ビットコインの上位互換を目指す仮想通貨の開発へ MIT、スタンフォード大などの名門大学がプロジェクトとの提携を発表

複数の米名門大学が決済特化型の「より優れたビットコイン」の開発へ
多くの仮想通貨がスケーラビリティ問題などの課題を抱える中、分散技術の研究を行う非営利団体「DTR」に務めるアメリカ名門大学の教授らが共同で、決済に特化した新たな仮想通貨「Unit-e」の開発に乗り出すことが明らかとなった。

アメリカの名門大学|新たな仮想通貨の開発へ

現在ビットコインを含め多くの仮想通貨が、スケーラビリティ問題などの課題を抱える中、分散技術の研究を行う非営利団体に務めるアメリカの名門大学の教授らが共同で、決済に特化した新たな仮想通貨の開発に乗り出すことが明らかとなった。

この仮想通貨の構想は、世界初の分散技術の研究を行う非営利団体「Distributed Technology Research(DTR)」により作り上げられた。

分散技術の発展を目的として、DTRは、米大手の仮想通貨投資ヘッジファンド「Pantera Capital Management LP」から支援を受けている。参加教授が所属する大学は、以下の大学を含めた7校となっている。

  • マサチューセッツ工科大学
  • スタンフォード大学
  • カリフォルニア大学バークレー校
  • イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校

DTRが開発を計画している仮想通貨は「Unit-e」と呼ばれ、今年の下半期にローンチすることを目標としている。もしこの開発計画が成功すれば、1秒あたりのトランザクション処理数は、最大1万ほどになるという。

ビットコインの1秒あたりの平均トランザクション処理数は、3.3から7、イーサリアムは10から30となっている。

下図は、Unit-eの論文の一部抜粋。Unit-eに関する論文はこちらから。

出典:The Distributed Technology Research Foundation

Unit-eは、パフォーマンス、分散型スケーラビリティに重点を置く決済に特化した仮想通貨となっている。

(中略)

世界中で利用される決済システムを築き上げるため、以下の5項目を完全に分散化された状態で達成されるように設計している。

・セキュリティ

・トランザクション処理に遅延のない状態

・十分なトランザクション処理能力

・ユーザビリティ

・プライバシー

これら事項を達成するために、DTRはブロックチェーン技術をあらゆる観点からリサーチし、新たな合意形成やシャーディングの仕組みを設計している。

Sharding(シャーディング)は、イーサリアムの送金遅延や手数料増加など「スケーラビティ問題」に対する解決策の一つ。

データベースを水平方向に分割、検証作業を並列化することで処理能力の大幅向上が見込める。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の電子コンピュータ工学科の教授で、同プロジェクトの調査員を務めるPramod Viswanath氏は以下のように語っている。

ビットコインは分散型トラストが実現可能であることを証明したが、世界規模で毎日通貨として使うにはスケーリングが欠けていた。

(仮想通貨は)人類の生活に変革を起こす可能性を秘めたものだが、スケールアップしない限り、変革は起こらないだろう。

現在スケーラビリティ問題や、手数料削減など様々な課題解決に向け、ライトニングネットワークや、Segwit、Segwit2x、ProgPowなど、新技術の導入や考案をしている。

直近では、eCashを開発したことで有名な数学者デビッド・ショーム氏が、仮想通貨取引をより素早く行うためのプラットフォーム開発に取り組んでいる事が昨年末に報じられていた。

しかし、今のところブロックチェーン技術が抱えている問題を完全に解決するソリューションは未だ現れておらず、業界の大きな課題の一つとなって多くの開発者や仮想通貨プロジェクトが独自の案を模索している。

今回新たな仮想通貨プロジェクトを米国の有名大学と連携するDTRのこの取り組みが、スケーラビリティ問題や分散化を実現できるのだろうか。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

(URL)&from=in_article
(URL)&from=in_article


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら