CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ステラがIBM・KlickExと提携、国際決済システム構築を目指す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップルをベースにした個人向け決済用仮想通貨であるステラ(Stellar)が、IBMやKlickEXとの提携を発表
従業員を数十万人抱える世界最大級規模の企業であるIBMとの提携は、非常に重要なニュースです。全世界の銀行などの金融機関と連携したステラの技術を使用することで、決済時間を短縮し、リアルタイムで行えることを目的とする新しい国境を超えた決済システムを構築するプロジェクトとのことです。

Ripple(リップル)の初期開発メンバーであり、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発されたステラ(Stellar)がコンピューターのシステムなどを開発してきたIBM、通貨交換サービスを提供するKlickExと提携し、全世界の銀行などの金融機関と連携したステラの技術を使用することで、決済時間を短縮し、リアルタイムで行えることを目的とする新しい国境を超えた決済システムを構築するプロジェクトを発表しました。

またこのプロジェクトを成功させるために、ナショナル・オーストラリア銀行(オーストラリア国内最大の資産を保有)、トロント・ドミニオン銀行(カナダ五大銀行の一つ)、日本からも三井住友フィナンシャルグループなどと協力し、進めていきます。

IBMのブロックチェーン開発担当者のJesse Lund氏は

「ブロックチェーン技術は国境を超えた決済を促進するために生まれ、世界中の金融機関も関心を持っています。私たちの仕事は複数の異なるタイプのデジタル資産をサポートしていくことです」

と述べています。

Stellarのジェド・マケーレブ氏は

「この新しいイノベーションとコラボレーションは、Stellarだけでなく金融技術業界全体にとっても重要な経過点です。複数の統合通貨の国境を超えた決済を促進するために、パブリックブロックチェーン技術が初めて使用されています。現在、国境を越えた決済には数日かかり、この新しいシステムは、南太平洋地域の開発途上国の既存の国際取引を改善し、大きな影響を与える可能性があります。同様に、IBMとその銀行パートナーによって完全に整えられれば、世界中で資金が移動する従来のシステムを変える可能性があります。 Stellarは革新的な国境を超えた決済ソリューションの開発と世界的な導入についてIBMとKlickExと協力することに興奮しています」

と述べました。

IBM and KlickEx Choose Stellar to Power the Future of Cross-Border Payments

October 15, 2017 by Stellar Team

参考記事はこちらから

発表を受けて

仮想通貨ステラのチャート

この発表は現在カナダのトロントで行われているRipple主催のSWELLに合わせてなされたものではないでしょうか。

提携が発表されたことを受けて、Stellarの取引量が増加し価格も上昇し、世界中から注目を集めています。このプロジェクトが進行し、世界の決済システムに革新的な変化をもたらすことができれば、金融・経済も大きく変化するでしょう。

CoinPostではこれから連日SWELLについての記事を投稿する予定です。Twitterと合わせてチェックしてみて下さい。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア