仮想通貨ビットコインSVが新ロゴ発表、ブロック拡張計画も明かす|BCH分裂から約2ヶ月

「bComm」がBSVの新たなロゴを発表、ブロックの拡張計画も明かす
BSVの商業における応用をプロモートするアソシエーション「bComm」が新たなロゴを発表した。また、同団体はブロックの拡張計画も明かしている。

SVの新ロゴ、組織によるブロックサイズ増加の提案

11月にビットコインキャッシュのハードフォークから分裂し、誕生した新たな仮想通貨ビットコインSV(BSV)には、新たなロゴが決定されたという。もう一つの分裂通貨はビットコインABC。

「bComm」というBSVの商業における応用をプロモートするアソシエーションにより新たな公式ロゴが発表された。

三回のツイッター上の投票により選ばれたBitcoinSVのロゴだ。

ビットコインのジェネシスブロック10周年のこの日を持ち、オリジナルのビットコインの再生を象徴する。

また、今回のロゴの発表に際して、bComm運営者のJimmy Nguyen氏は以下のようにコメントをしている。

この新たなビットコインSVのロゴは、ビットコインにとっての重要な瞬間を象徴するものだ。サトシ・ビジョンのスピリットの中で、新たな非中央集権マーケティングのパラダイムにおける世界中のSVサポーターが度重なる投票からこのロゴを選んだことに躍動を感じている。

一方で、SVチームのnChain側(Craig Wright氏が後援)としては、現在のロゴの象徴(リーダーシップ、熱望、幸運、エネルギー、独立)の重要性から「当面は現在のドラゴンのロゴを継続する」とNguyen氏は述べている。

bCommアソシエーションは、近いうちにビットコインSVのキャパシティテストを実施するとしており、ビジネス使用に向けた「BSVが唯一の仮想通貨であることのショーケース」になるだろうともしている。

また、同団体はBSVのブロックサイズを「12ヶ月以内」に1GBまで拡張する計画を公開しており、現在のブロックサイズサイズ128MBから更に拡大する事を予定している。

なお、11月中旬から始まった仮想通貨市場の2017年以来の下落幅における大きな要素となったビットコインキャッシュのハードフォークは先日11月末にBSV派の20%をマイニングしていたCoinGeek社のCEOが「リプレイプロテクション」を実装し、ハッシュ戦争の終結を公式ブログで明かしている。

ビットコインキャッシュの分裂騒動に関する詳しい内容はこちら

ビットコインキャッシュ分裂から取引開始までの裏側|大手仮想通貨取引所が詳しく解説
CoinMarketCapにおいて出来高50位以内の出来高を誇る仮想通貨取引所ポロニエックスがビットコインキャッシュのハードフォークに関するブログを公開し、二重支払い問題について言及。同取引所のHF後の動きを合わせて掲載。
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所クラーケンがリップル(XRP)とビットコインキャッシュの証拠金取引を開始
仮想通貨取引所クラーケンが28日、新たなに仮想通貨リップルとビットコインキャッシュの証拠金取引を開始すると発表。これにより、クラーケンではビットコインやイーサリアムなど8種類の仮想通貨で証拠金取引が可能となった。
ビットコインキャッシュ「ハッシュ戦争」に注ぎ込んだ総額を分析する損益調査書が公開|BitMEX仮想通貨リサーチ
ハッシュ戦争の影響でBTC価格が45%下落した影響で、ハッシュパワーは採掘マシン「Bitmain S9」130万台に相当する31%減。BTCマイニング収益は、日平均約14億円から約6.8億円まで半減した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加