CoinPostで今最も読まれています

SBIとチリーズ、スポーツファントークンで提携 日本市場展開で合弁会社設立へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIとChilizが戦略的提携

SBIデジタルアセットホールディングス株式会社は9日、スポーツやエンターテインメント向けブロックチェーンプロバイダーであるChilizとの戦略的パートナーシップに関する基本合意を締結したと発表した。

両社は日本で合弁会社の設立を検討しており、新会社を通じて日本のファンがアーセナルやACミランといったお気に入りのクラブのファントークンを購入・取引できるようになるという。

日本のスポーツファンは各ファントークンを保有することで、ファン中心の意思決定に参加したり、独占的な特典を得たり、グローバルなコミュニティで仲間とつながるといったユニークな機会を得ることが可能となる計画だ。

これらのトークンの保有者は、コミュニティ向けの意思決定機会に参加したり、独占的な報酬を手に入れたり、グローバルコミュニティの仲間とつながったりするためのユニークな機会を得られる。

Chilizはスポーツやエンターテインメント分野でブロックチェーン技術を活用するファン向けプラットフォーム「Socios.com」を運営。欧州サッカーリーグやNFLなど世界各地のパートナースポーツ組織と連携し70種類以上のファントークンを発行している。

出典:Binance

世界的に有名なトップサッカークラブ、マンチェスターシティ、FCバルセロナ、インテル・ミラノ、パリ・サンジェルマンなどもファントークンを発行。暗号資産(仮想通貨)CHZは、「Socios.com」や「Chiliz Exchange」の決済に使用される。

同サービスのユーザー数は200万人を超え、ファントークンの取引高は24時間で3億ドルを超えることもある。Chilizのトークンは、21の暗号資産取引所に上場されており、その中には世界最大級のプラットフォームも含まれている。

関連:「スポーツブランドとファンエコシステムの変革へ」チリーズCEOが講演|WebX

Chiliz Chainのノードオペレーターにも参画へ

Chilizは合弁会社設立後、事業と顧客をグローバルネットワークとスムーズに接続する体制を整備する予定であり、約5,000万を超える顧客基盤を持つSBIグループの支援の下、日本のファンはグローバルなファンコミュニティへのアクセスが可能になる見通しだ。

SBIデジタルアセットホールディングスは、SBI Digital Markets、AsiaNext、SBI Zodia Custody、SBI Security Solutions、SBI DigiTrustなどの主要子会社を通じて、デジタルアセット(証券および暗号通貨)の発行、流通、アドバイザリー、保管、上場などをカバーするエコシステムを構築し、機関投資家向けのテクノロジーを活用した新たな市場づくりを目指している。

今回の合弁会社設立に加え、SBIデジタルアセットホールディングスはChiliz Chainのノードオペレーターとしても参加し、ChilizのWeb3エコシステムのガバナンスにおいて重要な役割を果たすことも期待されている。Chiliz Chainは、スポーツやエンターテインメント向けの主要なブロックチェーンプロトコルであり、コミュニティがスポーツファンやエンターテインメントブランド向けのWeb3ベースの製品、サービス、体験を開発できるプラットフォームとして注目されている。

関連:ブロックチェーン企業Socios.com、米NFLの13チームと提携へ

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 木曜日
17:02
JASMYの買い方とおすすめ取引所 ジャスミー投資の始め方を詳しく解説
暗号資産(仮想通貨)ジャスミー(JASMY)の購入方法を初心者向けに徹底解説。おすすめの取引所や購入手順、手数料、注意点。価格動向や将来性まで、ジャスミー投資を多角的にご案内。
15:00
IVVY(アイビー)のライブで実証へ 三井物産・アニモカなどWeb3ロイヤリティプログラム導入
アニモカブランズ、日本コロムビア、三井物産がIVVYのライブイベントでWeb3技術を活用した新ロイヤリティプログラムのPoCを開始。A-Team group A-LIGHT(エーライツ) 所属、IVVY(アイビー)のライブで実証。ファン行動データを可視化し、NFTによる収益源多様化を目指す。
14:30
米バイデン氏、仮想通貨業界に接近の姿勢か 大統領選控え
米バイデン大統領の陣営は再選を目指す中で仮想通貨業界に助言を求め始めていると伝えられる。トランプ氏の動きなどを踏まえているとみられる。
13:40
米資産運用大手Vanguard、イーサリアムETFも提供しない方針
米資産運用大手Vanguardは、23日に承認された イーサリアムの現物ETFに関して、ビットコインETFと同じく同社では提供しない方針を明らかにした。 
11:50
SingularityNET、Fetch.aiらAI連合(ASI)へ統合 6月13日
SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocolの合併が6月13日に完了し、暗号資産(仮想通貨)ASIに、トークンが統一される。AI業界の分散型ネットワーク構築を目指し、戦略的協力者も迎える予定。
11:15
ブラックロックがS-1申請修正、イーサリアム現物ETF実現近づくか
ブラックロックは仮想通貨イーサリアムの現物ETFの申請で新たに更新したS-1登録届出書をSECへ提出した。一方、6月に承認される可能性は現時点ではまだ薄いとみなされている。
10:45
米ジェミナイ、「Gemini Earn」ユーザーに3300億円の仮想通貨を返済
米仮想通貨取引所ジェミナイは、利回りサービス「Gemini Earn」ユーザーに、総額3,300億円相当の仮想通貨を現物で返却したと発表した。
10:05
アルゼンチン大統領、サム・アルトマン氏と会談
アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」のサム・アルトマン氏らと会談。話した内容も明らかになっている。
10:00
『暗号資産もゼロ革命』ビットポイントがすべての手数料無料化へ
暗号資産(仮想通貨)のステーキングサービスを提供している全ての銘柄で利回り国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)。「暗号資産もゼロ革命」と題して、日本円の出金手数料を無料化しました。
07:40
ニューヨーク証券取引所、ビットコインオプション商品を計画 CoinDeskと提携で
NYSEは仮想通貨メディアCoinDeskと協業しコインデスク・ビットコイン価格指数に連動する現金決済インデックス・オプションを開発していると発表した。
07:15
「BTC長期保有者は買い集め傾向に」Glassnode
仮想通貨ビットコインの長期保有者は買い集め傾向に転換したとGlassnodeが週次レポートで指摘。また、イーサリアムのパフォーマンス分析も行っている。
06:25
マスターカード、P2Pの仮想通貨送金ネットワークを開始
マスターカードの仮想通貨のユーザーは一般的に長くて複雑なブロックチェーンのアドレスではなく、Mastercard Crypto Credentialのエイリアスを使用して送受信できるようになる。
06:05
ロビンフッド、欧州で仮想通貨JUPとW新規上場
米大手仮想通貨・株投資アプリ ロビンフッド・マーケッツは29日、ヨーロッパの顧客向けに2つの仮想通貨銘柄の新規上場を発表した。
05:55
PayPalステーブルコインPYUSD、ソラナでローンチ
ペイパルのPayPal USDはソラナで利用可能になった。ペイパルの信頼できるステーブルコイン製品にソラナネットワークのスピーディーな最終処理と低コストがもたらされ、ユーザーや開発者は数秒で決済される低コストの支払いを体験できるようになる。
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア