CoinPostで今最も読まれています

週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|アーサー・ヘイズ氏やARK Investの相場分析に高い関心

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週のニュース

この一週間(2/3〜2/9)に最も注目の集まった暗号資産(仮想通貨)ニュースのまとめをお届けする。

今週は仮想通貨取引所BitMEXのアーサー・ヘイズ元CEOやARK Investによる相場分析や、アップルの複合現実ヘッドセット「Vision Pro」が対応するメタバースアプリに関する記事が最も関心を集めた。


目次
  1. 今週の注目ニュース
  2. 金融相場
  3. アジア特集

今週の注目ニュース

アップル「Vision Pro(ビジョンプロ)」に初のWeb3メタバース登場予定 仮想通貨VRが高騰(2/3)

ブロックチェーン基盤のVR(仮想現実)開発企業Victoria VRは2日、アップルの複合現実ヘッドセット「Vision Pro」が対応するメタバースアプリを公開すると発表。これを受け、Victoria VRのVRトークンは高騰し前日比一時60%高となった。(記事はこちら

アーク・インベスト 2024年ビットコイン市場は「強気相場の初期段階」(2/3)

ARK Investは、年次レポート「ビッグ・アイデア2024」において、ビットコイン(BTC)に対する強い期待を示している。キャシー・ウッド氏が率いる同社は、ビットコインの長期投資が機関投資家にとって高いリターンをもたらす可能性があると指摘した。(記事はこちら

アーサー・ヘイズ氏、ビットコイン価格で超強気予想を展開 米銀の救済措置を予測(2/7)

BitMEXのアーサー・ヘイズ元CEOは6日、ビットコインの価格が100万ドルまで上昇する可能性があるという超強気シナリオをXに投稿。米銀行に救済措置が行われるとの見方を示している。(記事はこちら

金融相場

ビットコイン半減期前のマイナー売り続く、コインベースレポートは売り圧の枯渇傾向を指摘(2/5)

この日のビットコイン価格は前日比1.43%安の1BTC=42,389ドルに。44,000ドルのレジスタンスライン(上値抵抗線)で失速しており、今年4月に予定される半減期に備え手元資金を確保しておきたい大手マイナー(採掘業者)の売りも重なった。(記事はこちら

堅調推移のイーサリアムは前週比3.8%高、1年ぶり大規模障害のソラナが一時急落(2/7)

イーサリアム(ETH)は前日比2.2%高と比較的堅調に推移。ソラナ(SOL)ブロックチェーンでは、23年2月以来の大規模障害が発生した。(記事はこちら

ビットコイン急回復で46000ドル台復帰、年初来高値に迫る(2/9)

ビットコインは前日比3.3%%高の1BTC=46,151ドルに。6日の始値43,100ドルから3日間で大幅続伸となり、1月11日の年初来高値49,100ドルが射程圏内に入った。(記事はこちら

アジア特集

香港、仮想通貨のOTCプラットフォームを規制へ(2/5)

香港の金融サービス・財務局(FSTB)のクリストファー・ホイ局長は2日、仮想通貨の店頭取引(OTC)を規制する必要があると主張。まもなく規制の枠組みについて協議を開始する予定だと述べた。(記事はこちら

秋元康らが挑む次世代アイドルプロジェクト、Web3基盤のAstar zkEVMを採用(2/7)

渡辺創太氏率いるWeb3開発企業スターテイル・ラボは7日、アソビシステムをはじめとする国内主要エンターテインメント関係者が設立した「株式会社YOAKE entertainment」が推進するアイドルプロジェクトに参画することを発表。このパートナーシップは、トークンを駆使した新規アイドル経済圏の確立およびそのグローバル展開を目的としている。(記事はこちら

合同会社型DAO実現へ前進 金融庁がトークン化社員権の規制緩和案を公表(2/7)

日本では、Web3の発展に伴い、「DAO(分散型自律組織)」への法的な枠組みの整備が進行中。これは特定プロジェクトに参加するメンバーで構成されるDAOの法的性質、運用ルール、構成員の責任や持分の性質、税務関係などを明確にし、安心してDAOを活用できる環境をオプションとして設ける取り組みである。(記事はこちら

Doodles×G-SHOCKコラボ 2月に渋谷パルコのポップアップストア等で発売(2/8)

優良NFT(非代替性トークン)ブランドの「Doodles(ドゥードゥルズ)」と、カシオ計算機の耐衝撃性を誇る「G-SHOCK」とのコラボレーションの詳細が明らかになった。(記事はこちら

デロイト トーマツ、スポーツ庁の実証事業でAstar zkEVM活用(2/9)

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は9日、企業や団体のNFT活用サービスの構築を支援するため、自社が保有するNFT開発ツールで、Stake TechnologiesおよびStartale Labが展開するブロックチェーン技術「Astar zkEVM」に対応することを公表した。(記事はこちら

関連なぜ日本で大規模Web3カンファレンスが必要なのか|WebX創設者インタビュー

注目のWeb3カンファレンス日程

Web3および仮想通貨・ブロックチェーン関連カンファレンスが世界的に活性化しつつある。本記事では、アジア圏を中心に直近開催予定の大型カンファレンス情報も紹介する。

TEAMZ WEB3/AI SUMMIT 2024

「TEAMZ WEB3/AI SUMMIT 2024」はWeb3とAIをテーマとしたイベントで、4月13ー14日に東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催予定だ。

TEAMZ WEB3/AI SUMMIT 2024は、今年の「TEAMZ WEB3 SUMMIT 2023」に続くものだが、OpenAI・ChatGPTの台頭によって注目されるAI分野とブロックチェーン領域の相乗効果の可能性にフォーカスしたイベントである。

公式ページによると、来年の登壇スピーカーは120名超で、VC・投資家や出展企業が併せて200以上となる。なお、出席者は5000人に及ぶ試算だ。

CoinPost公式アプリ
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア