【速報】米フェイスブックが「独自の仮想通貨」を開発か|ブルームバーグ報道

米フェイスブックが「独自の仮想通貨」を開発か
米ブルームバーグによると、世界有数のソーシャルメディアFacebook社は、インドを初の市場対象として、メッセンジャーアプリWhatsApp上で送金可能な、米ドルにペッグされたステーブルコインの開発を進めている。

米フェイスブックが「独自の仮想通貨」を開発か

米有力誌ブルームバーグによると、世界有数のソーシャルメディアFacebook(フェイスブック)社は、インドを初の市場対象として、自社のメッセンジャーアプリWhatsApp上で送金可能な、米ドルにペッグされた”安定通貨(ステーブルコイン)”の開発を進めている。

米ドル基軸のステーブルコインは、実際の発行まで一定の時間を要する。

フェイスブックの直近の動きは、以下の通りだ。

  • インド市場向けの米ドルペッグ通貨
  • 現在、フェイスブック社が法定通貨のカストディなどの戦略に取り掛かっている
  • フェイスブック社では、すでにブロックチェーンエンジニアを40人超を抱えており、さらに専門の人材を募集中
  • 今年6月、同社は仮想通貨広告に対する『全面禁止』を改訂し、一部の広告を許可することを公表したものの、ICOのプロモーションとバイナリーオプションに関するAdsは依然として禁止されている
  • WhatsAppでは、フェイスブックの暗号化されてメッセンジャーアプリであり、インドでは現在2億のユーザーを抱えている;世界銀行のデータによって、2017年における本国への送金額が ≒690億ドル

相場低迷時にリスク回避先として活用される安定通貨(USDCやテザーなど)の人気が上昇しやすく、取引高も記録更新しているため、フェイスブックの開発により注目が集まる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

巨額の資金調達に成功した仮想通貨ステーブルコインが廃業へ|全額返金を決意した理由とは
仮想通貨ステーブルコインプロジェクト「Basis」創設者が公式ブログにて、プロジェクトの撤退と、ICOを通して調達した資金の全額返金を公表した。背景に何があったのか、原因を探る。
仮想通貨テザーの裏付け資金疑惑に新たな進展|ブルームバーグが担保金と流通量の一致を報道
大手メディアのブルームバーグが仮想通貨市場の不安要素の一つであるテザーの裏付け資金について独自の調査を行い、過去約1年間で4つの月において担保の米ドルと市場の流通量が一致していると報道した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら