国際通貨基金「サイバーセキュリティ会議」米リップルの会長など仮想通貨関連企業も初参加

リップル社やサークル、IMFの会議に参加
国際通貨基金は1日、フィンテック促進のため、シンガポールで「上級諮問グループ会議」を開催した。米リップル社会長やサークル社CEOなど、仮想通貨業界の重鎮も多数参加している。

リップル社やサークル、IMFの会議に参加

国際通貨基金(IMF)は3月1日シンガポールにて、「上級諮問グループ会議」を開いたことを公式で発表した。

出典:IMF

IMFのChristine Lagardeディレクターとシンガポール金融庁のRavi Menonディレクターが共同議長を務めた今回の会議では、中央銀行の上層部のみならず、米仮想通貨関連企業サークル社のCEOジェレミー・アレール、リップル社の共同創設者、またはアリババのデジタル機構の責任者などフィンテックセクターもリストに入っており、計19名が参加した。

特に仮想通貨事業関連として、サークル社のCEOを務めるジェレミー・アレール氏や、リップル社の共同創設者クリス・ラーセン氏、Stellarの関連企業InterstellarのCEOを務めるAdam Ludwin氏は、仮想通貨業界においてもよく知られている人物である。

当会議の議事録は、まだ公開されていないが、フィンテックに関する議題を中心に、下記2点は掲載されている。

  • データとサイバーセキュリティが重要な範疇
  • 昨年11月に定められた「バリ・フィンテック・アジェンダ」は、IMFがメンバーとエンゲージメントを行う基礎となる

なお、シンガポール金融庁のRavi Menonディレクターは、サイバーセキュリティとデータのガバナンスに関して、このように発言した。

フィンテックのポテンシャルを最大限に実現させながら、データの管理とサイバーセキュリティに関連するリスクを最大限に抑えることが、今回の会議の最も重要な議題となる。

IMFは、以前から「サイバーセキュティの違反や攻撃」を国際金融の安定のリスク対象として取り上げて、国際的基準の規制が欠如している仮想通貨・ブロックチェーン業界に対する警戒心を示しながらも、仮想通貨を含むフィンテック分野を推進する姿勢も見せている。

コインポストは、今回IMFの議事録が公開次第、報道する予定だ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

キャッシュレス決済に関する「金融庁研究会」、未来投資会議では安倍総理が規制法案に言及
金融庁は4日、金融審議会で、少額資金移動サービス」における討議を行った。安倍総理は未来投資会議で、「決済をはじめとする分野で、早期に規制体系を再編成する法案の提出を検討」にも言及している。このような動きは、仮想通貨市場への好影響も期待されている。
日本発 仮想通貨市場にオプション市場を創設|クリプタクトがみるビットコイン市場とデリバティブの成熟化
クリプタクトが、仮想通貨保有の課題である価格変動リスクへの回避手段として、仮想通貨のオプション市場創設を目指す。仮想通貨市場の課題とデリバティブの成熟化で変化する仮想通貨市場とは?
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら