CoinPostで今最も読まれています

【速報】ビットコインが急落 テザー社の裏付け資産不正利用が発覚「950億円相当」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

テザー社の裏付け資産不正利用が発覚、市場はセルオフ
ビットコインが急落した。ステーブルコインのテザー(USDT)の裏付け資産、約950億円の不正利用が発覚。親会社iFinex社が米NY州の司法長官から裁判所命令を受けた事が確認された。

テザー発行親企業に裁判所命令でビットコイン価格が急落

ビットコインが急落した。日本時間26日早朝に61万円台で推移していたBTCは、30分間の短時間の相場急落で一時56万円まで下落、前日比で5%安を記録した。仮想通貨業界でも長く懸念材料として存在していたテザー社が裏付け資産を不正利用していた事が、裁判所命令の内容などから確認された。

今回のビットコイン急落には明確な材料に反応したものであることが確認されているため、その内容をお届けする。(速報→追記を実施)

米ニューヨーク州のLetitia James司法長官が大手取引所BitfinexやTether社の親会社iFinex社に対して裁判所命令を発令したことが本日発表された。今回の発表でステーブルコインのテザー(USDT)の裏付け資産から8億5000万ドル(約950億円)相当の資金を不正に利用していたことが発覚した。影響は仮想通貨市場全体に波及している。

James司法長官の発表によると、テザー社やBitfinexの調査を行なった結果、950億円相当にのぼる損失を隠すためにステーブルコインUSDTの担保金から資金を不正利用していた。顧客資産と企業資金を混在させていたという。

また本日発令された裁判所命令により、BitfinexとTether社に対してテザーの裏付け資産の利用を直ちに辞めるよう促すとともに、以前NY司法長官が発令した召喚状で求められていた資産の裏付けを保証する書類の提出を求めた。

なお、テザー社は本件(捜査)に関連する書類や履歴などの証拠隠滅を禁止されている状況にあるようだ。

司法長官は今回の裁判所命令の目的は「Bitfinexが通常通り取引などの事業を継続できるよう」にするためで、裏付け資産の不正利用を止めさせることが一番の目的だと説明している。

裁判所命令の背景

司法長官の事務所から公開された文書によるとBitfinex社は2014年頃にパナマに所属するCrypto Capital社と関係を構築、公式な同意文書などを締結しないまま同社に顧客資産と企業資産を混同させた10億ドル以上の資金を預けていた。Tether社が正式な銀行に資産を預けられなかった経緯などがこのような資産を保管する体制に至ったと考えられる。

CoinPost関連記事

テザーの裏付け資金を証明する文書が公開|仮想通貨業界で募る不信感の払拭なるか
米ドルに裏付けられたUSDTを発行するTether社が70年以上の歴史を持つバハマの銀行Deltecに口座を開いたことが明らかになった。今回Deltecは様々な側面からTether社を精査し、疑惑の目が向けられる裏付けテザー社資金保有していることを証明する公式文書を発行した。

ステーブルコインと呼ばれる安定通貨の代表格であるテザーは1対1の割合で米ドルに担保される仕組みをもつが、当初はTether公式サイトやBitfinexのみで取引され、出金はTetherから直接資金を引き出す形を取っていた。

しかし、昨年10月頃からTether社は相次いだ顧客側の資産の引き出しの要請を受け、Crypto Capital側に資金の引き出し依頼を行なったが、その依頼を無視する動きが確認されていた。司法長官のレポートにはこの両社の担当者同士でのやりとりの履歴が記録されており、この内容も大きな問題点として挙がった。

度々資金引き出しの依頼を聞き入れなかったことを受け、昨年10月にTether社担当者のMerlin氏は以下のような文面を送信したという。

資金の引き出し依頼が殺到している。テザーや米ドルでもいいので引き出す方法はないだろうか。

これは仮想通貨業界全体に影響を与えかねない非常に危険な状況だ。(放置すれば)ビットコインが1000ドルまで下がる可能性もあるため、はやく行動しなければならない。

Bitfinex社は11月後半になっても資産が引き出せない状況が続き、Crypto Capital側の担当者によるとポルドガルなどの政府に資金を押収されたことが理由として説明されたという。

テザー社による顧客資産(裏付け資産)の不正利用はこのような状況が背景にあった。実行されたのは2019年2月、BitfinexはTether社が保管するUSDTの裏付け資産から資金を融資することをテザー保有者に告知せず独断で決行したという。

実際これを受けテザー社のHP上が密かにUSDTに関する説明が変更されていたことが3月上旬に指摘されたが、この時期に水面下では顧客資産の不正利用が行われていた。(下記の2つの画像を比較すると3月時点と2月時点でテザー社の説明が変わっていることがわかっている。)

以前のUSDT担保資産を説明文書

出典:tether.to

全てのテザーは1:1の割合で弊社が保管する法定通貨に裏付けられている。1USDTは常に1USDに相当する。

変更後の説明文書

出典:tether.to

全てのテザーは100%、常に弊社が保管する法定通貨、現金同等物、そして時々そのほかの資産やテザー社が、関連会社を含む第三者に提供するローンの債権などに裏付けられている。全てのテザーは1USDTが1USDとなるよう、1:1の割合でUSDにペッグされている。

3月の説明には担保資産として「関連会社を含む第三者に提供するローンの債権」などが加えられたことが重要部分だ。発表当時は正確な要因は明かされていなかったが、今回司法長官の文書内で2月時点でBitfinex社とTether社の同意した結果、950億円相当の資金をUSDT担保資産から引き出す形となったと考えられる。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア