ボクシング界のレジェンド、マニー・パッキャオの仮想通貨が年内に発行予定

パッキャオ氏の仮想通貨、年内発行の見通し
シンガポール拠点のGlobal Crypto Offering Exchange(以下GCOX)によるボクシング界のレジェンド、マニーパッキャオ氏の知名度を活用したPacトークンの発行は年内におこなわれると報じられた。
有名人とICO
今回のパッキャオ氏をはじめとして、これまでにも有名人が仮想通貨、とりわけICOのプロモーションに関わることは多く、同じくボクシング界のレジェンドであるメイウェザー氏などが関わったICOは有名だ。今回、GCOXではパッキャオ氏以外にもサッカー界のレジェンドであるオーウェン氏などの仮想通貨発行の計画も進めているという。

パッキャオ氏の仮想通貨、年内発行の見通し

StraitsTimesが報じたところによると、シンガポール拠点のGlobal Crypto Offering Exchange(以下GCOX)が元WBC世界フライ級王者であるマニー・パッキャオ氏の知名度を活用したPacトークンの発行に着手している。

同社のCMOであるEvan Ngowによれば、現在プロジェクトで遅れているのはフィリピン証券取引委員会によるICOへの規制枠組みだけであり、これも年内に決まるだろうとのことだ。

また、同社はPacトークンの公開に向けて、その価格や発行料などをパッキャオ氏のチームと綿密に練っていると話した。

パッキャオ氏は、有名人が独自の仮想通貨を発行し、自身の関連コンテンツ・商品の購入にGCOX上でユーザーが利用できるようになるといったブロックチェーンプラットフォームtGCOのアンバサダーも務めている。

このGCOXでは、トークンを有名人に関連させて作ることで、権威に裏付けられた状態での有名人の人気度指数を作ろうとしている。

そして、このプラットフォームにトークンを公開することが、セレブの人気度を客観的に表すことに繋がるとしている。

パッキャオ氏のトークンでは、ボクシングのジャケットやグローブの購入などができるようになるという。

有名人とICO

ボクシング界のレジェンドが仮想通貨に関わるといった事例は、これまでもメイウェザー氏がいくつかのICOをプロモーションしていたことや、ホリフィールド氏がICOの支援者についていたことなどが知られている。

ただしこの時、ホリフィールド氏の携わったICOはのちにアメリカ証券取引委員会から停止の命令を受けていた。

パッキャオ氏も今年のはじめには、フィリピン基盤の仮想通貨GR8のICOのプロモーションを行うなどしていた。

パッキャオ氏のトークン発行と同時進行で、GCOXはアメリカの有名歌手であるジェイソンデルーロ氏とイギリス人でサッカー界のレジェンドであるマイケルオーウェン氏の仮想通貨の発行も計画している。

Entrepreneur Philippinesの報じたところによれば、パッキャオ氏は非公開ではあるが多額の投資をGCOXに行なっており、またGCOXのホームページではマイケルオーウェン氏も出資者であるという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加