ビットコイン急落時にロスカット連鎖が発生 先物主導の動きが継続|仮想通貨朝市況

仮想通貨市況
ビットコインは、週末から21日にかけて急騰と急落を記録し、まるごと打ち消す”シンプソン相場”の様相を呈した。当時の状況と、USDTの動きを追った。

仮想通貨最新マーケット

1月21日の仮想通貨マーケット情報

ビットコイン

8時時点のデータは以下の通り。

BTC価格(21日8時)
価格 前日比
現在値 390,300円 3.34%安
24h高値 407,000円
24h安値 384,001円
出来高 5879億円 +17%

21日にかけて週末の仮想通貨相場は乱高下が続き、三角保ち合いから大陽線形成後に急騰が確認されたものの、上昇の勢いは維持できずに反落、上昇の勢いをまるごと打ち消す”シンプソン相場”の様相を呈した。

2019年にはいってから、保ち合い抜けを意識した急騰と反落を繰り返しており、ポイントを狙った動き、主にビットコイン先物やFXなどを中心とした動きが続いている。現在年初来安値水準から300ドルほど高い価格帯で下支えしている状況ではあるが、現物の買い戻しには厳しい状況になっているといえるだろう。

BitfinexとBitMEXで大量のロスカット

20日夜に急落した相場の状況

当時の状況を動画で分析したハル氏(@kasou365)は、1段目の急落で、BitMEXで強い売りが確認され、一時BitFlyerFXでの買い支えで乖離がプラスになったものの、耐えきれずに急落に繋がったと分析している。その後BitMEXでの売り仕掛けが継続し、2段目の下落に突入したようだ。

BitMEXとBitfinexのLS(ロングとショート)ポジションの動きやロスカットの状況を掲載するBullbearanalyzer.comのデータで見ていくと、急落した当時、Bitfinexで1400BTC、BitMEXで18000BTCのロスカットが確認されており、相場急落を助長させた要因になり得ている。

Bitfinexのポジション推移

出典:bullbearanalyzer.com

BitMEXのポジション推移

出典:bullbearanalyzer.com

USDT価格が下落に傾く

また、相場の下落時に、KrakenのUSDTUSD価格が下落に一時傾く場面が見られた。

1ドルの価値を持つ仕組みのUSDTは、基本的に1USDT=1USDを保つ動きをするが、これまで何度も大きく乖離する状況が見られていた。

昨日のビットコイン急落のタイミングでもUSDT価格が下落する場面が見られており、相関している可能性は依然拭えていない。

これまで1ドルから上に1.3%〜2%ほど乖離していた状況であったが、昨日の急落タイミングで1USDT=1USDの価格水準まで下落、年初に当たる1月1日の底値水準まで値を戻した。

1USDT=1USDの価格を維持する仕組みだから、現在の価格帯で問題ないのではないか?と思えるが、本日も含めた過去の下落タイミングとUSDT価格の相関性が高い点や、依然USDTシェアが仮想通貨市場で高い水準を維持している点を踏まえても警戒しておく必要はあるだろう。

10兆円にあたるUSDTの無効トランザクション

なお、USDTに関して週末きになる動きが見られた。

1月19日、「1T1TANxYSD8YRZxPeSn5beP8jeDWEWXLA」のアドレスから、10兆円を超える無効トランザクションを連発していることが確認された。

10兆円は、仮想通貨市場全体の時価総額に近い数値であり、存在し得ない価格である。

ただこの無効トランザクションにも大きな問題点がある。

それは、仮に無効送信アドレスであっても、大口送金のBOTが感知してしまい、市場のFUDになり得てしまう点で、BOTの報告をみて投資家心理を悪化させる原因になる場合や、USDTの相関性をみて取引するトレーダーやBOT取引にも影響しかねない。

これらの動きをみて、大口移動をトラッキングするBOT「Whale Alert」でも対応方針を発表する状況に発展した。

本日21日夜に公開した最新の仮想通貨相場に関する内容は以下の記事で掲載しています。

内容:ハッシュレートから考察したビットコインの重要価格帯、BitMEXで「約5000BTC」の売り板出現

ハッシュレートから考察したビットコインの重要価格帯、BitMEXで「約5000BTC」の売り板出現|仮想通貨市況
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

日本政府が仮想通貨決済システムを開発した「Crypto Garage社」をサンドボックス制度の対象に|フィンテック関連事業では初
政府は18日に、サンドボックス制度の対象として、仮想通貨決済システムを認定したことを発表した。これにより、規制の対象とならずに該当技術の実証実験が可能となる。なお、同制度の認定はフィンテック関連事業においては今回の案件が初である。
仮想通貨及びビットコインに関連するクジラ追跡BOTが「20兆円規模のUSDT送金」を報告|ブロックチェーンデータから誤報の可能性が浮上
大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」は1月16日11時、過去最大級とみられるUSDTの大口送金を報告し、リツイートが殺到、市場参加者の警戒感が高まった。BOTの内容を独自調査した結果、誤報の可能性が高いことがわかった。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら