CoinPostで今最も読まれています

ジャック・ドーシーら携わる分散型SNS「Bluesky」が一般公開、利用者数440万人に達する

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ジャック・ドーシー氏構想の新SNS

X(旧称ツイッター)に似た分散型SNS「Bluesky(ブルースカイ)」は6日、招待コードなしで誰でも参加できるようになったと発表した。それからわずか1日以内で80万人以上の新規ユーザーを獲得している。

さらに、記事執筆時点でのユーザー数は440万を超えており、総投稿数は約1.5億に到達しているところだ。

出典:Bluesky

ブルースカイは、ツイッター(現X)創業者で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の支持者としても知られるジャック・ドーシー氏が開発を始めた新たなソーシャルネットワークサービス(SNS)だ。

Xと似た画面構成であり、同じような感覚で使える仕様になっているが、運営が1つの企業に依存していないことが大きな違いとなっている。

イーロン・マスク氏がXを率いるようになって以来、Xと競合関係にあるマストドンのユーザー数が870万人以上に達したが、ブルースカイへの流入についても今後注目される。

関連ツイッター社から独立した分散型SNS「Bluesky」、アップル社のアプリストアでテスト配信

オープン・分散型目指すブルースカイ

ジャック・ドーシー氏は2019年にブルースカイのプロジェクトを立ち上げた際、次のように構想を語っていた。

最大の目標、そして長期的な目標は、公の場での会話のための耐久性のあるオープンなプロトコルを構築することだ。

特定の組織によって所有されるのではなく、できるだけ多くの組織によって提供されること。そして、インターネット上で、インターネットと同じ原理で生まれ進化していくこと。

ブルースカイのチームは、コントロールをユーザーの手に取り戻す方法でアプリを設計したと述べている。オンライン・エクスペリエンスは単一の企業によって管理されずユーザーがタイムラインの体験を簡単にカスタマイズできると続けた。

今後数週間のうちに、ユーザーがさらに多くのモデレーション設定を行えるようにするためラベリング(ラベル付け)サービスをリリースすることも計画している。モデレーションとは一般的に、プラットフォーム上のコンテンツを規則に基づいて調整するプロセスのことだ。

これにより、団体や個人は、ある業界固有の知識や特定の文化的な好みを踏まえた独自のモデレーションサービスを実行できるようになるとしている。ラベリングサービスの潜在的な使用例の1つとしては、ファクトチェックを挙げた。

例えばファクトチェックを提供する団体が、ラベル付けサービスを行い、投稿に「部分的に虚偽」、「誤解を招く」などのラベルを貼ることができる。さらに、こうした団体を信頼するユーザーは、彼らによるラベルを購読することが可能だ。今後、さらに詳細を公開する予定だという。

ブルースカイは、ネットワークをオープンでカスタマイズ可能にする機能の実験的バージョンも公開する予定だ。

開発者に対しては、今月後半には、メインの実稼働ネットワークに接続するサーバーを自己ホストできるようになり、近日中に詳細を公開予定だと説明している。

関連J・ドーシー氏 × E・スノーデン氏「インターネットを再び偉大なツールに」|Nostrasiaレポート

分散型マイニング「OCEAN」

ジャック・ドーシー氏は昨年、ビットコインマイニングの分散化を目指すプロジェクト「OCEAN」への出資も行っている。OCEANは、約9.1億円を資金調達した。

従来のマイニングプールでは、マイナーへの分配前にブロック報酬とトランザクション手数料を独占的に預かることが一般的だったが、OCEANはブロック報酬をマイナーに直接配分する仕組みを持つ。

関連ジャック・ドーシー氏、ビットコインマイニング分散化を推進する「OCEAN」に投資

マイニングプールとは

各マイナーのハッシュパワーを集め、協力してマイニングを行うために作られた組織的なサーバーのこと。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア