サンフランシスコとロサンゼルスの名門校を現地取材:ブロックチェーンコミュニティを比較分析!

早稲田大学ブロックチェーンサークルBitBearsが海外名門大学視察
サンフランシスコ/ロサンゼルスに位置する米名門大学にブロックチェーンコミュニティを視察。

2018年9月後半にサンフランシスコとロサンゼルスに訪問し、名門大学のブロックチェーンサークルを中心に各地に点在するブロックチェーンコミュニティを視察し団体関係者と交流を図ってきた早稲田ブロックチェーン研究開発団体のBitBearsがその視察レポート記事を要約。

普段から海外のブロックチェーンスタートアップやプロジェクトをチェックされている方でもなかなか耳に入らない学生団体の動向を実際にBitBearsスタッフが目で見てきたレポート記事は必見です。

ロサンゼルス編

ロサンゼルスにある、名門大学南カリフォルニア大学、カリフォルニア工科大学、LA全体を巻き込み多様なコラボレーションを実現させる一大コミュニティ、LA BLockchain Lab – を取材。

南カリフォルニア大学 – 名門大学アカデミアのリソースをフル活用!

UCLAと並びロサンゼルスを代表する名門大学の南カリフォルニア大学。広々としていてとても綺麗なキャンパスにて私たちがお会いしたのは、IoT×ブロックチェーン技術を専門に研究するポスドクのGowri Sankar Ramachandran氏です。

南カリフォルニア大学のブロックチェーンコミュニティの特色は、各学部にGowri氏のようにブロックチェーン技術×それぞれの専門分野という形で研究を進める専門家が数多く存在することです。

例えばサプライチェーン、データベース、法律、ワイアレスネットワークなどを専門に研究しどのようにそれぞれの分野にブロックチェーン技術を応用できるか研究し論文を書いているそうです。

そんな専門家たちが週に一度集まって論文を一緒に読み実装した際の細かい技術的な問題について議論を行う個人的な勉強会から活動をスタートさせたそうです。

今では初心者編と上級者編に分かれた二つの学部生向けブロックチェーン授業を開講されていたり、学部のブロックチェーンサークル(Trojan Blockchain Society)のためにゲストスピーカーをよんでミートアップを開催したり、Gowri氏と専属の教授はすでに4〜5本論文を発表されていたりと、アカデミックな活動を中心にとても熱心に活動されていました。

すでにブロックチェーンの技術を日々研究する教授を沢山巻き込んで学部の生徒たちに質の高い教育を提供できるのは名門大学ならではのリソースの使い方だと納得しました。

公式ホームページは こちら

カリフォルニア工科大学 – ギークが集まるエンジニアリングの最高峰!?

東はMIT(マサチューセッツ工科大学)、西はCaltech(カリファルニア工科大学)と工科大学ライバル対決が有名な、西海岸を代表する工科大学のカリフォルニア工科大学。

代表のAustin Liu氏がCaltech Blockchain Clubというブロックチェーンサークルを発足したのは今年の5月とまだできて日は浅いサークルでしたが、さすがは名門工科大学!6月には卒業生コネクションを使い、Ethereum FoundationからコアリサーチャーのVirgil Griffith氏をお招きし、暗号学が最先端研究で抱えている課題や分散型システムついて登壇してもらったそうです。

これからも工科大学らしくハッカソンやブートキャンプなど暗号学やデベロッピングに特化してサークル活動を進めていくと代表のAustin氏は仰っていました。

公式ホームページは こちら

LA BLockchain Lab – LA全体を巻き込み多様なコラボレーションを実現させる一大コミュニティ

出典;BitBears

LA Blockchain Labは代表のHeidi Peaseさんのリードにより、LAに存在するUCLA、南カリフォルニア大学、カリフォルニア工科大学、UCアーバインなどの名門大学、スタートアップ、投資家、大企業、政府、NPOなど沢山の関係者を巻き込みコラボレーションプロジェクトを企画するLAの一大コミュニティです。

かつてはICOプロジェクトの集まるコミュニティとして名を馳せていたLAですが、エンジニアインターンやリサーチなど実務経験を積める機会を学生に提供したり、学生による学生のためのブロックチェーンコースを各大学にて開講するプロジェクトを進めたりと、「ブロックチェーン界の未来を担うデベロッパーやこれからブロックチェーン界で活躍していくリーダーを育てる」ことに注力しているそうです。

ファウンディングパートナーとしてはPanasonicも付いています。

公式ホームページは こちら

サンフランシスコ編

サンフランシスコに位置する名門校、UCバークレー、スタンフォード大学を取材。

UCバークレー – 実態はコンサルティングファーム!?サークルを超えたパワフルな一大エリート組織

Blockchain at Berkeley、略してB@B(バッブ)。

皆さんはこの名前を聞いたことがありますか?早稲田ブロックチェーン研究開発団体BitBearsが今回アメリカの西海岸までわざわざアメリカのブロックチェーンコミュニティを見に行きたいとこのプロジェクトを始動させたのは「UCバークレーのブロックチェーンサークルはどうもすごいらしい!」と彼らの噂を聞いたことがきっかけでした。

ネットで公式ホームページを閲覧し活動日の多さや活動内容の幅広さに驚いた瞬間を今でも覚えています。

実際に彼らを訪ねて視察しに行った日はちょうど “Clubsensus”という月に一回の組織運営についての幹部会議があった日で、また今年度が始まってから初めて一同が集まるクラブオリエンテーションの日でした。

まず今年度の幹部16人の発表から始まり、デザインチーム、内部管理チーム、エジュケーションチーム、R&Dチーム、対外管理チーム、コンサルティングチームなど沢山の部門で構成された強固な一大組織図や大企業を相手にしたコンサルティングプロジェクト、UCバークレーの大学自体と協力して作り上げたオンラインコースの教育プロジェクト、内部スタートアップのようなデベロッピングプロジェクトなど様々な活動内容についての説明を実際にその場に参加して聞くことができ、圧倒されました。

また、今後は大人数の多様な学生コミュニティというより、組織としてのブランディングを意識した少数精鋭のエリート組織にしていくということで、入部する際にオンライン試験や面接・グループディスカッションなど何段階にも及ぶ試験がある点も特徴的でした。

公式ホームページは こちら

スタンフォード大学 – ライバル校UCバークレーとは対照的な起業家精神旺盛なオープンコミュニティ

最後に紹介するのは、シリコンバレーのライバル校としてUCバークレーと同じくらい、もしくはそれ以上にその名を轟かす名門校、スタンフォード大学のStanford Blockchain Collectiveという学生団体です。

幹部として団体を支えるVince McPhillip氏とお会いし、キャンパス内をツアーしてもらいながらどのような団体か詳しくお話を伺ってきました。

幹部の役職や部門などが階層構造的に組織化され、法人のように収益もあげながら運営されているUCバークレーのBlockchain at Berkeleyとは対照的に、スタンフォード大学ではプロジェクトを回す個人個人が集まるオープンコミュニティ、”Collective” として団体を運営していると仰っていました。

スタンフォードは起業家が自ら育ち成長して巣立っていく大学だということを強く強調し、「シリコンバレーのブロックチェーン業界でイニシアチブを取るのであればコンサルティングなどで誰かのために働くのではなく、自分でプロジェクトを回しいずれは起業すればいい。

そのようなことを応援していけるような、ブロックチェーンを学びたい人が集まり情報共有できる場を提供できる誰でもウェルカムなコミュニティとしてずっと存続させていきたい」そうです。

ブロックチェーンの学生団体らしく組織運営的にも非中央集権で自律的なホラクラシー運営を意識されているそうです。

また、大企業に対してのコンサルティング活動などや、そこから得られるスポンサーシップなどにも『タダでもらえるものは無い。』と企業の色が付く点を懸念し、フラットな組織として維持していくスタンスを取っている彼らとしては懐疑的に思っているようでした。

BitBearsをはじめとした日本ブロックチェーンコミュニティ

出典;BitBears

今回はBitBearsが自ら企画し、海外の学生コミュニティを訪問。様々な方々にお会いし取材したレポートとなります。

日本のブロックチェーンサークルの中でも毎週熱心に活動をしているの一つとなります。

他大学の方々も毎週の勉強会に参加もできるそうなのでぜひご興味がある方参加して見てはいかがでしょうか?

また、日本でも Cryptoage と呼ばれるブロックチェーン・クリプトエコノミー領域の情報を共有、未来を考察する新しいコミュニティがあります。

オフラインでの勉強会やMeetupなども企画しており、毎回非常に話しやすいコミュニティです。

CoinPost イベントページよりCryptoage主催のイベントも公開していますのでまずは足を運んでいただけたらと思います。

CoinPostからもこうした学生メインコミュニティが今後の日本ブロックチェーン業界を盛り上げている現状を取材していきたいと思います。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します