CoinPostで今最も読まれています

世界最大級投資仲介プラットフォームeToroに仮想通貨バイナンスコインが上場|初の法定通貨取引が可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)がeToroに上場
大手ソーシャル投資仲介プラットフォームのeToroが本日、世界最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の独自通貨であるバイナンスコインを同プラットフォームへ上場させたと公式に発表。話題が途切れないバイナンスは企業提携やBNB普及の歩幅を止めない。
eToro(イートロ)とは
イートロは、FXや株取引、商品取引・仮想通貨等を差金決済取引 (CFD) 取引形態で提供するオンライン専用の投資仲介企業である。SNSトレードとしては世界最大級であり、主にヨーロッパとオーストラリアで業務を行なっている。 なお、イートロの最大の特徴として、ユーザーの判断で、優秀なトレーダーの売買をコピーして投資することもできる。また、そのユーザーが他人から優れたトレーダーと判断されれば、他人からコピーされて条件に応じた報酬を受け取ることもできるという。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

eToroがBNB・法定通貨ペアを追加

大手ソーシャル投資仲介プラットフォームのeToroは本日、世界最大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の独自通貨=BNB(バイナンスコイン)を仮想通貨プラットフォームへ上場させたと公式に発表した。

eToroは2014年にビットコインの先物取引を提供しはじめて以来、今回のBNBも加え、計13種類の仮想通貨が、仮想通貨/法定通貨、仮想通貨/仮想通貨のペアで取引されている。

なお本稿執筆現在、eToroは日本とアメリカではサービスを提供していない

  • BTC
  • ETH
  • BCH
  • XRP
  • DASH
  • LTC
  • ETC
  • ADA
  • MIOTA
  • XLM
  • EOS
  • NEO
  • BNB

バイナンスコイン上場の重要性

今まで、仮想通貨バイナンスコインは世界最大級の仮想通貨取引所の一つであるバイナンスでのみ扱われ、主に、取引手数料の割引特典や取引の基軸ペアとして利用されていた。

eToroのマネジングディレクターの一人であるGuy Hirsch氏は、仮想通貨メディアCCNとの取材にて、今回のバイナンスとの提携決定について、以下の様に述べた。

eToroは、明白なユースケース(使用事例)があるプロダクトと透明性のある商品開発ロードマップがある仮想通貨のみを上場させている。バイナンスチームは新しいエコシステムを構築するために革新的なインフラを構築しているので、この市場における需要は高いと考えている。

そして、バイナンスのCEOであるCZ氏もeToroによる上場に対し、以下のように喜びを示した。

我々は、バイナンスコインがeToroに選ばれたことを光栄に思っている。今回の上場により、BNBはこれからもより多くの(伝統金融に馴染みのある)人へ届くだろう。

バイナンスコインの普及

バイナンスは以前から、オーストラリアの決済専門スタートアップTravelbybitにおよそ2億8千万円を出資するなど、バイナンスコインによる決済手段を拡大することに注力していた。

また、先月シンガポールで開かれたConsensusカンファレンス内でCZ氏は、一年後には法定通貨も取引可能の取引所を世界に5~10設立する目標を発表している。

これに加えて、eToroによるBNB取引提供は、現物の取引ではないものの、今まで無かった法定通貨ペアの取引により,今後バイナンスコインに対する認識の増加と、現物に対する需要の増加が期待されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被災地支援の寄付内容を公開
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが今夏行なった西日本豪雨被災地支援を目的とした募金活動について報告書を発表。ビックカメラ、広島県呉市やももたろう基金などが総額約5670万円分の寄付金支払いを仮想通貨で受けた。
2019年中に全大陸に2取引所を開設予定:世界最大取引所バイナンスの目指す先
9月19日、20日にかけて行われたCoinDesk Consensus Singapore 2018に仮想通貨取引所Binance CEOのCZ氏が登壇し、来年の今頃までに法定通貨と仮想通貨の取引を可能にする5~10つの取引所の設立を検討していることを明らかにした。先日発表された法定通貨シンガポールドルと仮想通貨の取引所もその計画の第一歩であるとされている。CZ氏は、その法定通貨と仮想通貨の取引所を開設して行く上で、現地規制局や銀行とのやりとりが大きな課題となっていることを明かした。そして、最終的な目標は分散型取引所の普及であると言及している。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
11:45
FTX「債権者マトリクス」が公開
破綻した仮想通貨取引所FTXの債権者に関する情報が公開された。116ページの債権者マトリクスにアマゾンやゴールドマンサックスなど、有名企業や銀行、有名スポーツ選手名が並び、注目を集めている。
10:20
オランダ中銀、コインベースに4.7億円の罰金
オランダの中央銀行は、仮想通貨取引所コインベースが過去にライセンス登録せずサービスを提供していたとして、約4.7億円の罰金を科した。
09:45
アマゾン、新たなWeb3事業を開始か
アマゾンが新しいデジタル資産事業を開始する可能性が浮上。NFTやブロックチェーンゲームなどに関連したWeb3事業を行う計画だと、仮想通貨メディアBlockworksが報じている。
08:30
gumiなど、Sui基盤のウォレットの5.4億円資金調達を主導
gumiの仮想通貨VC「gumi Cryptos Capital」などはSuiブロックチェーン基盤のウォレット『Ethos Wallet』のシードラウンドを主導した。調達金額は5.4億円だった。
07:55
ムーディーズ、ステーブルコインの評価システムを開発か
格付け会社ムーディーズは、仮想通貨ステーブルコインの評価システムを開発していることがわかった。ブルームバーグの情報筋が、開発の現状や評価付けの概要を説明している。
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
09:45
ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
08:00
米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア