厳しい仮想通貨規制を見直しか 韓国議員らがイノベーションの重要性を主張

大型カンファレンスで注目集まる韓国の仮想通貨規制
韓国大型カンファレンスにて、政府の役人やヴィタリック氏などがブロックチェーンの未来を語る。 韓国の仮想通貨規制に関する議論が白熱したほか、ヴィタリック氏が見る展望などが明らかになった。

韓国で進む仮想通貨規制の議論

現状ICOを禁止している韓国政府が、仮想通貨およびブロックチェーン関連の規制を見直す可能性に向かっていることが現地メディアなどの報道で明らかになった。

韓国で今週開催されている大型仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンスDeconomyに際して、仮想通貨の規制に関する積極的な議論が、韓国の政治家やイーサリアム創設者のヴィタリック・ブーテリン氏などを中心に行われている。

「Deconomy」では4日、ブロックチェーン業界と政治状況に関するパネルが行われ、韓国内における厳しい仮想通貨規制の見直しやサンドボックスの早期導入などについて意見が交わされた。

同カンファレンスでは、「政府は仮想通貨を厳しく規制しているが一年以上経って国民の多くが守られている今、仮想通貨の規制体制を見直してもいいのではないか。」との発言が行われたほか、韓国議会にて韓国の国益を目的としたイノベーションを前提とした仮想通貨法案を決めることが最優先であるとする意見に、与野党から募った4名のパネリストは同意する場面が見られたという。

韓国政府はこれまでICOなど仮想通貨を利用した資金調達を禁止する法律を施行してきたが、海外でペーパーカンパニーを登記するなどの規制逃れを対象とした取り締まりが難航化していることなどを理由に、まずは党派の垣根を越えて「国家レベルのイノベーションを促進することが重要である」とする見方が強まっているようだ。

ブロックチェーン特区設立の案も

また、仮想通貨の規制に関する意見交換で、仮想通貨規制のためのサンドボックス制度導入が主要議題として挙がった。

韓国では昨年規制サンドボックスに関する法案が可決されている中で、ブロックチェーンに関連したサンドボックスが未だに存在していないことなどを受け、パネリストの一人である済州島知事のWon Hee-ryong氏が済州島をブロックチェーン特区にするべきだと提案する場面が見られた。

同氏は仮想通貨やブロックチェーン技術において韓国が多くの経験と失敗を体験していることは最大のノウハウと力になると説明。業界と政府、そして銀行が連携してガイドラインの策定に取り組める場所が必要であると述べた。

ヴィタリック氏がイーサリアムについて発表

そのほかにも韓国を訪問している仮想通貨イーサリアムの創設者であるヴィタリック・ブテリン氏が、韓国の国会議員などにブロックチェーンに関して解説を行なった

ブロックチェーン技術が一般的に普及していくためにはスケーラビリティ、プライバシー、そしてセキュリティーの強化が必要になるとブテリン氏は説明。

自身が開発したイーサリアムは現在一秒間に処理できる取引数を1万4000TPSまで上げるためにPoSへの移行やSharding技術を最優先に進めているなど、イーサリアム2.0の計画などを韓国の国会議員などを相手に解説したという。

ICOについて

また、イーサリアムの実用例としても注目されたICOの衰退についても言及し、現在見られているICOの資金調達額の減少などは業界成長の一環だと客観的に考察、前向きな捉え方をしていることを明かした。

一見すると停滞しているようにも見えるICOの衰退だが、ブロックチェーン業界がまだ早期の段階にある上で、ICOプロジェクトの品質は確実に向上していると見ているのがその理由だ。どの様な業界でも初期段階では多くのプロジェクトが失敗し、その後長期的に成長していくモデルが確立されていくと説明して今後への期待感を示している。

仮想通貨市場において韓国は米国や日本などに続く大手市場と見られている。「キムチ・プレミアム」と称された韓国取引所で散見された価格のギャップや2018年相次いだ仮想通貨取引所のハッキング事件など、最近の韓国の仮想通貨市場は厳しい状況に置かれていると言えるため、韓国政府が厳しい姿勢を見せるのも頷ける。

一方で仮想通貨やブロックチェーン技術を重要視する企業も少なくなく、韓国の大手携帯メーカーであるサムスンは新型スマートフォン「Galaxy S 10」に仮想通貨ウォレット機能を搭載したほか、政府や役人の一般ブロックチェーンカンファレンスなど、一般市民へのアプローチが見られる、ブロックチェーンに重きを置く国でもある。

仮想通貨への高い関心を示した韓国において、党派を越え新興技術のブロックチェーン技術を促進しつつ、国内の投資家を保護する規制を導入することが韓国政府にとって重要だとの発言は重要な意味を持つだろう。

仮想通貨業界にとって重要な国家の一つである韓国において、今後の規制状況が整備されていくことに期待していきたい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

韓国最大手仮想通貨取引所Bithumbにハッキング被害、EOSとXRPが流出か|現地監査機関が確認
韓国の大手仮想通貨取引所Bithumbは29日、ハッキング被害を受け自社資金の300万EOS(約14億円)と、2000万XRP(約6億9千万円)が盗まれたことが判明した。現在警察側が調査中。
ブロックチェーンカンファレンス「Deconomy」がソウルで開催、ヴィタリック氏やCZ氏など業界のリーダーが集結|2019年4月4日‐5日
ブロックチェーンカンファレンス「Deconomy」が韓国・ソウルで開催されます。イーサリアム創設者ヴィタリック氏やバイナンスCEOのCZ氏など多くの業界のリーダーが登壇予定です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら