メディアCryptoBriefingとのインタビューで、BVMを「ビットコイン上の仮想通貨消費者アプリにパワーを供給する分散型アマゾン・ウェブ・サービスのようなもの」と説明した。

2024年はビットコインにとって重要な年になると同氏は見ている。ビットコイン現物ETFの実現は、資産クラスとしてのビットコインの成熟度を示唆しているが、消費者向けアプリを提供するビットコインL2は、ビットコインの普及を促進すると指摘した。

また、ビットコインのL2エコシステムは未だ開発の初期段階にあり、大きな成長の余地がある点で、2017 年から 2018 年にかけてのイーサリアム開発の初期に類似しているという。

L1チェーン上のBRC-20トークンやOrdinalsのようなビットコイン基盤の資産の急増は、ビットコインL2上のDeFiが爆発的に成長する準備ができていることを示唆している。

関連:中国規制準拠のブロックチェーン「Conflux」、EVM互換のビットコインL2立ち上げへ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:20
Oasysがカカオゲームズの子会社と提携、韓国ゲーム市場でのプレゼンス強化へ
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア