仮想通貨IOTAで進むプロジェクトの躍進|欧州銀行会議にも参加表明

carVerticalでの活用
自動車のIoT化を目指しているスタートアップcarVerticalが、OBD、GPS、IOTA Tangleを組み合わせた先駆的プラットフォームcarVertical.CITYを発表し、その一部としてIOTAが利用される。
IOTA財団の代表がEBCへ参加
IOTA財団の会長Schiener氏が、ヨーロッパの金融、銀行分野で最も重要な会議であるとされるフランクフルト欧州銀行会議に参加することが判明した。

IoT特化型仮想通貨IOTAに新たな使用事例

仮想通貨アイオタ(MIOTA)は、近年着々と注目度が高まってきているIoT(モノのインターネット)に特化した仮想通貨であり、その基盤としてTangleと呼ばれる独自の分散型台帳技術を使用している。

またIOTAの取引は、迅速で、手数料が無料であることもIoTへの活用に向いているとされ、世界有数のテクノロジー企業マイクロソフトや、富士通、フォルクスワーゲンなどと提携を結ぶなど、その普及に向けた取り組みが表面化してきている。

そのようなIOTAで新たな活用事例が先週発表されている。

自動車のIoT化を目指しているリトアニアのスタートアップcarVerticalも公式アカウントを通じて、仮想通貨IOTAを使用したプラットフォームを構築することを発表した。

私たちは、OBD(on-board diagnostics、自動車の自己診断機能)とGPS、IOTA Tangleを組み合わせたcarVertical.CITYと呼ばれる魅力的なプラットフォームを構築した。

このプラットフォームでは、IoTの実用化に焦点を当てており、まず駐車プロセスの自動化を進めて行く。

現存の駐車アプリでは、駐車の際に、マニュアルでそのアプリ操作を行なって駐車料金を払わなければならないため、しばしばその駐車タイマーを止めるのを忘れたまま走り出してしまい、後で気づいて高額な駐車料金を払わなければならない可能性がある。

しかし、このcarVertical社は、Carvertical ODB端末と呼ばれるハードウェアを自動車に取り付け、carVertical.CITYのアプリをダウンロードすることで、GPSや車の自己診断を元に、IOTA Tangleを利用して自動で駐車料金の決済が行うことが可能になる。

支払いは、今年の初めに同社がICOで発行したcV Tokenで行うことが可能だが、その基盤としてIOTA Tangleを利用していることから、将来的には、仮想通貨IOTA(MIOTA)での支払いも開始すると示唆した。

さらに、Carvertical ODB端末はあらゆる自動車に装着可能であることから、世界中での普及も期待されており、将来的には駐車料金の支払いだけでなく、電気自動車の充電スタンドなどでの活用事例等の応用方法も考えられている。

IOTA財団の代表が欧州銀行会議へ参加

また、11月16日に開催されるThe Frankfurt European Banking Congress(フランクフルト欧州銀行会議、以下、フランクフルトEBC)にIOTA財団の会長を務めるDominik Schiener氏(以下、Schiener氏)が参加することが、フランクフルトEBCの公式サイトより明らかになっている。

出典:frankfurt-ebc.com

フランクフルトEBCは、ヨーロッパの銀行業、金融分野において最も重要な議会であるとされており、参加者には、欧州中央銀行(ECB)のフランクフルト支部の責任者Mario Draghi氏や、国際通貨基金(IMF)の金融資本市場部門ディレクターを務めるTobias Adrian氏、ドイツの財務大臣であるOlaf Scholz氏、欧州証券市場監督局(ESMA)の会長を務めるSteven Maijoor氏など、錚々たるメンバーが参加する予定だ。

他にもCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を考案したBythe Master氏も名を連ねるなど、大きな影響力を持つ数々のメンバーの正装の写真が公開されている中で、Schiener氏のみが、公式サイトではTシャツというラフな格好で写っているのが印象的だ。

このように、IOTAが、carVerticalのようなスタートアップに使用され、実用性を高めていき、フランクフルトEBCのような重要な議会でも認知度を高めていくことで、今後IOTAエコシステムがさらに発展していくことが期待されている。

CoinPostの関連記事

富士通:IoT向け仮想通貨技術「IOTA」を新たな標準プロトコルに採用
IOTA財団は24日、公式ツイッターで「富士通はIOTAを新たな標準プロトコルにする準備が整った」と発表。仮想通貨のIOTAは、様々な分野でプロジェクトを推し進めている。
フォルクスワーゲン×IOTA(MIOTA)プロジェクト「Digital CarPass」まもなく公開
フォルクスワーゲンと仮想通貨IOTA(MIOTA)が取り組んでいるプロジェクト「Digital CarPass」は、完成間近となり、まもなく一般向けに公開される予定である様だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら