仮想通貨イーサリアム、来月大型アップグレード実装 コア開発者会議で実行ブロックが決定

イーサリアム:来月ハードフォーク予定|コンスタンティノープル
延期されていたイーサリアムの大型アップグレード【コンスタンティノープル】の実施予定日が合意された。予定日は2019年1月16日水曜日、#7,080,000ブロックがアクティベイション・ポイントと決定。

イーサリアムの【コンスタンティノープル】の実装予定

本日、延期されていた大型アップグレード(分裂しないハードフォーク)「コンスタンティノープル」の実施予定日が発表された。

コンスタンティノープルのメインネットでのハードフォーク予定日は2019年1月16日水曜日(日時は協定世界時(UTC)に準拠)としている。

昨日イーサリアムのコア開発者らにより、1時間半にわたって会議が行われ、その際に「コンスタンティノープル」の実施に関する合意が得られたとのことだ。

出典:GitHub

#7,080,000ブロックがアクティベイション・ポイントとなり、その時点でユーザーは新たなコードにアップグレードするか否かを選択することになる。

イーサリアム・クライアント「パリティ」のリリースマネジャーAfri Schoedon氏も、1月16日頃にアップデートが行われるだろうと述べている。

以前ハードフォーク「コンスタンチノープル」の延期を発表した際に、「コンスタンチノープル」後に予定されていたProgPow(ASICマイナーによるマイニング寡占を減らす施策)が、その延期により「コンスタンチノープル」に間に合う可能性が出てきたとの見方があった。

イーサリアム財団のMartin Holste Swende氏も、コインデスク社の取材に対し、「コンスタンチノープルが来年1月か2月になるのであれば、ProgPowをそれに間に合わせるように努力する」と答えている。

ただその点に関して、同氏は「現時点では、まだ判断に至っていない」とし、後々その点に関して決定するとしている。

従って、今回のアップデートに関して、ProgPowが導入されるかどうかは注目すべき点の一つとなるだろう。

延期されていたハードフォーク

イーサリアムの開発者たちは、10月19日に行われたLivestream上の会議において、「Constantinople(コンスタンチノープル)」の延期を正式決定していた。

「コンスタンチノープル」は、イーサリアムが予定している4段階のハードフォークのうちの3段階目を構成する。

当初の予定では、今年11月に完了する見込みであったが、開発者らはバグを発見し、動作が止まるなどしたため、延期に踏み切った

イーサリアムの開発者らは、ハードフォークのためのテストネット上でバグを発見した。「コンスタンチノープル」実装のための条件である4,230,000個目のブロックを目前にした4,229,999個目のブロックで動作が止まり、取引などの記録が出来なくなるなどのトラブルが発生したという。

Schoedon氏は、Livestream上の会議に先立ちツイッターで「’コンスタンチノープル’は2018年内にはないだろう。調査が必要だ。」とのコメントを書いていた。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

2019年6月に大型アップグレード、『イーサリアム 1.x』の進捗状況まとめ
イーサリアム・バーチャルマシンからeWASMへの移行が予定される「イーサリアム 1.x」の開発が加速している。2019年6月を予定している大型アップデートに向け、4つのチームが問題解決を試みている。
仮想通貨イーサリアムブロックチェーン使用ゲームが「プレステ4」で発売予定
家庭用機で初となるdAppsゲームの発売予定が判明した。ターン制戦略ゲーム「Plague Hunters」は、武器などのゲーム内アイテム(デジタル資産)が、NFTs(代替不可能トークン)と結び付けられる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加