仮想通貨XRP(リップル)、Siriから送金が可能に:音声指示で投げ銭も

仮想通貨XRPが音声指示による送金が可能に
仮想通貨XRPは、Siriへの音声指示による送金が可能となった。投げ銭アプリXRP Tip Botを利用で実現した。

Siriへの音声指示による送金が可能に

リップルの愛好家開発コミュニティの個人デベロッパーにより、アップルのSiriからの仮想通貨XRP送金が可能となった。

XRPの送金プログラムXRP Tip Bot に、この度に開発されたSiriのショートカットキーを組み込むことにより機能する仕組みである。

以下は、今回Siriでの送金の様子を収めた動画。

このように、XRP Tip Botより、Siriに送金先と数量をそれぞれ音声で指示し、送金が可能となる格好だ。

XRP Tip Botとは

XRP Tip Botとは、オランダの開発者Wietse Wind氏によって開発された、XRPを利用する投げ銭アプリである。

仮想通貨リップル(XRP)利用の投げ銭アプリ『XRPTipBot』ダウンロードが開始
仮想通貨リップル(XRP)を利用する投げ銭アプリがGoogle PlayとApp Storeからダウンロードが開始された。QRコードをスキャンするだけで一回で最大20XRPの投げ銭・チップが可能となる。

自身の投げ銭用ページを簡易に設置することができ、すでにReddit、Twitter、DiscordといったSNSで相手がXRP Tip Botを使っているかに関わらず投げ銭はできる。

例えば、Twitterでは、特定の形式のタグを入力するだけでツイートへの投げ銭も可能だ。

また、現在、Google PlayとAppleのApp Storeからダウンロード可能である。

企業向けグローバル決済としての実装事例

これまでに述べた個人間向けのものに加え、XRPの企業向けグローバル決済としての最近の実装事例もある。

それは、12月5日に分散台帳技術開発企業で世界最大の金融機関コンソーシアムを率いるR3によって発表された汎用型清算アプリ「Corda Settler」である。

「Corda Settler」は、R3主導による世界の大手金融機関70社との共同開発によるもので、SBIからも出資を受けている。

そして、証券や金融派生商品(デリバティブ)の処理や決済など金融業界に特化した形で開発された、貿易金融プラットフォームである「Corda Settler」の最初に使われる仮想通貨としてXRPが採用される。

そのような、個人間、そして企業間での決済における実装事例が相次ぐXRP。リップル社が掲げるIoV(Internet of Value)の実現に着々と近づいていると言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRP(リップル)、R3の企業向けグローバル決済アプリ初の決済通貨として採用される
企業向けグローバル決済のための汎用型清算アプリ「Corda Settler」公開に際し、最初の決済手段として使われる仮想通貨XRPが採用された。長い訴訟が和解に至った分散台帳技術開発企業で世界最大の金融機関コンソーシアムを率いるR3とRipple Labs(リップル社)は、ここにきて2社間での急速な事業展開に動いている。
仮想通貨リップル(XRP)利用の投げ銭アプリ『XRPTipBot』ダウンロードが開始
仮想通貨リップル(XRP)を利用する投げ銭アプリがGoogle PlayとApp Storeからダウンロードが開始された。QRコードをスキャンするだけで一回で最大20XRPの投げ銭・チップが可能となる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加