CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ICOの失敗時に投資額が返却される『リバーシブルICO』をERC20開発者が提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ERC20開発者:新たなICOを提案
イーサリアムのカンファレンス「Devcon4」で、仮想通貨ICOの画期的なスキャム対策を提案した。投資家がスマートコントラクトアドレスにトークンを送り返すことで、投資金を回収することができる。

ERC20開発者:新たなICOを提案

ERC20の開発者Fabian Vogelsteller氏は、リバーシブルICO(RICO)という新たな技術を、プラハ開催のイーサリアムカンファレンス「DevCon4」にて提案した。

この技術が加えられると、投資家はICOから資金をいつでも取り戻すことが可能となる

このように投資家を保護する機能が加えられることにより、詐欺の減少が期待される。

ERC20トークンはICOを通じて仮想通貨を立ち上げる際、簡単、安全、効率的で最も人気を誇る。

スマートコントラクトはERC20で作られ、投資家はETHをスマートコントラクトに送りトークンを受け取る。

この技術により過去2年間で約2.2兆円の資金が集まり、一時期は仮想通貨業界全体でブームとなっていた。

しかしICOプロジェクトの内、かなりの割合で約束が守られず、またスキャムであるもの数多く存在した。

Vogelsteller氏は、その点に関して以下のように述べている。

ERC20より優れたものを作れば、スキャムのICOプロジェクトを成功させることがはるかに難しくなり、その数も減るため、何かより良いアイデアを考えなければという思いに駆られている。

今回提案されたRICOを利用すれば、いつでもスマートコントラクト・アドレスにトークンを送り返し、投資したETHを取り戻すことができる。

この新たなICOは、プロジェクトが失敗に終わると集めた資金を返却する仕組みのため、プロジェクト側は、約束を守ろうとするインセンティブが与えられ、投資家の誤った投資を避けることができるとしている。

Vogelsteller氏は

投資した資金をいつでも引き出すことができ、そのためにはトークンを送り返すだけでいい。

これによりコミュニティとプロジェクトとのバランスを取り戻すことができる。

これは非常に大事なことだと思う。

と発言している。

RICOが実施されれば、今のICOよりはるかに透明性が増すと考えられる。

メリットを享受するのはプロジェクトの出資者だけではない。

ブロジェクト側は、プロジェクトが失敗に終わると自動的に資金が返却されるため、法的な争いに発展する可能性が低い。

ただRICOの不透明な側面は、どのように資金を調達する企業と投資家の安全のバランスを保つかという点だ。

投資家の安全に100%焦点を当て設計をすると、資金調達したETHに手をつけられなくなることが予想される。

このように、課題はあるものの今回提案されたアイデアに期待が高まっている。

問題が散見される現行のICOに革新をもたらすのだろうか。

CoinPostの関連記事

ドイツ金融規制機関『個人投資家はICOに手を出すべきではない』|国際的な仮想通貨規制の必要性を強調
ドイツの公式金融機関である連邦金融監督庁の代表を務めるFelix Hufel氏がICOの危険性を指摘しながら、ICOに関する国際的な規制基準の必要性を訴えた。
調達金額が巨額な仮想通貨ICOほど、その後の収益性が少ない傾向|新たな調査結果
仮想通貨・ブロックチェーン投資ファンド企業Primitiveによる調査結果は、調達金額の大きいICOは投資家の収益性の減少に直結しているのではないかと示唆。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧