「分散投資にXRP(リップル)が最も適している」|バイナンスの最新レポート

バイナンスが調査書を公表
バイナンスは仮想通貨市場に関するレポートを公表。ビットコインやイーサリアムが価格連動に強い相関関係を見せた一方で、XRPとの相関関係は弱く、分散投資としてXRPが適していると結論付けた。

Binanceリサーチ:分散投資にXRPが最も適している

取引所Binanceの研究部門「バイナンスリサーチ」は仮想通貨市場に関する最新レポートを公表した。

調査チームは、各仮想通貨の連動性(2018年3月〜2019年3月)を調査し、ビットコインやイーサリアムといった主要通貨は、かなりの高確率で価格が連動しているとの結論に至った。そのためビットコインやイーサリアムは同様の市場トレンドを追随。両通貨に投資を行う投資家は、同じようなリスクを持つことになる。

一方で、XRP(リップル)は、前述した2通貨との価格変動の相関性は弱く、分散投資といった観点からはXRPが適していると同レポートは伝えている。ただ、前回のレポートでは下落リスクがXRPを含むアルトコインまで波及する可能性について指摘しており、今回とは違った見方がなされていた。

なお、「XRPはステラ(XLM)との相関性(0.73)が非常に高い。」としており、「ステラはXRPのプロトコルからフォークして以来、システムなども変更されており現在では同じようなプロトコルを利用しない。しかし、国際送金決済に変革をもたらしつつある面から、XRPとXLMはある程度類似している。」と考察している。

また、特異な特徴を見せた通貨も存在する。それは以下の4つだ。

  • Bitcoin Gold
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum Classic
  • Litecoin

これらの通貨の特徴に、その他の通貨が影響を受ける事象にあまり影響されない事がある。例えば「バイナンス効果」や「コインベース効果」など、特定の取引所に上場されるか否かが価格変動に影響を及ぼすことが多いが、上述した通貨には大きな影響が見受けられなかったという。

調査チームは、前回のレポート公表時(3月20日)に比べ、仮想通貨市場全体の価格連動が強まりを見せている点について、ステーブルコイン取引高の増加とそれら取引ペアの増加が影響していた可能性が高いと言及した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら