米NASDAQ、仮想通貨取引所に技術提供を検討|市場操作リスクなどに対応

NASDAQが仮想通貨取引所に可能性を見出す
世界最高峰の証券取引所の一つであるNASDAQが1日に仮想通貨取引所について言及し、同社の市場監視技術で仮想通貨業界を煩わせる多くの問題を解決できるかもしれないとした。既にジェミナイとSBIバーチャル・カレンシーズがNASDAQの技術を導入している。

NASDAQが仮想通貨取引所に市場監視技術のさらなる提供を検討中

仮想通貨取引所における市場操作などの攻撃やトラブルを改善できると世界最高峰の証券取引所NASDAQが述べたとブルームバーグが報じた。

NASDAQが1日に公開した資料によると、同取引所が開設の1971年以降、培ってきた証券や通貨の取引を監視する独自ツールがトラブルの絶えない仮想通貨取引所における市場操縦など攻撃のリスクを削減できるそうだ。

規制当局やブローカー、そして取引所は全ての取引を監視して、先端技術を駆使してパンプ・アンド・ダンプ、インサイダー取引、仮想売買やスプーフィング攻撃などの違法行為が行われていない事を常にチェックする監視チームを持っている。

このようにNASDAQが仮想通貨市場に欠かせない取引所において同社の独自技術を利用すれば仮想通貨業界を煩わせる市場操縦など、多くの問題を削減できる事を示唆した事が注目を浴びている。

また、既にNASDAQの市場監視技術を採用している仮想通貨取引所もあり、現在では頻繁に取引所から話が来るという。

現在1-2週間に一回はアプローチされる。

しかし多くの企業(仮想通貨取引所)はまだ早いステージにいて、評判が良い訳ではない為、全ての企業と提携をするとは限らない

このようにNASDAQは現在、どの取引所と提携するかに対しては慎重である点を同社の取引監査の責任者を務めるTony Sio氏はインタビューで明かした。

これまでの動き

NASDAQの市場監視技術、通称SMART技術は既にウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所ジェミナイでも利用されている事を4月にNASDAQ社のCEOであるFriedman氏はCNBCとのインタビューで明らかにしていた。

また7月にはSBIバーチャルカレンシーズとその他3つの仮想通貨取引所が既にジェミナイ同様、NASDAQの監査技術を採用している事が明かされ、NASDAQと面会していた事が報道されている。

このように、NASDAQは以前から仮想通貨に対してはオープンな姿勢を見せている。

以前からNASDAQは仮想通貨の将来性を評価しており、今後の課題として市場の未熟さと規制の整備が整っていない事を挙げながら、将来的にはNASDAQが「仮想通貨取引所として仮想通貨業界に参入することを検討する」可能性もあると述べている。

NASDAQ発表の重要性

世界最大級の証券取引市場の監査技術がより多くの仮想通貨取引所に利用されれば、仮想通貨取引所の安全性が保たれるだけではなく、仮想通貨のイメージ向上にもつながる。

現在、SMART技術を既に利用していて名前が出ているのはジェミナイとSBIバーチャル・カレンシーズのみだが両取引所に共通するのは規制に準じている点だ。

ジェミナイはニューヨーク州から同州の銀行法に基づいた銀行業の免許を取得しており、SBIグループの一部である SBIバーチャルカレンシーズは仮想通貨交換業者として登録されている。

しかし仮想通貨取引所の多くはマイナーな仮想通貨を多く扱うものや、Dexといった分散型など多種多様だ。

また多くの仮想通貨取引所は規制に準じていないグレーなものも残念ながら少なくない。

規制に準じていて、ブランドにも定評がある仮想通貨取引所ではニューヨーク州からビットライセンスを取得しているCoinbaseがあるが、今後NASDAQの高いスタンダードに見合う仮想通貨取引所が現れるのかは気になるところだ。

CoinPostの関連記事

世界2位証券取引所ナスダック、『親仮想通貨派』の取引プロバイダーを買収
ナスダックの公式発表によれば、仮想通貨カストディサービス企業と提携中の取引ソリューションズプロバイダーCinnoberを買収、仮想通貨への積極的な姿勢が見受けられる。
ナスダックCEO:将来的に仮想通貨取引所としての参入を検討する
ナスダックのCEOを務めるAdena Friedman氏は、どの程度の時間がかかるかは不明ながら、仮想通貨の将来は確約されていると主張し、市場が充分に成熟したら仮想通貨取引所としての参入も検討すると語りました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加