ゴールドマンサックス「仮想通貨の継続的な研究と発展」に注力|現時点では法規制面で慎重な姿勢

ゴールドマンサックスの立場を重役が言及
米国の大型銀行であるゴールドマンサックス社のデジタル・アセット部トップが米国27日に開催された大規模仮想通貨カンファレンスに登壇。同社は提供予定の「仮想通貨カストディサービス」に向き合う方針を語るも、ビジネス面での法規制を考慮し、現時点では「カストディ」提供の目処が立っていない事を明らかにした。

ゴールマンサックスの最新動向とは

コインポストの取材チームも参加した、米時間27日、ニューヨークで開催された仮想通貨・ブロックチェーン界隈で最重視されたカンファレンス「コンセンサス・インベスト」の対談にて、米メガバンクのゴールドマンサックス(以下GS社)の「デジタル・アセットマーケット」のトップであるJustin Schmidt氏は現在GS社の仮想通貨に関する動向について、様々な意見を語った。

米時間27日開催された大型仮想通貨カンファレンスでは、現物のカストディを提供する、現在最有力ビットコインETFの申請企業VanEck社や、来年年始に機関投資家向けのカストディと取引デスクの開始を控えている世界金融大手のFidelityも登壇した。

その大手企業と並び、参加した大手銀行のゴールドマンサックス社では、先月米大手仮想通貨カストディ企業BitGoへ巨額出資を発表しているものの、独自のカストディサービスを開設することはないとされていた。

そして、今回の対談にて、Schmidt氏は、ゴールドマンサックスは未だ独自のカストディサービスに関する目処が立っていないとする、以下の様に発言を行なった。

我々のクライアントはこの市場の価格と保管の安全性に関して、興味を示しており、仮想通貨のカストディを提供しているか否かに関しても、よく聞かれるが、今の答えは、『提供していない』と答えている。

まず、ゴールドマンサックスのビジネス戦略として、法的規制の面を考慮しなければならない。

従って、我々から提供できるサービスは限られている。

そして、同氏はこのように機関投資家向けのカストディに関して、発言を続ける。

機関投資家は保守的になる傾向が高いので、カストディのレベルも現状以上に進化していかないといけないのだ。

カストディは、仮想通貨投資において、必要不可欠な基盤サービスであるため、仮想通貨の購入から送金、そして長期にわたる保管にかけて、統合的にすべてのサービスの連結が潤滑に動くことを確保する必要がある。

つまり、カストディサービスだけの問題を解決してからは、今度は取引所におけるハッキングなどの信頼問題にも直面することになるのだ。

その為、我々ゴールドマンサックスとしては、実際のプロダクトとサービスにおける継続的研究と発展を見ていきたい。

なお、過去数カ月間、投機ブームが静まってきたことは仮想通貨のエコシステムにとって健全的な変化であり、また、機関規模のプロダクトとサービスを実際提供している企業を期待している。

ゴールドマンサックスの立場に関して

先月コインポストで報道したように、BitGoへの出資に対して、ゴールドマンサックスの戦略投資部のディレクターを務めるRana Yared氏も、Schmidt氏の様に、カストディの重要性を強調した。

デジタル資産市場への機関投資家のさらなる参入には、安全で、認可されたカストディ・ソリューションが必要不可欠である。

私たちは、BitGoの商品、独自のサービス、運営チームに感銘を受けた。BitGoへの投資は、この重要な市場のインフラの整備に貢献するチャンスだと捉えている。

ゴールドマンサックスが仮想通貨90種類以上対応のカストディ・サービスに出資を敢行
ウォール街メガバンクゴールドマンサックスが仮想通貨90種類以上対応のカストディ・サービスに出資を敢行。 この出資の背景にはゴールドマンがカストディ事業へ本格参入の第一歩として話題となっている。

また当時、GS社のCFOは、CboeとCMEが提供するビットコイン先物の清算機関としてサービスを行なっている一方、現物ビットコインに関しては、「それ非常にチャレンジ的であり、未だ機関規模のカストディ・ソリューションが存在していないため、時間をかけて、それを実現させようとしている」と言及した。

本日明らかになったナスダックによるビットコイン先物の前向きな検討や、VanEck社との仮想通貨インデックスの提携開発、FidelityとBakktの機関レベルのカストディサービスの提供予定から、同じウォール街のメガ金融企業ゴールドマンサックスが直接仮想通貨に関わる追い風になるか、そして同社が今後どのように取り組んでいくか、注意をするべきだと言えるだろう。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。大好評につき、登録者6,000名突破しました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

世界2位の証券取引所ナスダック、BTC先物検討と最重要ビットコインETF企業と提携|仮想通貨関連の最新動向まとめ
米有力誌ブルームバーグが、情報筋によると、世界2位の証券取引所ナスダックは来年の第1四半期にビットコイン先物の取引開始を検討していると報道した。また、最重要ビットコインETF企業とも提携し、仮想通貨インデックスの提携を行うことが明らかになった。
米SEC長官が「ビットコインETF承認・有価証券問題」の必要事項を明確化|仮想通貨リップル(XRP)証券性に関する質問も
米SECの長官を務めるJay Clayton氏は米国27日に開催された大型カンファレンスConsensus Investで登壇し、ビットコインETFや仮想通貨の有価証券問題等について言及したことが注目を集めている。また未だ不透明なままのリップルの証券性についても触れた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します