BakktとErisX、正確な開始時期は未だ目処立たず 両CEOが仮想通貨市場への目標を語る

BakktとErisX、それぞれ代表が語る
ビットコインの先物市場参入を目指すBakktとErisXのそれぞれ代表が、それぞれ二社の違いなどについて語った。

BakktとErisX、それぞれ代表が語る

BakktとErisX、共にビットコインの先物市場参入を目指しているが、これら二社間には鍵となる違いが存在すると、それぞれの代表が語った。一般投資家において、重要な事例になるとの認識はあるが、明確な違いについて触れたのは珍しく、今後の仮想通貨市場を見る上で把握しておきたい。

まずは、簡単に出資企業と提供商品を羅列する。

Bakkt:NY証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタル取引所)が運営を手がける仮想通貨取引所で、現物決済ビットコイン先物取引の提供も予定している。出資企業には米スターバックスなど、名だたる企業が名を連ねている今後の重要ファンダメンタルズ要因の一つ。

ErisX:規制に準拠した仮想通貨商品として、現物取引と先物商品提供を予定している。 出資企業には、ナスダックやフィデリティといった伝統的な金融機関の名が並び、機関投資家参入の窓口になることが期待されている。

「仮想通貨市場の成熟」と題したパネルディスカッションのステージ上で、ErisXのCEOであるThomas Chippas氏とBakktのCOO、Adam White氏が討論を交わした。

BakktのCOOであるWhite氏は、Bakktのことについて、以下のように語った。

私としては、(Bakktが提供する)市場インフラに大量の資金を投資し、「他の誰かが仮想通貨のユースケースを見出してください」というスタンスでは不十分だと考えている。

それでは将来、取引量も減少し、価格もゼロに向かうだろう。(ファンダメンタルバリューの欠如により)

将来的にはパブリックなブロックチェーンがより効率的になり、安くなり、早くなり、と人々は大きな期待を寄せているが、そのためには、まず企業がユースケースやアプリケーションを築く必要がある。

Bakktでは、そうした(ユースケース構築の)部分にも関わることで、(Bakktの)企業顧客に、より一層の取引を促したい。

このように、White氏は機関投資家向けのインフラを提供するだけではなく、仮想通貨のアダプション(採用事例)を促進することにも注力をする点がBakktの特徴であると結論づけた。

Bakktは、米スターバックス社と協業しており、特別なプラットフォームで間接的な仮想通貨決済の導入を計画しているとされており、取引の提供だけでなく、決済分野を第二フェーズに定めていることが発表されている。

一方で、ErisXのCEO、Chippas氏は以下のように語っている。

コモディティ商品や先物が取引されるマーケットプレイスを提供することで、間接的に発展を促したい。

ErisXは、2018年10月にアメリカ大手ブローカー企業TD AmeritradeやCBOEを始めとする複数企業からの投資を受けたことを発表し、新興仮想通貨取引所として市場への参入が明らかとなった。また2018年12月始めには、シリーズBの投資ラウンドを完了した事を発表し、総額27.5億ドル(約31億円)相当の資金を大手企業21社から調達している。

ErisXの場合は、金融機関をはじめとした投資機関に、仮想通貨のマーケットプレイスを提供するという役割を重要視して考えているようだ。

立ち上げはいつ頃か

また、最もきになるのが立ち上げや正式ローンチの時期だ。

今回の討論でも、「ErisXとBakktの立ち上げはいつなのか。」との問いが出たが、両社ともに、正確な日付は明らかではないと断言した。

BakktのCOOであるWhite氏は、「規制当局が承認するかどうかは、経験からも予想がつかない。」と、現在登録申請で揺れる米規制機関CFTCとの協議に目処が立っていない状況を示した。

また、Chippas氏は、ErisXも同様に、CFTCからデリバティブ清算機関(DCO)ライセンスが付与されるのを待っている状態だとし、その承認は第1四半期(1月から4月)と見ている。

その上で、以下のように発言を行なっている。

承認時期が、数年にもわたり遅れると問題ではあるが、数ヶ月ほどであれば、おそらく問題はない。

問題は、規制当局がどのタイミングで準備が整い、要求事項を満たしていると感じるかだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米商業銀行CEO「3月から機関投資家が参入するだろう」|Bakktのビットコイン先物とフィデリティ仮想通貨カストディの日程に言及
米商業銀行のGalaxy Digital社CEO、マイケル・ノボグラッツ氏が仮想通貨市場に機関投資家が今後6ヶ月から1年をかけて参入すると予想した。またビットコインがアルトコインと差別化した「デジタル・ゴールド」となる理由も説明。
NY証券取引所の親会社CEO「仮想通貨取引所Bakktへの投資は壮大な賭け」 将来性に大きな期待
仮想通貨取引所Bakktの親会社ICEが2018年Q4決算説明会にて、純売上高が過去最高と発表した際、今後もBakktへ財政的支援を継続すると明らかにし、大きな期待を寄せている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら