仮想通貨イーサリアムのハードフォーク『コンスタンチノープル』が来年1月に延期

イーサリアムのハードフォークが延期
今年11月に予定されていたイーサリアムのハードフォーク「コンスタンチノープル」が来年1月まで延期されることが開発者会議で決定された。性能の向上やトランザクションコスト削減のため全4回に渡るハードフォークが予定されており、「コンスタンチノープル」は第3段階の一部となるはずだった。

コンスタンチノープルの延期が決定

イーサリアムの開発者たちは、10月19日に行われたLivestream上の会議において、「Constantinople(コンスタンチノープル)」の延期を正式決定した。

「コンスタンチノープル」は、イーサリアムが予定している4段階のハードフォークのうちの3段階目を構成する。当初の予定では、今年11月に完了する見込みであったが、開発者たちがバグを発見し、動作が止まるなどしたため、延期に踏み切った。

イーサリアムの開発者たちは、ハードフォークのためのテストネット上でバグを発見した。「コンスタンチノープル」実装のための条件である4,230,000個目のブロックを目前にした4,229,999個目のブロックで動作が止まり、取引などの記録が出来なくなるなどのトラブルが発生したという。

開発者の一人である「Afri Schoedon(@5chdn)」氏は、Livestream上の会議に先立ちツイッターで「「コンスタンチノープル」は2018年内にはないでしょう。調査が必要です。」とのコメントを書いていた。

なお、Livestream会議の様子は、YouTube上でも公開されている。

イーサリアムのハードフォーク

イーサリアムはブロックチェーンをベースにしたネットワークで、ビットコインのような通貨(BTC)の取引記録だけでなく、より複雑な契約等も記録できる。

イーサリアムは2015年のリリース以来、ネットワークの改良アップデートに関するロードマップを公開しており、今回延期が決定された「コンスタンチノープル」は、その第3段階の一部となる。

第1段階の「Frontier」と第2段階の「Homestead」は既に完了しており、残るは第3段階の「Metropolis」と第4段階の「Serenity」となっている。第3段階のうち、前半にあたる「Byzantium(ビザンティウム)」は2017年10月に完了済みで、「コンスタンチノープル」は第3段階の後半を構成するはずだった。

今後の予定

今回の「コンスタンチノープル」の延期により、イーサリアムの他のプロジェクトにも影響が出るとみられる。

「コンスタンチノープル」後に予定されていたProgPow(ASICマイナーによるマイニング寡占を減らす施策)が、延期により「コンスタンチノープル」に間に合う可能性も出てきた。

イーサリアム財団のMartin Holste Swende氏は、コインデスク社の取材に対し、「コンスタンチノープルが来年1月か2月になるのであれば、ProgPowをそれに間に合わせるように努力する」と答えている。

一方、今回の延期に伴う新たな日程については確認できておらず、今後イーサリアム開発者たちの動向に注意が必要だ。

ハードフォークとは

イーサリアムの場合ハードフォークとは、ネットワークの仕様の改善変更のこと。

例外はあるものの、イーサリアムのハードフォークは、ビットコインのハードフォークのように通貨の分裂には至らず、開発者たちの合意に基づき改善されるプロジェクトのようになっている。

(2016年にイーサリアムのプラットフォームを利用した「The Dao」というサービスがハッキング被害に遭い、イーサリアムが盗難された。イーサリアムを失った利用者たちの救済のため、イーサリアム開発者たちの合意に基づき、盗難前の状態までブロックチェーンをさかのぼらせ、新たな通貨「イーサリアムクラシック」を生み出したことがある。)

仮想通貨 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?
イーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨 THE DAO事件によりイーサリアムというプラットホームから分裂して誕生しまし...

イーサリアムのハードフォーク一覧(予定含む)

イーサリアムハードフォークの計画は、以下の通り。

第1段階:Frontier

(2015年7月)

バグ修正、スマートコントラクト試験

第2段階:Homestead

(2016年2月)

マイニング難易度調整、トランザクション処理速度改善

第3段階:Metropolis

ByzantiumとConstantinopleの2部構成
3-1:Byzantium

(2017年10月):

Proof of WorkからProof of Stakeへの変更準備

3-2:Constantinople

(2019年1月予定)

データ保存のコストを変更しスマートコントラクト開発者に有利にする変更、オフチェーンでの取引記録によりスケーリング問題を解決する等の変更等に加え、ASICマイナーによる寡占防止策なども今回の延期により盛り込まれる可能性あり。

第4段階:Serenity

(時期未定)

Proof of WorkからProof of Stakeへの変更完了

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアムのショート激減、底打ちを示唆:Genesis Global Trading調査
仮想通貨イーサリアムの価格が年初来安値を大幅更新した今年9月、価格下落を見込んだETHの借入が全体の4%にまで減少、機関によるETHショートの関心低下と相場の底打ちを示唆している。
イーサリアム チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
イーサリアム(Ethereum/ETH)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、イーサリアムとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加