CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨分析企業、ERC20通貨高騰を例に「弱気相場終了のサイン」を分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨分析企業
9月以降、仮想通貨ビットコインは価格が比較的安定しており、そのボラティリティも以前ほど高くはない。そんな中、仮想通貨BAT、ZRX、MKRのようなERC-20トークンの例から、強気相場は既に始まっているという見解を仮想通貨分析会社Santimentが示した。

上昇相場の到来

ビットコインは、9月初頭にゴールドマンサックスの取引デスク計画一時中止の報道で暴落して以降、現在に至るまでボラティリティが比較的低くなっており、安定した価格帯で推移していることは、最近複数メディアで報じられている通りだ。

そして歴史的に見て、そのような保ち合いを形成する相場の後には、どちらかの方向へ大きな動きがある事例が多くあるが、BinanceのCEOであるCZ氏など、仮想通貨業界にいる重鎮の多くは、年末にかけて価格が上昇する場合が多かったことを理由に、相場に関する懸念感は示していない。

そのような中で、仮想通貨分析会社Santimentは”既に仮想通貨市場が強気相場に突入している”ことを示唆する報告書を公開した。

彼らは、ビットコインやイーサリアムの価格が単調で安定してきていることを指摘する一方で、Basic Attention Token(BAT)、0x(ZRX)、Maker(MKR)を始めとするイーサリアムブロックチェーン上のトークンが、コインベースの上場など、特定のファンダメンタルズ要因によって大きな価格上昇した通貨がある点の重要性を主張した。

その価格上昇が強気相場の到来を示唆している理由として挙げたのは、母体のイーサリアムとの価格相関性の低下、オンチェーンでの取引数の増加、SNSでの話題の増加を挙げた。

イーサリアムとの価格相関性の低下

上記に挙げた仮想通貨BAT、ZRX、MKRといったイーサリアムブロックチェーン基盤のERC-20トークンは、ほとんどの場合、その母体となる仮想通貨イーサリアム(ETH)の価格推移に高い相関性を示していた。

これはイーサリアムだけでなく、最も時価総額の高いビットコインにも多くの通貨が高い連動性を示しているが、特に投資家が離れる時期に当たる停滞相場、また弱気相場にはその動きが顕著にでる傾向がある。

同報告書では、下記の図を見ると分かる通り、10月初旬以降、仮想通貨BATの価格がETHの価格から大幅に乖離を指摘、BATだけでなく、先ほど挙げたZRXやMKRも同様に独自チャートを形成しており、ETH価格との相関性の低下が見受けられるとした。

要するに単独ファンダに反応する通貨がで始めた点を、弱気相場の緩和のサインとして捉えている。

出典:santiment.net

オンチェーン上での取引

また、そのトークンの価格上昇だけでなく、ERC-20トークンにおけるオンチェーンでの取引増加も伴ってきていることに着目した。

下記の図を見て分かる通り、仮想通貨Maker(MKR)は、2018年4月から5月にかけて一度大きな価格上昇を遂げたものの、価格上昇と共にオンチェーン上での活動が活発にはならず、投機面での見方が強いとされていた。

しかし、今回の価格上昇では、オンチェーン上での活動も活性化していることを指摘、プロジェクト自体の健全な成長につながっており長期目線でいい影響があると見えているようだ。

出典:santiment.net

SNSでの話題の増加

最後にSantimentは、仮想通貨関連のSNS上で、トークン別にどれほど話題になっているかを測る”感情分析”を行なった。

ここでも例に挙げられた仮想通貨0x(ZRX)は、10月中旬において非常に大きな関心を集めており、その価格推移以上の話題性があると見られているようだ。

しかし、この異常な注目度の高まりは、短期的な高値を示唆する可能性もある一方で、必要以上の価格上昇を招く原因にもなり得ると指摘した。

相場全体が弱気になる中で、投資家の関心は著しく低下しているが、仮想通貨を代表するビットコインやイーサリアム以外の活発なプロジェクトを伴う通貨に関心が向き始めたことが、強気相場のサインと見ているようだ。

出典:santiment.net

さらに、New Wave CapitalのCEOを務めるCampbell氏も、現在の弱気相場において資金が元祖仮想通貨ビットコインに集まっているものの、一度強気相場に転じれば、大きな成長を遂げるのはアルトコインであると主張した。

仮想通貨取引所Coinbaseも、今後仮想通貨取引ペアを増やしていき、最終的には、数千もの取引ペアを提供する目標を明らかにした。

そして、すでに数多くの取引ペアを提供する仮想通貨取引所BinanceやUpbitも、海外拠点を増やし、今後さらに多くの法定通貨に対応していく方針を固めていることからアルトコイン投資の敷居も下がっていくことが期待されている。

一方で、これら大手取引所は流動性の低下や関心薄となった通貨の上場廃止プロセスも行なっており、個別に仮想通貨を見ていく必要がより顕著にあらわれ始めている。

同報告書の最後は、以下のような文で締めくくられている。

強気相場は既に始まっている。これからは、”いつ”ではなく、”どの通貨”に焦点を当てるべきだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/09 木曜日
17:13
2023年初のビットコインデリバティブ相場をプロが解説|仮想NISHI氏寄稿
2023年以降の暗号資産(仮想通貨)反発の背景は?ビットコイン(BTC)デリバティブ市場を金融のプロが分析。暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が市場動向を解説。
12:55
ドバイの規制当局 匿名性の高い通貨禁止に
アラブ首長国連邦ドバイの仮想通貨規制局は、ビットコインなど仮想通貨関連の規制ガイドラインを発表。匿名通貨を禁止することを盛り込んでいる。
12:44
富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表
IT大手の富士通は、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表した。日本国内で2023年3月から、グローバルには2023年度以降に無償提供を開始する。
12:35
ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰
FRB高官発言や地政学リスクで軟調な米株指数に伴いビットコインが続落した。個別銘柄では、日本発のAstar(ASTR)が一時前日比40%高と急騰した。韓国大手取引所Upbitへの上場が発表された。
11:50
米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道
米大手仮想通貨取引所クラーケンが、米国の顧客に対し未登録の証券を販売した可能性があるとして、米証券取引委員会による捜査が進行中であると、ブルームバーグが報じた。
10:55
米コインベースCEO、仮想通貨ステーキング禁止の噂に警戒
コインベースのブライアン・アームストロングCEOは8日「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂について投稿。3月のイーサリアムShanghaiアップグレードの前に不穏な空気になりうるか。
10:30
米ロビンフッド、仮想通貨取引収益が24%減 4Q決算発表
米投資アプリのロビンフッドは8日、2022年第4四半期(10~12月)の決算報告を発表。仮想通貨取引による収益は、前四半期と比較して24%減少した。
09:25
FTX、内部関係者を証人として召喚へ
破綻した仮想通貨取引所FTXは、サム・バンクマン=フリード前CEOらの内部関係者を証人として召喚できる認可を裁判所から得た。同社に関する重要情報を提供するよう要請することが目的である。
08:05
バイナンスら結成の業界連合、多くの企業が参加表明
バイナンスは、仮想通貨業界の信頼を回復するため、企業連合の結成に取り組んでいる。取引所やブロックチェーン分析企業など、すでに多くの企業が参加を表明しているという。
07:25
ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。グーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。消費者向けAI分野での競争にはマイクロソフトやグーグルの他、アリババなども参戦してきた。
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧