米国、経済制裁対象国のイランが開発に関与した「仮想通貨」も封じ込める動き

米国がイランの仮想通貨への制裁を検討
 米国の経済制裁への対抗措置として誕生したイラン政府主導のデジタル通貨発行に対し、米下院議会で制裁法案が提出された。当該仮想通貨を用いた米国内での経済活動を行った者、関与した米国人も制裁対象となる。

米国がイランの仮想通貨への制裁を検討

米国は先日、サイバー犯罪に使用されたビットコインアドレスを特定、発表しており、経済犯罪対策や経済制裁において、仮想通貨関連領域まで視野に入れて始めている。

   

米国下院議員であり、共和党選出のMike Gallagher氏は12月17日、下院議会にイランの金融機関と仮想通貨開発に対する制裁法案を提出した。

法案は、イランのGallagher下院議員をはじめ複数の議員によるもので、イランの金融機関およびイランが「デジタル通貨」の開発・使用およびその他一切の関与に対して、米国が全面的な制裁を可能にするよう求めるものだ。

米国下院議員に提出された法案は、イランの金融機関及び仮想通貨の開発・使用等に対し、全面的な制裁を提案している。

イラン仮想通貨制裁法案の詳細

法案は、以下の3部分からなる。

  1. 人権問題に端を発する現行の対イラン制裁のさらなる強化
  2. イランの銀行に対する新規制裁
  3. イランによるデジタル通貨の開発及び使用に対する制裁

その第三項目において、イラン政府が開発に関与したデジタル通貨(仮想通貨)を用いた米国内での経済活動を行った者。及び活動に関与したいかなる米国人も制裁対象となるとしており、制裁内容は口座凍結、ビザ発行禁止等が想定されている。

米国による仮想通貨制裁の背景

米国では先日、国務省がサイバー犯罪に使われたビットコインアドレスを公開、経済制裁対象リストに掲載するなど、経済犯罪対策や経済制裁において、仮想通貨関連領域まで視野に入れ始めている。

今回の法案提出も、米政界が仮想通貨の潜在力を評価し始めたがゆえの出来事であると言えるかもしれない。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

イラン中銀発行、政府発行デジタル通貨の詳細が明らかに|米経済制裁措置迂回か
米トランプ政権による、イランへの経済制裁が再開した中、イラン政府主導によるデジタル通貨発行はさらに実現へ向けて着実に前進しており、その詳細がついに明らかになりました。国内での仮想通貨の注目度も上昇している。
"法定"仮想通貨ペトロが8/20よりベネズエラで導入か:1PTR=60ドルで固定
現在、ベネズエラでは経済混乱により大幅なインフレが起き、法定通貨の著しい価値低下が問題となっている。オイル価格に裏付けされた法定仮想通貨ペトロは、ベネズエラ経済を安定化させるカンフル剤となり得るだろうか。
   


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら