ついに人気イーサリアムウォレットのMetaMaskからモバイルウォレットアプリ誕生

イーサリアムとERC20トークン用のウォレットであるMetaMaskは、先月末開催されたDevConでモバイルウォレットアプリのリリースを発表した。

チェコのプラハで開催されたDevCon4とは、EY、Microsoft、ShapeShift、サタンデール、Blockfolio、Wanxiangなどの有名企業が主催している最大級のイーサリアムカンファレンスだ。

これまでMetaMaskは、グーグルクロームの拡張機能のみしかなかったが、スマートフォン用アプリが出る事で利便性の向上やdApps対応で、これからdAppsのさらなる発展に繋がる事が期待される。

CoinPostの関連記事

イーサリアム企業連合、企業利用を促進する2つの新仕様を発表 Devcon4イベント
イーサリアムブロックチェーンの企業利用を促進するEnterprise Ethereum Allianceは、10月30日からチェコ共和国にて年次イベントDevcon4を開催し、”Client Specification V2”および”Off-Chain Trusted Compute Specification V0.5”と呼ばれる新仕様を発表した。
ERC20トークン:イーサリアム時価総額の60%に達する
様々な要因が重なりERC20トークンがイーサリアムの時価総額の60%に達した。現在ETHの価格は低迷しているが数ヶ月後にはハードフォークを控える。これがきっかけとなり価格回復の可能性も考えられる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します