CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所Quoineが、最大5万円相当のXRPプレゼントキャンペーンを実施|「QASH HODL(ガチホ)キャンペーン」第一弾

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Liquid by Quoineが最大5万円相当のXRPをプレゼントするキャンペーンを発表
仮想通貨取引所Liquid by Quoineが、最大5万円相当のXRPをプレゼントするキャンペーンを発表した。QASH HODL(ガチホ)キャンペーンの第一弾として開催され、今後も継続したキャンペーンの実施が予想される。

Liquid by Quoineが最大5万円相当のXRPをプレゼントするキャンペーンを発表

仮想通貨取引所Liquid by Quoineが、QASH HODLキャンペーン第一弾として、最大5万円相当のXRPをプレゼントするキャンペーンを発表した。

出典:QUOINE

Quoineに口座を有している方を対象に、2019年2月1日(金)朝9:00時点でのQASH残高が、800QASH以上保有されている方向けに、保有期間と保有量に応じたXRPを配布する予定だ。

Quoineは、新規口座開設キャンペーン時や既存ユーザー向けの「QASHキャッシュバック」の実施など、同社が提供するネイティブトークンQASHに関するキャンペーンを行なってきたが、今回は昨年12月に発表していた「QASH HODL キャンペーン」の第一弾キャンペーンとなるようだ。

「QASH HODL キャンペーン」は、QASHの保有量と保有期間に応じてQASHホルダーの方に素敵なプレゼントするといったもので、一定期間のQASH保有を促すキャンペーンとなるため、通貨価格へも影響する動きとして注目が集まっていた。

今回のキャンペーンが第一弾と掲載されていることを踏まえると、今後も「QASH HODL キャンペーン」は続いていくものと予想され、同社プラットフォーム上でのQASH長期保有を目的としていることが伺える。

国内大手仮想通貨取引所「QUOINEX」は、昨年大型アップデートの完了を発表し、「Liquidプラットフォーム」をローンチ、現物のビットコイン取引高も増加しており、日本1位の出来高も記録した取引所である。

キャンペーン内容は以下の通りだ。

キャンペーン内容

口座がない方は、新規口座開設の申し込み後(口座開設済みの方はご利用口座内で)、QASHの保有量、保有期間共に下記のプレゼント数量テーブルの付与条件に達した方が、付与対象となる。

キャンペーン期間

2019年2月1日(金)日本時間の朝9:00まで

条件詳細

①2019年2月1日(金)の日本時間、朝9:00時点でのQASH残高が800QASH以上の方に保有期間と保有量に応じて最大50,000円相当のXRPをプレゼント

②1XRP = 40円で換算

③プレゼントするリップル(XRP)の数量は下記のテーブルの通り

出典:QUOINE

保有開始日の定義

保有開始の月の1日、日本時間 朝9:00の時点で所有していたQASHが1QASH以上の場合、保有したと条件が適用されます。

QASHの保有量が1未満となった場合、1QASH以上の保有を再開した月からのカウントになります

※2019年2月1日 9:00(日本時間)までにQASHを購入して頂いた方も保有期間1にカウントされます。

例) QASHを購入したことがないお客様が、2019年1月30日に800 QASH購入した場合、保有期間1と見なされ 6XRP付与されます。

出典:QUOINE

仮想通貨QASHとは

QASH チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨QASH(キャッシュ)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、QASH(キャッシュ)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

Liquid by Quoineとは

Liquid by Quoineは、QUOINE株式会社が2014年11月より運営している仮想通貨取引所で、仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号を取得する認可済みの取引所だ。

最近では、Liquidプラットフォームが公開され、QUOINEX(コインエクスチェンジ)から、Liquid by Quoineへと名前を変更した。

今回キャッシュバックキャンペーンとして配布されるQASHも、同社が有する独自トークンで、国内で金融庁公認のICOで資金調達を行なっている。

最近では、ハッキングなどで大手取引所が相次いで、新規口座登録を停止しており、その中でビットコインの現物取引高を増加させており、国内で最も多い現物出来高も記録している。

また、QUOINE公式サイトでは、Liquid(リキッド)の利点として、以下の4点が挙げられている。

堅牢なセキュリティ:顧客資産を守る100コールドウォレット

手数料無料:レバレッジ手数料実質無料

52種類の通貨ペア:自由な取引を実現 QASHトークン取扱

タイトなスプレッド:業界最狭水準のスプレッドを提供

Liquid by Quoineの口座開設

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】QUOINE社の新サービス「Liquid by Quoine」が正式ローンチ|流動性の大幅改善を見込む
国内大手仮想通貨取引所「QUOINEX」大型アップデートが完了し、待望の「Liquidプラットフォーム」がローンチされた。新機能MMOsにより、BTC取引などで流動性の大幅向上が期待できる。
リキッドDLTの大型構想と仮想通貨QASHの将来性を発表|QUOINE柏森氏
日本発の仮想通貨QASHとLIQUIDプラットフォームについて、QUOINEの柏森CEOが新たな発表を行なった。壮大な構想を持つリキッドDLTサービス展開やメインネット実装にも言及、ユーティリティトークンから純粋仮想通貨への移行を目指すとした。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア