CoinPostで今最も読まれています

J・ドーシー氏 × E・スノーデン氏「インターネットを再び偉大なツールに」|Nostrasiaレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インターネットの分散化へ

11月1日から3日に東京と香港、オンラインで開催されたイベント「Nostrasia」では、ツイッター(現X)を創設したジャック・ドーシー氏と、米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏のセッションが行われた。

関連分散型SNS基盤Nostrの会合、東京で開催へ

スノーデン氏は2013年、米政府の大量監視システムの存在を内部告発した人物。その後は米国からロシアに亡命しており、Nostrasiaにはオンラインで参加した。個人情報を自身が管理することができるなどの特徴を持つWeb3は「ポスト・スノーデン・ウェブ(スノーデン後のウェブ)」と呼ばれることがある。

ドーシー氏のようにWeb3メディアなどで動向が伝えられる機会は多くないが、スノーデン氏が行った内部告発は世界に衝撃を与え、Web3と関係も深い。本記事では両者のセッションのポイントを紹介していく。

関連亡命中スノーデン「ビットコインを買いたい」 仮想通貨市場に楽観視

ドーシー氏が目指すもの

イベント名になっているNostrasiaという言葉は、イベントのテーマである「Nostr」と、開催地の「Asia(アジア)」という2つの言葉を組み合わせている。Nostr自体はSNSではなく、分散型SNSを開発するための基盤となるプロトコルのこと。ドーシー氏は開発者に寄付を行うなど、Nostrを支持・支援している。

以前はツイッターのCEOを務めていたドーシー氏は今回のセッションで、もともとは企業のCEOになったり起業したりする計画は人生設計になかったと明かした。しかし、自身のアイデアを伝えるのに最も効率的な方法がたまたまツイッターの創設だったと語っている。

ツイッターを創設した後ドーシー氏は、ツイッターには単一障害点が複数あることに気づき、中でも自身が最も大きな単一障害点になっていることを認識したと話した。ドーシー氏が支持する暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)やNostrの分散型のネットワークは、単一障害点がないことが特徴。当時ドーシー氏は多くのツイッターユーザーのために決断を主導したり、実際に意思決定を行ったりしていた。

関連ブロック社ドーシーCEO「ビットコインはインターネットのネイティブ通貨」

CEOを務めていたため意思決定を行うのは当然ではあるが、一方で、初期のツイッターのことは素晴らしかったと回想している。日本人を含めた多くの開発者がツイッターのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用し、実験的な試みが行われたことを高く評価した。

この頃のツイッターは、Nostrみたいにプロトコルのようだったとドーシー氏は表現。一方で、後に株式を上場するツイッターはベンチャーキャピタルから出資を受け、広告のようなビジネスモデルも作り、このことが新たな単一障害点を作ったとも回想している。ドーシー氏は以前「最も大きな後悔は、ツイッターを企業にしたことだ」と述べていた。

ドーシー氏は、ツイッターを創設する前にビットコインが存在していれば、より良い選択肢や道ができたと過去に発言したことがあると説明。ビットコインが存在していれば決済において少なくとも単一障害点を1つ減らすことができると述べ、この点がNostrに引かれる理由だと話している。

ビットコインは、開発やマーケティング、ポリシーといった面で誰でも発展に貢献することが可能で、それはNostrも同じだと考えているとドーシー氏は説明。自身にとって最も強固なアイデアはツイッターのようなアプリを再び作ったり、ソーシャルメディアのユースケースを扱ったりすることではなく、誰でも構築することができるオープンでパーミッションレス(自由参加型)なエコシステムを作れるようにすることだと語った。

関連ジャック・ドーシー氏、アップルペイのビットコイン対応をティム・クックCEOに要求

スノーデン氏のNostrに対する評価

スノーデン氏は上記の内容に関連して、ドーシー氏の公の発言で印象的だったのは「ツイッターに関する基本的な間違いは、プロトコルにしなかったことだ」という言葉だったと話した。

実際にツイッターをプロトコルにすることは実現していないが、誰の所有物でもないNostrがドーシー氏にはあるとスノーデン氏は指摘。そして「政府や規制機関に影響を受けない独立した言論や決済が行えることは、本当にゲームチェーンジャーだと思う」と語った。NostrはSNSにビットコイン(SAT)の投げ銭機能を導入することもできる。

スノーデン氏はNostrについて、大きなメディア以上の存在であると感じているが、特にそれは誰のものでもないプロトコルだからであると説明。この点に魅力を感じ、成功を望んでいると話した。

アプリの未来

ドーシー氏は今後について、様々な機能を持つアプリ「Everything App」が主流になるとの見方を示した。Everything Appは「スーパーアプリ」とも呼ばれ、例えばイーロン・マスク氏はX(旧ツイッター)に決済機能などをつけ、XをEverything Appにしようとしている。

関連ツイッターが米国3州で送金業者ライセンス取得、オールインワンアプリへの一歩か

一方でドーシー氏は、ユーザーの選択肢としてNostrやビットコインを使えるようにしておくべきだと主張。そして、それらのアプリをユーザーが切り替え方法を気にせずシームレスに使うことができることが理想だと話した。

Everything Appもオープンなプロトコルで開発すべきであるとドーシー氏は主張。ドーシー氏がNostrに出会った時に最も驚いたことの1つが、自分の秘密鍵で別のアプリを利用できることだったと語っている。

スノーデン氏が指摘する問題点

スノーデン氏も今回のセッションでEverything Appに言及。例えば中国のWechatがEverything Appの例で、決済やSNS、チャット、旅行などで幅広く利用できるものをEverything Appと表現した。

Everything Appついてスノーデン氏は、まだ中央集権的であると課題を指摘。中国のアプリであればアカウントをアクティベートするために中国政府がIDの入力を要請したり、Xであっても支払いを行う場合などに自分のIDを紐づけることが必要になったりすると話した。

こういった中央集権的な管理は、消費者にとって不安要素だと語っている。

関連「真に分散されたSNSの構築へ」——11月東京開催「Nostrasia」の実行委員が語る

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/12 金曜日
15:34
GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
15:21
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。
14:39
米下院議員らがステーブルコイン法案の進展に向けて会合か
米国下院金融サービス委員会の議員たちがステーブルコイン法案の進行について話し合った。超党派の解決策としての法案推進の可能性を探る。法案が可決すれば、規制の明確化による企業・機関の採用増加、マネーロンダリング対策など適切なリスク管理の環境整備が期待される。
14:32
CoinbaseがFinCEN法執行賞を受賞、AML対策と犯罪捜査への貢献
米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbaseが犯罪捜査において顕著な貢献を果たし、FinCENからDirector's Law Enforcement Awardを受賞した。CoinbaseがAML対策を強化し、過去の課題をどのように克服したかについて解説します。
12:40
ビットコイン決済月10万件 メルカリが200万口座突破
メルカリの子会社メルコインが開始した仮想通貨ビットコイン決済サービスが、全ユーザーに開放されてから1ヶ月で10万回の使用を達成。この新機能により、メルカリアプリを通じて即座にビットコインの購入・売買が可能になり、多くの初心者が簡単に暗号資産取引を体験している。
11:51
高止まりで推移するビットコイン、UNI暴落の背景は?
マクロ経済と金融市場 11日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比2.4ドル、ナスダック指数は271.8ポイント(1.68%)高で取引を終えた。ハイテク株が買われ反発した。 …
11:35
イーサリアムの現物ETF承認確率50%以下 JPモルガン分析
JPモルガンのアナリストは、仮想通貨イーサリアムの現物ETFが5月までに承認される確率は50%以下だと意見している。訴訟になる可能性にも言及した。
10:10
バイナンスラボ、ビットコイン再ステーキングの「BounceBit」に出資
BounceBitのネットワークは、仮想通貨ビットコインと独自のBounceBitトークン両方をステーキングできるよう設計された、PoSレイヤー1エコシステムだ。完全なEVM互換性を備えている。
08:30
AI仮想通貨銘柄「TAO」、バイナンスに新規上場
仮想通貨TAOについては、イールドトークン化のプラットフォームPendle Financeが11日にTAOのリキッドステーキングトークンstTAOの利回り取引マーケットを開始した。
08:10
ブラックロックのRWAファンド、いつでもUSDCと交換可能に
ブラックロックのトークン化ファンドBUIDLを即座にUSDCへ交換できる機能をサークルが発表。BUIDLは仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上で発行されている。
04/11 木曜日
19:00
クレイトンとフィンシア、統合ブランドを今月末に発表か=報道
クレイトン財団とフィンシア財団は、アジアにおけるWeb3の展開加速のためProject Dragonによるネットワーク統合を推進中。30日には新ブランドを発表し、デジタルウォレットの普及を通じた成長を目指す。各財団のガバナンスメンバーには、ソフトバンクやKakaoが参画している。
18:20
香港ビットコインETF実現への兆し HashKey Capitalらの動向
香港証券先物委員会(SFC)がデジタル資産運用ライセンスを拡張。HashKey Capitalが個人投資家向けサービスを開始する。香港で初のビットコインETFが承認される見込みで、HashKeyはETF提供会社と協力関係にある。
18:10
国際カンファレンス「WebX2024」、2900円の最早期割チケットを販売開始
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンメディア運営の株式会社CoinPostは、企画・運営に関わるアジア最大級の国際Web3

カンファレンス「WebX2024」のチケット販売を開始した

18:00
THE CLUB golf village、暗号資産預託によるメンバーシップサービス『CRYPTO GOLF』を発表
新たなゴルフカルチャーを創造する会員制ゴルフ場「THE CLUB golf village(旧:THE RAYSUM)」を展開する株式会社アセット・ホールディングスは、暗号資産預託によって会員権が発生するサービス『CRYPTO GOLF』を5月以降に開始する。
14:30
グレースケールCEO、「GBTCからの資金流出は均衡に達した可能性」
GBTCのファンドは現在318,451 BTC強を保有しているが、仮想通貨ビットコインETFに転換される直前の年初時点では618,000 BTC強を保有していた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/13 ~ 2024/04/14
東京 東京都港区
2024/04/13 10:00 ~ 17:00
その他 オンライン
2024/04/13 17:30 ~ 21:00
東京 東京都港区
重要指標
一覧
新着指標
一覧