CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーン情報発信を危惧|中国政府が関連企業にユーザー情報の収集を命令

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国ネット検閲当局、ブロックチェーン関連業者にユーザー情報の取得を命令
中国ネット検閲当局の新たな規制素案が発表された。これを受け、中国国内で事業を行うブロックチェーン関連業者は、ユーザーの本人情報を収集・保存し、検閲に応ねばならなくなるという。
ブロックチェーンは中国政府の敵か味方か
今回の規制は、北京大学が揉み消しを図ったセクハラ問題について、その公開書簡がイーサリアム・ブロックチェーンに永久保存された事件を発端にするとされる。中国政府は仮想通貨取引を規制するなど、ブロックチェーン関連技術の拡散で国民を管理できなくなるのを恐れる一方、自身の技術開発には熱心である。

中国ネット検閲当局、ブロックチェーン業者からユーザー情報を取集

中国のインターネット検閲当局(Cyberspace Administration of China)は、新規制の素案を先日発表した。

この規制を受け、中国で事業を行うブロックチェーン関連の情報サービス業者は、本名・国民識別番号を含むユーザー情報を今後収集・保存し、当局による検閲に応えなければならなくなるという。

つまり、ブロックチェーン化によってもたらされる政府管理下から外れてしまう可能性を危惧する動きが強まった可能性がある。

ご存知の通り、ブロックチェーン上に保存された情報は「編集・消去不可能」という特性を持っている。

当局によるユーザーデータの管理が困難になるため、そもそもブロックチェーンの特性は中国の法律と相いれないのだと北京在住の弁護士Xu Kai氏が自身のコラムで指摘した。

情報を分散させるブロックチェーンは、中国政府の好む中央集権とは真逆の立ち位置にあり、禁止した仮想通貨だけでなく、ブロックチェーンとの向き合い方がどのように確立されていくかに注目が集まっている。

ブロックチェーンを使った情報発信への恐れ

今回の規制背景にも、ブロックチェーン技術の普及により国民を管理できなくなることへの恐れがあるようだ。

今年4月、この規制の発端とみられる象徴的な出来事があった。北京大学でのセクシャルハラスメントが揉み消しを図られたのに対し、当事者の発信した書簡がイーサリアム・ブロックチェーン上へ永遠に保存されたのだ。

被害者のYue Xin氏はハラスメントを告発したことで大学側から自身や家族に脅迫を受け、これを公開した書簡がWeChatやWeiboなどの中国内SNSで拡散された。

しかし、SNS上の書簡データが次々に検閲を受け削除されたことを受けて、誰かがイーサリアム取引のメモとして添付する形でブロックチェーン上に永久保存したのである。

香港ビットコイン協会の会長Leonhard Weese氏は、イーサリアム・ブロックチェーン上への保存された書簡を読むには手間がかかるため、象徴的ではあるがメッセージの拡散には適さないと指摘するものの、米国発の「Steemit」などブロックチェーン技術を導入されたSNSは既に登場しており、中華圏でも香港で「Matters」が招待者に限定公開されており、その動きは加速している。

つまり、ブロックチェーン技術の登場により、中国政府が国民の情報発信を検閲管理できなくなる日が近付いているのだ。

だからこそ、中国政府はブロックチェーン関連の情報サービス業者からユーザーの個人情報を収集へと動いている可能性が指摘されている格好だ。

中国政府にとって、ブロックチェーンは毒か薬か

この「編集・消去不可能」という特性を上手く活用して、中国政府の検閲や管理から逃れようとする気運を以前にご紹介したことがある。

中国政府は、国家規模の「社会信用システム」を2020年に導入し、国民一人ずつのオンライン・オフライン行動を監視・評価しようとしている。

極端な「監視社会の到来」を危ぶむ声が上がる一方で、中国政府がブロックチェーンを「社会信用システム」に導入するのを期待する人々もいる。

この導入がブロックチェーン普及の引き金となり、周り巡って情報分散化が進んで中央集権が弱まることを期待しているのだ。

実際、中国政府は国民がブロックチェーンや暗号通貨を利用することを制限しながらも、自身の技術開発には熱心であり、その動きは世界的にもかなり進んでいる。

例えば暗号通貨取引は中国内で規制の対象であり、国内取引所の閉鎖が繰り返されてきた。

また今年8月、中国人投資家に仮想通貨取引サービスを提供する国外124の取引所とのアクセスを遮断する意向が示されたこともお伝えした通りだ。

一方で、中央銀行である中国人民銀行(PBoC)のデジタル通貨研究所がブロックチェーン関連や暗号理論の技術を持った人材を募集し、法定通貨に裏付けられた仮想通貨プラットフォームの開発を目指していることも明らかになった。

また国内企業のブロックチェーン関連特許申請も米国と並んで世界屈指の登録数を有していることも有名だ。

このように、ブロックチェーンや暗号通貨技術は、中国の自益にも大きくつながることが期待されていることで大きく動いている現状があるが、一方で国民管理を難しくする。

まさに中国政府にとっては諸刃の剣であり、ちぐはぐな態度は今後も続くだろう。

CoinPostの関連記事

仮想通貨禁止の中国でビットコインのみで生活するドキュメンタリーが反響を集める
仮想通貨が厳しく禁止されている中国で、とある女性が21日間、0.21BTC(約15万円)だけで生活するという挑戦が中国のドキュメンタリー番組で行われている。その中で仮想通貨コミュニティ内で大きな助け合いがあった。
中国InVault:「禁止令」をかい潜り、仮想通貨資産管理サービス提供へ
中国の金融および市場規制当局は最近、国内の仮想通貨に対する弾圧を強化したにも関わらず、中国の仮想通貨企業は、オフショアから中国の投資家にサービスを提供し続けている。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧