CoinPostで今最も読まれています

ブラックロックの米国債RWAファンド、4ヶ月で800億円の資金流入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国債のトークン化ファンド

米大手資産運用会社ブラックロックによるトークン化投資ファンド「BUIDL」の時価総額が、8日に5億ドル(約804億円)を超えたことが、Etherscanのデータから明らかになった。

Etherscanはイーサリアム・ネットワークのブロックチェーンエクスプローラ。BUIDLはイーサリアム上で発行されている、現実資産(RWA)である米国債をトークン化したファンドで、3月にローンチされたばかりだ。

BUIDLは総資産の100%を現金、米国債、現先契約に投資し、投資家はブロックチェーン上にトークンを保持しながら利回りを得ることが可能。ファンドの発行はセキュリティトークン(ST)ソリューションを提供する金融サービス会社Securitize(セキュリタイズ)が行い、資産の保管と管理は、米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)が行っている。

BUIDLにはローンチ後、1週間で250億円超(1.6億ドル)、6週間で600億円(3.75億ドル)の資金が流入し、4月末には米資産運用企業フランクリン・テンプルトンが先行提供していたオンチェーン米国政府マネーファンド(BENJI)の規模を凌駕した。

関連:ブラックロックのトークン化ファンド「BUILD」、一週間で240億円超の資金流入を記録

BUIDL急成長の背景

BUIDLが急成長した背景には、機関投資家向けにブロックチェーン対応の投資商品を提供するOndo Finance(ONDO)や、米短期国債を裏付けとするステーブルコイン「USDM」を発行するMountain Protocolなどの分散型金融(DeFi)プロトコルが、利回り商品の準備資産としてBUIDLを使用したことがある。

なお、ブラックロックのファンドを支援することで、Ondo Financeのガバナンストークン「ONDO」も大きな恩恵を受けており、BUIDLのローンチ後、ONDO価格は最大で150%急騰した。

関連ONDOの買い方 米国債ファンドを担保に発行するステーブルコインUSDYの将来性

プライムブローカーによるBUIDL導入も進展を見せている。暗号資産(仮想通貨)ブローカーのFalconXは3月末に、グローバル信用ネットワークのHidden Roadは今月初めに、自社の取引プラットフォームにブラックロックのファンドを統合し、機関投資家がローンやデリバティブポジションの担保資産としてBUIDLトークンの預け入れを可能にした。

さらに米ドルステーブルコイン「USDC」を発行するフィンテック企業サークル(Circle)は4月、曜日や時間に関係なく、BUIDLとUSDCを交換(償還)可能な機能の提供を開始。USDCを利用することで、投資家は安価に迅速にBUIDLを売却することができるようになった。

関連:ブラックロックのRWAファンド、いつでもUSDCと交換可能に

トークン化のメリットと市場

RWAのトークン化はブロックチェーン領域で非常に注目されており、より迅速な24時間決済、運用効率の向上、透明性の向上などのメリットをもたらす可能性が指摘されている。

ブラックロックは、資本市場のインフラに大きな改革をもたらす可能性があるとして、トークン化を推進する戦略を展開している。5月にはBUIDLファンドの発行で提携しているセキュリタイズ社の75億円(4,700万ドル)の資金調達ラウンドを主導し、同社との提携関係を強化した。

関連:ブラックロック、RWAトークン化企業Securitizeの73億円調達を主導

中でも米国債のトークン化商品は、低リスクで安定した利回りを得ることができる手段として、投資家の高い関心を集める商品となり、大きく進展してきた。

トークン化資産の分析プラットフォームrwa.xyzによると、BUIDLを含むトークン化された国債市場は、2023年初めから今月までの1年半で、1億ドル(160億円)から18億ドル(2,898億円)と急成長を遂げている。

特に、今年3月にブラックロックが参入すると、市場は7.5億ドルから18億ドルへと、2.5倍拡大した。米国債トークン化商品の中でブラックロックのBUIDLは、27.6%の市場シェアを占めている。

関連「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測

関連イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧