ビットコイン先物取引の課題 米CFTC会長がBakktの認定延期に言及

米CFTC会長、現物決済の仮想通貨先物の課題について
米CFTC(商品先物取引委員会)会長のChristopher Giancarlo氏が現物決済の仮想通貨先物取引が未だに認可されていない理由を説明。カストディや清算機関における課題克服が必要となりそうだ。

CFTC会長、仮想通貨先物取引の課題について言及

米国のCFTC(商品先物取引委員会)会長を務めるChristopher Giancarlo氏がBakktのビットコイン先物取引がいまだに実現しない理由を仮想通貨メディアCoindeskとの取材に対して語った。

以前から仮想通貨に対して肯定的な姿勢を示していたことから「クリプトの父(Crypto Dad)」とも称されるGiancarlo氏は直接的な発言こそさけたものの、業界全体に対するコメントからBakktの延期理由について以下の2点を示唆した。この2点が解消されることがBakkt開始の合図になると見ることができる。

1. カストディアン

2. 清算機関

まずカストディアン企業は銀行などとして扱われるため、仮想通貨などのコモディティを管理するためには州政府からカストディアン企業として認定されるか、米国通貨監督局(OCC)認定の銀行であることが必要となっている。

また清算機関はCFTCの管轄下にあるため、Bakktの清算機関となるのは親会社のICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)のICE Clear USとどのように毎日決済の現物取引が処理されるのか課題が複数残っているとGiancarlo氏は言う。

この動きから見ると、二つのライセンス取得が必要となると見ることもできるが、清算を行うクリアリング機構は金融ライセンスを取得するICEが行うことから、Bakkt側でビットコイン現物先渡し取引を行う上で必要なカストディアンのライセンス取得を行うことで、ライセンス面はクリアすることになる。

先日報道されたように金融ライセンスの取得に動くBakkt。CFTC会長の発言からも、解消すべき問題が明確に見えた上での動きであることが見えてきた。

一つのプロトコルの一見些細な条目(詳細)が実は一番大きな影響を及ぼすことがあるのだ。

このように述べるGiancarlo氏の発言から、CFTCの認定時期はいつになるか想定は難しいが、Bakktの金融ライセンス取得が必要となった今、ビットコイン先物取引が開始されるのはCFTCの判断に委ねられているようだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら