米大手仮想通貨ファンドCEOが本日「4種のアルトコイン購入」を公表

米大手仮想通貨ファンドのCEOが新たに四つの仮想通貨を購入
米大手仮想通貨企業Digital Currency GroupのCEOを務めるBarry Silbert氏は、全体仮想通貨の急落相場の中、自分自身の仮想通貨ポートフォリオに新たに4つのアルトコインを購入したと公表した。

ファンドCEOがアルトコインを4選

米大手仮想通貨企業Digital Currency Group(Grayscaleインベストや大手メディアCoindeskも傘下企業)のCEOを務めるBarry Silbert氏は、全体仮想通貨の急落相場の中、自分自身の仮想通貨ポートフォリオに新たに4つのアルトコインを加えた事と、ツイッターにて公表した。

  • Ethereum Classic(ETC)
  • Zcash(ZEC)
  • Decentraland(MANA)
  • Horizen(ZEN)

これらの通貨の内ETC・ZEC・ZENといった三つの通貨は、同社の仮想通貨投資ファンドGrayscaleにて取り扱いを行っている。

ビットコインの下落に伴う下降トレンドにおいて、アルトコイン市場の下落率は著しく、将来性を不安視した仮想通貨資産売却に関して言及する有名投資家も出てきていた中での発言ということもあり、意気消沈する仮想通貨市場において嬉しい発言となった。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。大好評につき、登録者5,000名突破しました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン重要ラインでの「逆三尊」形成後の急反発は初、仮想通貨市場の暴落劇を見る専門家の意見
大幅な下落が続く仮想通貨市場だが、ビットコインは今年最安値の39万台を記録後に反発し、45万円台まで回復した。反発時に逆三尊が明確に出たのは初で、11月の暴落劇の中で注目のポイントとなる。
ビットコイン再度急落で底値見えず|仮想通貨市場続落の背景を探る
ビットコイン価格は11月25日早朝、12%以上の急落を記録し、昨年9月以来米ドル建で4000ドルを大きく割った他、仮想通貨市場全体も全面安となり、約1時間半で1兆3千億円以上の時価総額が縮小した。要因と考えられるビットコインキャッシュのハッシュ戦争を考察。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら